TOP > エンタメ > 「平成の大犯罪」和歌山カレー事件20年目の真実―林眞須美は真犯人だったのか? | ダ・ヴィンチニュース

「平成の大犯罪」和歌山カレー事件20年目の真実―林眞須美は真犯人だったのか? | ダ・ヴィンチニュース

ダ・ヴィンチニュースで『「毒婦」和歌山カレー事件20年目の真実』(田中 ひかる, /ビジネス社)のあらすじ・レビュー・感想・発売日・ランキングなど最新情報をチェック!ノンフィクション,事件,犯罪,社会...

ツイッターのコメント(11)

、僕もこの事件林真須美が犯人だとは確信をもって言えない
同感。検察がシナリオライトし、裁判所が読み解く。冤罪を生む 。
色々と物議を醸してるが、娘が真犯人なら色々納得がいく。
うん、これな。実はかなり疑念を持ってる。→
コチラ、とっても核心的に書かれた読みやすい書籍でした!
マスゴミのせいで勝手に犯人として仕立て上げられる、騒音おばさんの時と同じ。
ていうかあれから20年も経ったのか。
結局、終着点の無い記事だね。
怪しい怪しいで、結局何も掴んでない。面白おかしく掘り返しただけ。被害者の家族が見たら、辛い当時を思い出させるだけ。
この事件だけはモヤモヤしてますね。ずっと一貫して否認してるし。 真面目に冤罪の可能性あるね。
言わないから。🦌
以上
 

いま話題のニュース

PR