TOP > エンタメ > 妻から「死んでほしい」と願われる夫たち。夫を無視して家庭内母子家庭状態になりながらも、妻が離婚を選ばない理由とは | ダ・ヴィンチニュース

妻から「死んでほしい」と願われる夫たち。夫を無視して家庭内母子家庭状態になりながらも、妻が離婚を選ばない理由とは | ダ・ヴィンチニュース

…...

ツイッターのコメント(69)

男性の想像力が欠如しすぎていることが問題
siriが教えてくれただけです。
久しぶりに思っちゃったよね( ˇωˇ )
「男性の想像力が欠如しすぎ」わかる。父親がそう。
我が夫は手にもとらないから、
死んでほしいと願われる夫。
読んでみなきゃなんともだけど、極端な例ばっかり集めてないか? /
妻に帰宅後休んでもらうために寝かしつけまでやったのにこの言われ様w⇒
『子育てと仕事を両立する妻の活躍に夫が嫉妬し、妻が『繁忙期で帰りが遅くなる日は無理やり子どもたちを早く寝かせつけ、母子を会わせないようにする夫もいれば ..』
なるほど、興味深い。
いびつで、根深くて、何ていうか...社会が病んでいる。
悲しいな…。

この手もある。「いびつな家庭」でもよい。
「男性の想像力が欠如しすぎていて、家庭をないがしろしている」
記事の要約はこの一文で充分
今朝の情報番組で知った本。女性は笑顔の裏に「殺意」を隠す怖い生き物だと認識している。対して、男性は概ね鈍感なものだ。どうすべきか。イラッとしたときのサインを決めるのはどうだろう。 / “妻から「死んでほしい」と願われる夫たち。夫…”
いくつかの夫婦が紹介されているけど、どの例も酷すぎて(続)
与えることに喜びを感じられないのだろうか、贅沢な悩みに見えてしまう
強烈なタイトルだなー
どっちもどっち。:
全くもってその通りですわ。
はぁ‥‥旦那‥‥いらねぇよぉ‥‥()
あれ、ヤバイ?
"遺族年金や、団体信用保険の加入により夫の死後、家のローンの返済が保障される制度など、「離婚より死別がお得」な事実が本書で明かされている"/妻から「死んでほしい」と願われる夫たち。夫を無視して家庭内母子家庭状態になりながらも、
震災でお父さんだけ亡くなった家庭があったけど、こんな感じではなかった。
えっ、こう思ってる人多いんだ。私も子供が自立した瞬間に死んで欲しいと思ってる。離婚は出来ない、貧困は嫌だ、お金大事‼️

d_davinciより
すごいなんていうか、最後まで読んだ。
>「特別にヒドい男性」ではない
>「特別に怒りっぽい女性」かというと、これも違う
これは死すべきなのでは…。

仕事を辞めた妻が看病に専念し心身が押しつぶされそうになっているところに、「夕飯は簡単なものでいいよ」
病気で子宮を摘出した妻に「子宮を取ったら、女じゃねーな」

無理だよ?妻からプレゼントする以外ね。
恐らくは「どちらが正しい・誤り」と単純化できない話であろうが、末尾の一節が興味深い。
アイツ早く死ねばいいのにってのはランチ主婦連合の合言葉だよね。
妻から「死んでほしい」と願われる夫たち。妻が離婚を選ばない理由とは 「離婚より死別がお得」な事実、それ以上に避けたい「離婚した女性に与えられる社会からのスティグマ(負の烙印)」…ってわたし2回離婚してますが、何か?笑
男は気合と根性。

