TOP > エンタメ > 【陰謀】うつ病のクスリで医者と製薬会社が金儲け?/『マンガでわかるうつ病のリアル⑬』 | ダ・ヴィンチニュース

【陰謀】うつ病のクスリで医者と製薬会社が金儲け?/『マンガでわかるうつ病のリアル⑬』 | ダ・ヴィンチニュース

ダ・ヴィンチニュースで『「うつ」は甘え?君にサーチあれ。: ~うつ病患者を苦しめる新たな100の戯言~ (まるるんず出版)』(錦山まる/ )のあらすじ・レビュー・感想・発売日・ランキングなど最新情報を...

ツイッターのコメント(29)

綿山まる先生が、私なんかよりよほどわかりやすく説得力のある説明をされています。
うつ病に悩んでいる方は是非ご一読を。
2012watは一時「抗鬱剤(SSRI)は製薬会社の陰謀だ、断薬しろ」などとしきりに吹聴してましたね。

うつ経験者の漫画家さんが全否定してますよ。 :
体にあってないとただただ地獄だったなぁ……
寝れなかったりしたからそれに対する薬くれたんだろうけど……
着地の無い精神医療にメスを入れなければ日本国民の三分の一は精神患者となる私の知り合いが精神薬害を周知する為日本全国で講演活動しています
うちの父親がまさにこれで、自分もパニック障害で薬を処方されていたのに、症状が出るのは薬のせいだと勝手に断薬してしまった。
私の親友だった子はPTSDや鬱やAC等併発しまくりだったのに、親がこういう考え方だったせいで通院すらさせて貰えてなかった
私に財力があれば
いつもさっぱりスッキリズバリな内容凄く為になるし、イラストもキレイで見やすい
あと2コマ目のコオロギバリバリが気になってたまらんw
昔、米アップジョン(現ファイザー)が「パニック症」を啓発してソラナックス®︎を大ヒットさせたとか、英gskが日本で「1ヶ月以上続く鬱は病院へ」とCMを打ってパキシル®︎を売り出した逸話はありますが、

きちんと治療をし、疑問点はためらわず医師に相談する事ですね😊
治療のため用法と容量は正しく守り、服用することが治療の第一歩だと思いました。
例えば頭痛持ちの人が、市販の鎮痛剤を1ヶ月飲んでみな?身体壊すよ。余計悪化する。
精神科の薬はその辺もちゃんと設計されてるの。
いつも思うけど、この漫画の主人公夢ちゃんのお友達の璃杏ちゃん、うつに対して無知が故の言動をしても、きちんと知らなかったと言うし、夢ちゃんの事をいつも気にかけていて、すごく夢ちゃんのこと大事なんだなって思う。
「病院行ったって薬飲んだって治らないじゃない。仕事しかしてないから治らないんだ。」って言われたことはある。ブチ切れて服薬も通院も止めた(ダメ)
今はちゃんとしてます。
ほんと気をつけないと薬って厄介よなー
病院と薬買えたら劇的に良くなって体重も20kg落ちたし
飲まずに済むならそうしたいですが、飲まなかったらもっと辛いので……よくなるまでは飲むしかないのです……。
離脱症状を無視して「精神科の薬はキケンやめなさい」という方が危険でしょう。
薬なんて飲んだら体に石油が残るよ‼️と言われたのは衝撃だった。
「精神科に限らず、薬はそもそも“専門知識のない人が取り扱ってはいけない危険なもの”」

だから薬剤師とか登録販売者がいるんよな、納得😶
処方薬、途中で止めるのマジ駄目。
ちゃんと飲もうね。
いつか、飲まなくてもいい日を迎えるために、毎日欠かさず飲んでいます。鬱病になったことがない人が何を言おうと、私は院長先生とカウンセリングの先生を信じて、通院し、私のために処方された薬を飲み続けるだけです
こちら、うつの薬も強い痛み止めも 飲まないと全く動けない訳なので「薬漬けになるよ!」とか無責任なアドバイスはしないでいただきたく…。
高校時代から私は抑うつっぽいんだけど、多感なお年頃にこのクスリキケン理論のせいで精神病への偏見がありました
今は認めてるので楽です
ネイルにこだわりを感じる
クスリはリスク、それは分かっている。その上で生活をする為に頑張って飲んでいる。その気持ちも汲んで欲しいところ。
どんな薬、漢方、サプリでも副作用はつきもの
ネットの情報に踊らされて病気を長期化させるなら信用できる医者と一緒に治したほうがいい
病気は自己流で治るの?
主題より何より、まる君がコオロギばりばり食べてるのが気になって仕方がないw
前に実母に「ずっと薬飲んで治ってないじゃない、副作用で太ったって言ってたけどその病院大丈夫なの?」と言われ泣き崩れてパニックになった。
特に親とか、古い知識からの固定観念で言ってくる傾向あり

心配してくれてるのは嬉しいんやけどね
高校の頃は「そんな薬飲むのやめなよ」って言われたことあったな。それが印象に残っていて卒業した後薬もらっていたけど飲まなくなって離脱症状ぽいものが出てた頃あったな。きつい時に飲んでめちゃくちゃ苦しくなった記憶ある。顔やつれてるとも言われたかな。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR