TOP > エンタメ > 電撃 - ロボットゲームクリエイターによる座談会を掲載。ゲーム開発で心がけていることや表現手法をアツくトーク

電撃 - ロボットゲームクリエイターによる座談会を掲載。ゲーム開発で心がけていることや表現手法をアツくトーク

15コメント 登録日時:2018-02-01 00:08 | 電撃オンラインキャッシュ

『フロントミッション』『バーチャロン』『スーパーロボット大戦』『LEFT ALIVE』『ボーダーブレイク』と、業界を代表するロボットゲームを制作したクリエイターがロボットゲームへの想いを語ります。...

ツイッターのコメント(15)

これはいい座談会! ロボット好きの高年齢化が心配されている…… / “電撃 - ロボットゲームクリエイターによる座談会を掲載。ゲーム開発で心がけていることや表現手法をアツくトーク”
青木マン:PS4版は、より多くのユーザーさんに遊んでもらうために、基本無料でサービスを提供させていただくことにしました。これはマッチングがしやすい、人がそろいやすいという環境を第一に考えてのことです
--
だからマップが選べるのか
寺田:“ゲームロボット大戦”はすごくやってみたいんですよ。
DHやシンカリオンはライバル企業の商品だから出せなかったんだろうなぁ・・
改めて思った事。あすかさん、スパロボ以外のロボゲー全然やった事ないwww寺田さん以外の発言、ほぼほぼ何言ってるか分からないwww
スパロボの高齢化もなにも有名でもなんでもない作品だしまくって、ソシャゲではロックマンすら出してるのにそんなことを言われても
ロボゲー大戦、システム面がややこしそうだがやってみたい
webにもうpされてたので読み進めるか
確かに最近はロボットアニメないな
猫型ロボットくらいだな
完全に子ども向けではなく“子どもが背伸びをして見てくれるロボットアニメ”が今の時代には必要なんじゃないかなと思っていますそうしてロボット好きの子どもを育てていかないと先々につながりませんからね / “電撃 - ロボットゲームクリ…”
橋本名人がこういう面子に加わって座談会してるの珍しいなあ。おもしろい。 電撃 - ロボットゲームクリエイターによる座談会を掲載。ゲーム開発で心がけていることや表現手法をアツくトーク
ACの開発者がおらんではないかぁ!
(´鍋`)は本当にスクエニに移ってしまったんだなぁ
この座談会、面白い話が色々出ていた。 :
以上

記事本文: 電撃 - ロボットゲームクリエイターによる座談会を掲載。ゲーム開発で心がけていることや表現手法をアツくトーク

いま話題の記事