深セン電気街の凄み、アキバやシリコンバレーを超える開発力 | 変化し続ける街 知られざる深セン | ダイヤモンド・オンライン

「世界の工場」深センの中心部には、世界中の家電マニア、発明家、ブローカーを夢中にする巨大電気街「華強北」が存在する。1万店舗以上の電気店・パーツ問屋が集中し、「ここにない部品はこの世にない」「ここでの...

ツイッターのコメント(32)

山寨(Shanzhai)と聞きパッと思いつくのは深センだけど、パターニングせずに非常に効率的に機能している例。
これは「創客兄弟」の舞台、华强北電気街の記事。香港や工業地帯との関わりも含めた記事は、今も少ない
ちょっと出掛けて手軽に調達できるのは、開発スパンを短くするエッセンスやな。
今日は香港いったん離脱して、深センへ。深センの1週間はシリコンバレーの1ヶ月らしいよ。 / “深セン電気街の凄み、アキバやシリコンバレーを超える開発力| 知られざる深セン|ダイヤモンド・オンライン”
今日行ったら日本人とかインド人もいた。全部回ったら大変な時間かかる。それくらいマジでデカイ
深センは行って良かったです。訪れた華強北はこの記事のような、世界最大のデジモノ街でした。完成品・半製品・最終製品と奥行き×範囲ともに半端なく圧倒されました。 /
すごい!めっちゃ楽しそう!!!
むうう、18年も行ってないからなあ…、′•ω•
やるねぇ…(^_^;)。 >
 
PR
PR