TOP > エンタメ > 第2回 板チョコは反抗の証【宇垣美里・愛しのショコラ】 | ダ・ヴィンチニュース

第2回 板チョコは反抗の証【宇垣美里・愛しのショコラ】 | ダ・ヴィンチニュース

 板チョコは反抗の証だった。 例えばテストの点数が悪かったこと、納得できない理由で怒られたとき、あんなに頑張って練習したのに選ばれなかった演奏会のソリスト。そんなどうにもならないもやもやを抱えてむしゃくしゃしたら、早めに発散するに限る。溜め込みすぎると心の中でどろどろに腐って見ないふりした自分に返ってきてしまうから。 物に八つ当たりするのは心が痛むし、人に伝えたところで本当の痛みは共有できやしない...

ツイッターのコメント(10)

宇垣アナの自立した考え方とか、こうゆう詩的な文才とか、世界観がとってもかっこいい😌✨
かわいい文章。私が女子高生だったら、夢中になってる文章。
これぞ宇垣美里🍓な文章、本当に好きだなあ… わたしはこんな時、大好きないちごを頬張る。贅沢に、いつもとは違うちょっぴり高級ないちごを買う。贅沢に先の甘い部分に齧りつく。至福。
宇垣さんのエッセイがめちゃくちゃグッときた。
「板チョコは反抗の証」
宇垣アナが好きってことを抜きにしてこの文章が大好き。非常にエモい。
宇垣さんがチョコレートへの想いを語る連載。先月の第1回の文章表現も素晴らしかったのですが、昨日更新された第2回が至高のエッセイでした。
最後の一文が最高です。
以上
 

いま話題のニュース

PR