TOP > エンタメ > 3.11後に風俗店が繁盛した本当の理由は? 家族を亡くした風俗嬢が明かす、東日本大震災の裏側 | ダ・ヴィンチニュース

3.11後に風俗店が繁盛した本当の理由は? 家族を亡くした風俗嬢が明かす、東日本大震災の裏側 | ダ・ヴィンチニュース

ダ・ヴィンチニュースで『震災風俗嬢 (集英社文庫)』(小野 一光/集英社)のあらすじ・レビュー・感想・発売日・ランキングなど最新情報をチェック!性,東日本大震災,社会,風俗...

ツイッターのコメント(17)

カーボーイ聴いた後はこの記事も読んでもらいたいです
こういう世界の裏に、我々の日常は存在している。
良いも悪いも、正しいも間違ってるも無い。
こういう世界の裏に、我々の日常は存在している。
良いも悪いも、正しいも間違ってるも無い。

| ダ・ヴィンチニュース
先輩に連れられて初めてのピンサロ。阪神大震災で被災して東京に来た子だった。震災後に行ったこと話したり身体を触り合ったりしてるだけで時間になって、半ベソの顔で「また来て欲しい」とキスされた。先輩には営業トークだよと笑われたっけ。

『震災風俗嬢』読んでみたい。
癒しなんだよね、それ以外の言葉が思いつかない。お互いに>
東電の金に群がった奴がいる
人の営みが見えてくる。
「」からわずか1週間で営業を再開させた風俗店があったことや、震災後1~2年の間は風俗店の全盛期だったことなど・・・。
「震災後1~2年の間は風俗店の全盛期だった」「おそらく、「そんな大変な時期に風俗へ足を運ぶなんて…」と考える人もいるだろう。だが、そんな状況下だったからこそ、未曽有の災害で家や仕事、さらに大切な家族を失った男たちは、絶望しながらも、風俗に癒しを求めた」
公的な慰安所が戦地にあったという理由もなるほど、となるなぁ。:
戦時下の慰安婦ってやっぱりいるんだなっていうか極限状態を作らない事が大事👁
立派な職業です働いていらっしゃる方に頭が下がります この空間で素の自分(心)を出して癒された方も沢山いたんだろうなと 涙ながら読む事になりそう

僕は忘れない。
深み。> | ダ・ヴィンチニュース
以上
 

いま話題のニュース

PR