TOP > 政治・経済 > 巷に溢れる「北欧の暮らしは幸せ」説はどれほど本当なのか | 週末はこれを読め! from HONZ | ダイヤモンド・オンライン

巷に溢れる「北欧の暮らしは幸せ」説はどれほど本当なのか | 週末はこれを読め! from HONZ | ダイヤモンド・オンライン

北欧諸国といえば、税金は高いが充実した福祉が存在し、経済は概ね堅調でしかも労働時間が短く、民主的で腐敗の少ない政府を持ち、そのうえ、シンプルでオシャレな家具が溢れる地上の楽園というようなイメージがあるのかもしれない。...

ツイッターのコメント(29)

@haru_zow 高緯度地域は鬱などの精神疾患が多く、酒飲みで退廃的、北欧ではDVが多いといったイメージが私にはあります(うつが多いのはエビデンスがあるようです)

こんな記事もありました


隣の芝生は青い
北欧諸国の良い面以外ってあんまり取り上げられないけどやはり全てが理想通りってことはないんだな

| 週末はこれを読め! from HONZ | ダイヤモンド・オンライン
幸福を語るときは、社会の真相までえぐる必要がある
そもそも「本当に北欧諸国は地上の楽園なのだろうか」の問いは愚の極み。「生身の北欧を見つめれば彼らの社会にも様々な矛盾、問題が溢れていることがわかる。」ってそんなこと今更。当然のことだ。→「北欧の暮らしは幸せ」説はどれほど本当なのか
貯金しないで刹那的にお金を使うというのは、今の日本に求められているような気がします。ってことはやっぱり、この辺の製作を参考にするといいんじゃないかと思うのですが、どうも自分のことは自分でなんとかしろっていう自己責任論が強いんですよね
もしかして北欧の人たちはみんな「冬季うつ」傾向があるんじゃないか。それでも回る社会にしたら北欧の国々の社会になったってだけで
フィンランドは公的機関の腐敗が少ない国というのが羨ましい。
HONZ|ダイヤモンド・オンライン

陽が有れば影も有る。 ですよね。
フィンランドは日本に比べると人口が少ないので、人口が増えると福祉も少し揺らいでくるのでは。移民排斥傾向にあるのはそのためだと思うけど
主観が幸せならばそれでいいと思う /
北欧の現実がどうであれ、日本の社会が不幸な人を量産しているのは変わらないけどね →
こないだ会った日本人の方がスウェーデン人と結婚したのにまだビザが取れないって言ってた。たしかに移民に厳しいみたいだ。 / …”
書かれた目的のよくわからない記事。完璧な国などないのは当たり前だし、ここに書かれている負の面って、そんなに大きな問題だろうか? / 『限りなく完璧に近い人々』|週末はこれ…”
"デンマークの「ヒュゲ」という概念は日本の「空気を読む」に少し近い感覚"って書いてあるけど、えーと、そんな意味だったっけ。
なお最近のリベラルの羨望は北欧よりカナダに向きつつある模様。 /
そんなに良かったら移民も含めて帰化申請でパンクするはずだもんな、当然光と闇がありますわ: HONZ|
「そうですか。あなたはそれが不幸に見えるのですね。私は違いますが」で終わる話ばっかりだな / HONZ|ダイヤモ…”
IKEAの飯を毎日食うと想像すると無理だとわかります。 /
北欧はmetal or dieってイメージ /
読んでみたいね、これ😄
『限りなく完璧に近い人々』
【DO
▼フィンランドの銃の所有率は世界第3位で殺人の発生率は西ヨーロッパで最高
▼自殺発生率が非常に高い
▼デンマークは、多くの世帯で貯蓄ゼロ
▼平均して年収の310%の負債
満足度ランキングでいつも上位を占める石川富山福井の北陸三県もリポートしてほしい
“デンマーク人は平均して年収の310パーセントの負債を抱えているという。医療や教育がタダで失業しても収入が断たれることのないデンマーク人のお金の使い方は実に刹那的なのだ。” / “巷に溢れる「北欧の暮らしは幸せ」説はどれほど本当…”
日本での「北欧」のイメージの変遷にも興味がある。北欧家具や福祉モデルが話題にあがってきたのっていつからなんだろ。
北欧諸国は理想郷ではない。高額な税金も含めて大きな政府を志向しているので国家が市民生活に様々な介入を行ってくるし犯罪発生率も高い。日本と違い天然資源が豊富なことが負の面をある程度カバーしている。 / “巷に溢れる「北欧の暮らしは…”
飯が美味くて、周りの人が親切、そして自由。これ以上何を求めるというのか。 /
この本の著者がマイケル・ブースだとは知らなかった。そうなってくると俄然読みたくなってきた。
以上
 

いま話題のニュース

PR