TOP > 政治・経済 > キリン「生茶」が販売終了寸前から再ヒットした理由 | ヒット商品開発の舞台裏 | ダイヤモンド・オンライン

キリン「生茶」が販売終了寸前から再ヒットした理由 | ヒット商品開発の舞台裏 | ダイヤモンド・オンライン

2014年頃、キリンビバレッジの『生茶』ブランドは存亡の危機にあった。00年に発売してから5年間は、緑茶市場の拡大とともに販売数も右肩上がり。しかし競合の躍進もあり、売上は最盛期の半分にまで落ちていた...

ツイッターのコメント(59)

叡王戦のCMにも触れてほしかった。TVCMよりも長い時間で商品の特徴をじっくり映像で説明しているってのは比較的新しいCMの事象だと思っている。 > | ダイヤモンド・オンライン
ここまで商材について考えまくることが大事なんだろうな。

| ダイヤモンド・オンライン
競合している他社だけ見ていると本当に戦うべき相手を見誤ってしまう。どんなものがどんなシーンでどんな事をしてくれるのか全体を見渡す必要がある。今のヒット作を作るには厳しい世の中になった
言葉の響きからはとてもうまそうで高級感がある感じの品名。この製品においてあえて期間限定製品で終わらせずに主力ブランドに醸成するために錯誤した過程の話が凄いなと思いました-。→
生茶をうっかり買ってしまう理由としてあのボトルデザインがある。味なんかよほどひどくなければ一緒だしNGじゃなければあとはデザインで手に取る。目覚ましなどの機能性を求めるならおーいお茶の濃い茶。 / “キリン「生茶」が販売終了寸前…”
「商品を歴史の中で捉えなおす」「歴史を創る」。市場で戦うのではなく新しい市場を創るなんていうけど、歴史のアングルで捉えるのもいいな。 / “キリン「生茶」が販売終了寸前から再ヒットした理由|ヒット商品開発の舞台裏|ダイヤモンド・…”
生茶、好きだったのに買わなくなったのは1Lサイズが私の行くコンビニに無くなったから。/
(再掲)
『生茶』はたびたび派生商品も出した。しかし、すべての派生商品が売れたわけではなかった。なかにはお茶の炭酸『スパークリング』など思うように販売数が伸びなかったものもあったのだ。
ブランド陳腐化との戦い。勉強になりました。 /
特定のお茶にそこまで執着がないですけど、生茶は美味しくて好きです(^^)
喉を通った後に、口の中にすこし甘みが残るのがとても好き!( ̄▽ ̄) / - ヒ...
キリン「生茶」が販売終了寸前から再ヒットした理由/「私見ですが、私は『競合を見てはいけない』と思っています。競合関係に目を奪われると、現状を追認し、少し変える程度の進化しか実現できません。では、どうすればいいか…。その答えは…」
「競合関係に目を奪われると、現状を追認し、少し変える程度の進化しか実現できません」「“商品を歴史の中で捉えなおす”こと」 / “キリン「生茶」が販売終了寸前から再ヒットした理由|ヒット商品開発の舞台裏|ダイヤモンド・オ…”
「伝える」のはもちろん、「伝わってしまう」ほどのつくりにすることで、消費者はやっと、商品に振り向いてくれる。 /
学ぶことが多い、いや、忘れがちなことを思い出すかとができるエピソード。目の前だけを見ていてはダメということ。 /
急須で淹れたお茶に一番近いコカコーラの綾鷹に対して家庭では出来ない特殊な方法で淹れたお茶であるキリンの生茶。めっちゃ面白い /
大手飲料企業だから出来るお茶の入れ方研究とかありそうでなかった発想
そりゃ勝つわけだ…しかしお茶って深いな
生茶パンダっていたねえ /
ほーほー。成功要因なのかな。
黒烏龍茶党です。ただ今日もハッシュドビーフとお刺身食べてしまったので、おおよそ黒烏龍茶なんて飲んでも意味ないのでは?と反省しています。

