TOP > エンタメ > 教師はどうしてブラックなのか? 学校現場を過酷にする給特法とは | ダ・ヴィンチニュース

教師はどうしてブラックなのか? 学校現場を過酷にする給特法とは | ダ・ヴィンチニュース

ダ・ヴィンチニュースで『みらいの教育―学校現場をブラックからワクワクへ変える (ワクワク対話シリーズ)』(内田 良,苫野 一徳/武久出版)のあらすじ・レビュー・感想・発売日・ランキングなど最新情報をチ...

ツイッターのコメント(14)

「……この法律が制定されたのは1971年であり、教員の仕事量は当時と比べて10倍以上になっていると言われている。……2016年度の教員の残業は週で20時間近くにも及んでいる。……給特法は教師に対する定額働かせ放題プランにしかなっていないのが実情である」
ダ・ヴィンチニュースさんに『みらいの教育』の紹介をしていただきました!ありがとうございます!
『みらいの教育』を取り上げていただきました!ダ・ヴィンチニュースさん、ありがとうございます!
言ってること正しいし、応援したい。でも、内田了さん?胡散臭くて信用出来ない。残念。
子どもたちのためというならば、その子どもに直接接する大人たちの環境を整えることも重要だ。劣悪な環境の中で質の高い教育はそうそうできないのである。
「やがて大人になっていく子どもたちへの教育が、その大人の自己犠牲で成り立っている現状は何とも皮肉めいているとしか言いようがない。子どもたちのためというならば、その子どもに直接接する大人たちの環境を整えることも重要だ。」
働き方改革?はぁ?日本、終わったな >
どうやったら変わるんだろうな。
いろいろなところで取り上げられてる。
ダ・ヴィンチニュースに取り上げていただきました。→
学校地域によってこんなに違うのかと感じてる。あと◯年で転勤だから我慢や見てみぬふりの人も。『地域子供の特性に応じて』現場丸投げは今の時代悪影響しかない気がする。
 学校現場を過酷にする給特法とは| ダ・ヴィンチニュース @d_davinci
やがて大人になっていく子どもたちへの教育が、その大人の自己犠牲で成り立っている現状は何とも皮肉めいているとしか言いようがない。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR