電撃 - 『FFXIV』リターン・トゥ・イヴァリース完結記念! 秘話満載で贈る松野泰己氏&吉田直樹氏特別対談【電撃PS】

『FFXIV』のアライアンスレイドシリーズ“リターン・トゥ・イヴァリース”完結を記念した特別対談! 松野泰己氏&吉田直樹氏に制作秘話をうかがってきました!

ツイッターのコメント(65)

「ラムザたちは『FFT』での戦いで生き残りイヴァリースから離れて別の場所で冒険している……というのが正史なんです」「ディリータもオヴェリアも、あのときあの場所では死んでいません。ただ、その後にオヴェリアは死に、ディリータは孤独に治世をしていくことになります」
あったあった、これだ!
FF14のミュロンドとDD死者の宮殿のおはなし
松野さんの意向でミュロンドを死者最下層に似せてくださったとのことです(嬉しい
他RtIの小話盛りだくさんなので是非読んでみてください!!!(宣伝!
アレ?FFTの最後って、オヴェリアのナイフでディリータは死なず、オヴェリアもあそこでは死んでないんじゃなかったっけ?って思って調べたらあったよソースが!
ちょっと14におけるイヴァリースの設定復習したくてこのインタビュー見てたけども、深い
改めて読み直してるんだけど、シドのバトル設計担当者がアルファ零式4層の担当者なの本当笑っちゃう
>てっきり死んだと思ってた………………1年前の記事を今更ながら知る…………
@oyassan_083 や、もうほんとね!RtIはシナリオがいいのでね!!!!FFTやってたら道中もラストシーンもブワッてなるのでね!!!!ぜひ!!!FFT正史の裏編なのでね!!!
松野:それも昔どこかのインタビューか何かで答えた気がしますが、ディリータもオヴェリアも、あのときあの場所では死んでいません。ただ、その後にオヴェリアは死に、ディリータは孤独に治世をしていくことになります。
松野さん曰く「アルガスは自尊心が高く他者を見下す尊大なキャラクター。一方、内心は臆病者で中身のない人間である。」なので、
本編以上の肉付けはしたつもりはなさそう
 
PR
PR