TOP > エンタメ > セミは1週間で死んでしまう…は古い俗説【知らないと恥ずかしい!? 「平成31年版」理系の新常識】連載第1回 | ダ・ヴィンチニュース

セミは1週間で死んでしまう…は古い俗説【知らないと恥ずかしい!? 「平成31年版」理系の新常識】連載第1回 | ダ・ヴィンチニュース

11コメント 登録日時:2019-01-23 01:30 | ダ・ヴィンチ電子ナビキャッシュ

ダ・ヴィンチニュースで『日本人の9割が信じている 残念な理系の常識 (青春文庫)』(おもしろサイエンス学会/青春出版社)のあらすじ・レビュー・感想・発売日・ランキングなど最新情報をチェック!どうぶつ,新常識,昆虫,理系,生物,自然科学,豆知識,雑学...

Twitterのコメント(11)

これは知らなんだ。

| ダ・ヴィンチニュース
3週間から1カ月も生きている
子供の頃から知ってた。
セミは1週間で死ぬ

は俗説

というのは、意識高い系では定説

だけど、まだ知らない人も多いと思う。

なかなか面白そうな本。
八日目の蝉の立場は・・・。
まあ、そういうことではないのだけど。
夏の夕方にセミの幼虫をよく見かけるのは1週間程度だが、セミの成虫の声は2か月近くする。寿命が1週間ではつじつまが合わない気がしていたがやはり。

「セミは1週間で死んでしまう…は古い俗説」ダ・ヴィンチニュース @d_davinci
@semisan よかったね! →
1週間でも1ヵ月でもそう変わらないんじゃない? ーー 地上に出たセミは、3週間から1カ月も生きていることがわかってきた。1週間の寿命というのは通説。
へぇ~~~(・_・)
以上

記事本文: セミは1週間で死んでしまう…は古い俗説【知らないと恥ずかしい!? 「平成31年版」理系の新常識】連載第1回 | ダ・ヴィンチニュース

関連記事