"病気で子宮を摘出した妻に「子宮を取ったら、女じゃねーな」といってのけた夫もいる。"

|
”子育てと仕事を両立する妻の活躍に夫が嫉妬し、妻が繁忙期で帰りが遅くなる日は無理やり子どもたちを早く寝かせつけ、母子を会わせないようにする夫もいれば、病気で子宮を摘出した妻に「子宮を取ったら、女じゃねーな」といってのけた夫もいる。”
これな、夫の死を願う妻も辛いんやで。そんなこと思うひとと暮らしたくなんかないやん?
すごく共感。離婚よりも死別の方が断然得で生きやすい。
結婚が「生きて行くための経済共同体」である要素があることは否定しないが、相手の死を望む関係性の中で一緒にいることの方が不健全だと思う。
「離婚より死別がお得」ってたしかに。でも、お互いに生きててほしい状態は保ちたいものだ…。|
この人文才ありすぎて笑う。的確かつテンポ良すぎる。極め付けは「離婚より死別の方がお得」
優しさはき違えての「夕飯は簡単なものでいいよ」への怒りはすんごい良くわかるよねぇ。
お互いその都度、何が嫌なのか言うしかない。ただうちの夫の好きな言葉はおそらく「以心伝心」
俺なんか仮に結婚なんかしたら、間違いなくこう思われるな。
via

女の子同士で結婚すれば関係ない←
「病気で子宮を摘出した妻に「子宮を取ったら、女じゃねーな」といってのけた夫(略)夫側からすれば「そんなことで」と思う」マジ?男やべーな / “妻から「死んでほしい」と願われる夫たち。夫を無視して家庭内母子家庭状態になりながらも、…”
広告代理店の50歳以上で、今まさにそう思われていることに気づき、必死に挽回しようと焦っている人を結構知ってる/
日本の婚姻習慣なんて元々こんなものでは。橘玲が「単身男性と母子の二世帯同居」と表現した長時間労働で企業に帰依する夫と地域社会に溶け込む妻の社会的断絶っていう。 / “妻から「死んでほしい」と願われる夫たち。夫を無視して家庭内母子…”
コレってうちの事?って思ってしまった(^^;;
パパは死んだものと思っている…というパパのウォーキングデッド問題を国民会議でもとりあげましたが、それが放置されるとさらに…昨日のワークショップでも、パパから、ゾンビでいたい…という声があがっていた...
怖いタイトルですが考えさせられます。
まあいろいろあるんだよ。
強烈なタイトルだけど、私が結婚に抵抗あるのはこれなんだよね。父はそんな人間だし、例えば周りの男子が「彼女がいれば生活が楽になる」って言っちゃうのは…悲しい。私たちは付属品じゃない。゚(゚´Д`゚)゚。
死別と離別に差が有りすぎなんだろうな…
男悪者論で稼ぐ女たち
男性が育休を取るのは女性よりもずっと大変。長時間働かなければ家族を養えない。だから夫ばかりを責められないのだが、家事育児の負担を負わざるを得なくなった女性の不満が積もり積もって「夫に死んでほしい」と思うのもわかるなと思った。
ひぇ。別に死ねとは思わないけど、もしひとりになったら旅しながら暮らそうかなとは思う。
こんな夫は、たいてい男同士の友人関係でも評判悪いよねー
一度しかない人生で、最愛の人に「死ね」って思われるのはキツイな
あれ?うち?/
これは…!売れそうだな。
タイトルと記事内容が怖すぎる→
安藤さんがリコメンドしてた。『夫に死んでほしい妻たち』

おっと、わたしのことか?読みたい!!読まなくては!!
妻から「死んでほしい」と願われる夫たち。夫を無視して家庭内母子家庭状態になりながらも、妻が離婚を選ばない理由とは+|+ d_davinciより
愛がなければ「経済的理由」でしょ、と思って読んだらそれに加えて「世間体」だった / “ | ダ・ヴィンチニュース”
妻の立場ながらヒェーっとなるタイトルや。。
この本、結婚記念日のプレゼントにどうかな?笑
なにこの個人的に激ホットな話題
読んでると結婚しないのが一番幸せな気になる。
友人曰く、「保険金が大きくなるから交通事故死がベスト」だそうです
他者を呪って生きるのもどうかと……(^_^;) 「 | ダ・ヴィンチニュース」
担当記事 5/11 ダヴィンチニュース
レビューです。すごいタイトルですが、社会におけるジェンダーギャップとか性別役割分担についての1冊
ーーー
妻から「死んでほしい」と願われる夫たち。夫を無視して家庭内母子家庭状態になりながらも…
すごくすごくすごくわかる。 /
以上
 

いま話題のニュース

PR