TOP > エンタメ > ヨシタケシンスケの最新絵本『このあと どうしちゃおう』は「死」がテーマ――頑固な大人の涙を誘う | ダ・ヴィンチニュース

ヨシタケシンスケの最新絵本『このあと どうしちゃおう』は「死」がテーマ――頑固な大人の涙を誘う | ダ・ヴィンチニュース

15コメント 登録日時:2016-05-06 07:39 | ダ・ヴィンチ電子ナビキャッシュ

…...

Twitterのコメント(15)

この本 学童で子どもたちに読み聞かせをしたら、私も夢中に⭐️
今年義父が亡くなった。可愛がってもらった子供達に説明するために読んでいたら、大人が泣いてしまった。
タイトル全然違った
ヨシタケシンスケさんの絵本『このあと どうしちゃおう』、友達のとこで友達の男の子と三人で読んだ。素敵な絵本だった。ほろりにやりした。
@d_davinci
これ本屋に置いてあってザッと見てみたけど、何か色々考えさせられる内容だった。但し、今は受け止めるだけの度量がないから、折を見て購入・熟読したい。

どうしちゃおう』
本屋でパラ見して泣きそうになり、買えずに帰ってきた。今度買おう。
|

なんの気なしに読んだら………笑いながら涙がポロポロ。
死んじゃう時、もしも不安があっても
こんな風にポジティブに残すって切ないけど、かっこいい。色んな意味で泣けちゃいます
この絵本は納得させられることが多いですね。
@hiyoko_machiko 気になってくれて嬉しいです💕子どものときに読めたらよかったなとも、大人にも読んでほしいなとも思える絵本です。「死」がテーマなんですよ。紹介動画もありました→
(出張楽しんでくださいね✨応援してます!)
本屋でちょっと見てしまったのだが正直母の日の贈り物にと迷った。すすめたい。
このシリーズは結構面白いんだよな~
子供が居なくても見る価値あるな
この人のシリーズ面白いんだよな~~
子供が居なくても見る価値はある
ヨシタケくんの『このあと どうしちゃおう』がダ・ヴィンチでも紹介されてる。 >
"誰かをわかりたいとどれだけ願ったところで、本当のところは本人にしかわからない。亡くなった相手には聞くこともできない。だからみんな思うのだ。ああ、もっと…" / “ どうしちゃおう』は「死」が…”
以上

記事本文: ヨシタケシンスケの最新絵本『このあと どうしちゃおう』は「死」がテーマ――頑固な大人の涙を誘う | ダ・ヴィンチニュース

関連記事