緑茶は昔はおーいお茶とサントリーのウーロン茶くらいしかなか...
すごく面白い話だった:
いや、ブランド以前に、リニューアル前は不味かった。リニューアルして他社と同じくらい美味しくなった。それだけのこと。―
最初の生茶は不味かったなぁ。
今の生茶は知らないけど昔の他の緑茶飲料と違って生茶はケミカルな味がしてる感じでNGだったんだよな。その時の印象が強くて今変わったと言われても飲もうという気が起きない / “キリン「生茶」が販売終了寸前から再ヒットした理由|ヒット…”
何故そのまま終了しなかったと思う程度には生茶嫌い /
わたしの中でのお茶ランキングは“お~い略<<<その他のお茶<生茶<綾鷹<伊右衛門<<越えられない壁<<<葉の茶”だな! ってなんとなく思いながらよんだ。
生茶の話じゃないが、爽健美茶がカフェイン有りか無しか決める為に両方売り出した際、従来のカフェイン入りの方が美味しかったので存続の為に買いまくったこと思い出した。変えなくてもいいこともあるんやで/「生茶」が終了寸前から再ヒットした理由
記事でも書かれている通り、「伊右衛門」「綾鷹」が出てきたあたりから、ジリ貧になった気がする。リニューアル後に飲んでみたけど、ほのかに苦みもあって、美味しくなったと思うよ。
スパークリングのお茶を好んで飲んでたけどマイノリティーだったなぁ。
生茶パンダとお茶犬を思い出しました
懐かしい…
あの後の落ち込みが凄かったですね
今のパッケージかなり気に入っています / ...
【キリン「生茶」が販売終了寸前から再ヒットした理由】

香料が含まれているのが気になる。
こういう信念が必要なんかもなあ_(:3」∠)_
これ、大事。| ()
個人的には「生茶」大好きなんだが、売上減ってたのね→「生茶」が販売終了寸前から再ヒットした理由
キリン「生茶」を再生したブランドリーダーがやったこと。1)競合を見ない、2)歴史を調べる、3)家庭にないものにする、4)茶葉の粉が残るなどの不便さを厭わない――これって飲食も一緒だね>
セラミックボールミルとか、ジェットミルとか、何かすげーな
同じ緑茶だったらその中でどれだけコストを抑えてるように見せるかやとおもう。(容器を小さくしたりして)個人的には綾鷹好きだけど、販売機にお茶が並んでたらほぼほぼ一番安い緑茶を買いますね。 / キリン「生茶...
商品開発は大変だ…。でもやり甲斐がある仕事なんだろうな。
吉川さん効果とは言われていないけど、私がここ数か月ヘビーに買った理由は、やはり吉川さんのCM起用があったからだよ。商品に「物語」が必要というのはよく言われることだしね。
同じ三菱系でもこうも違うんだなw
必ずしもユーザの声を聴く必要はなく、同業他社を意識する必要すら無い。となると、成功の方程式は無いに等しいという事になる。実はそうなんだろうと思う
生茶飲んでみよ。|
生茶を飲みたくなった / (ダイヤモンド・オンライン)
最後の締め方はなんかアレだけどこれは良記事。

≪競合を見てはいけない≫
≪“商品を歴史の中で捉えなおす”ことだと、私は思います≫
競合を見てはいけないって事もあるんだな。
マーケット感覚の分かりやすい例。
他人事とは思えない。
パッケージ、コミュニケーション開発以前にプロダクトが生活者オリエンテッドなのかが重要ということがわかる。それを表現するのが前者。/
「生茶」ブランドも消滅寸前だったのか。
こういう背景があったなんて知らなかった〜^ ^
競合ばかり意識しないで自社を見つめ直す事は素晴らしいですね!
おもしろい記事でした!! / - ヒット商...
自販機のお茶なんて みんな同じ… と思う中で、唯一 味と舌触りが苦手なのが「生茶」だったのだが、リニューアルしたのなら またあらためて飲んでみようか。 → | ダイヤモンド
へー生茶リニューアルしたんだ。他のお茶よりぼやけた味だったから最近買ってなかったけど今度買ってみるか。
"2014年頃、キリンビバレッジの『生茶』ブランドは存亡の危機に""00年に発売してから5年間は、緑茶市場の拡大とともに販売数も右肩上がり""競合の躍進もあり、売上は最盛期の半分に"
「ブランド力は必ず衰退していく」が資産だから捨てられない。そのときに (1) 競合を見ず、(2) 覚悟をもって、新しく創造する。しかもブランドのくくりの中で、だ。次はどう進化するのだろう。 / “キリン「生茶」が販売終了寸前から…”
生茶って存亡の危機だったのか…・・
勉強になった。 /
キリンビバレッジ「生茶」再度のブレイクとは???
競合を見ないって大事よね…。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR