TOP > エンタメ > 長谷川玲奈「コンプレックスだった“声”を褒められたのが一番うれしかった」声優図鑑 | ダ・ヴィンチニュース

長谷川玲奈「コンプレックスだった“声”を褒められたのが一番うれしかった」声優図鑑 | ダ・ヴィンチニュース

キャラクターの裏に隠された自分自身をありのままに語る、ダ・ヴィンチニュースの恒例企画『声優図鑑』。第252回目に登場するのは、中学3年生からアイドルとして活動し、約3年の活動を経て、2019年6月から...

ツイッターのコメント(15)

写真もとっても素敵
フライング😃
昨日公開のれなぽんインタビュー記事🤗
やってみたい役で「バトル系のアニメでビーム出したりパンチしたり」「スポーツアニメでマネージャー」どれも観てみたいです😊
中学3年生からアイドルとして活動し約3年の活動を経て2019年6月から声優として本格的に始動した長谷川玲奈さん。『IDOL 舞SHOW』掛川こころ役『電音部』犬吠埼紫杏役など幅広く活動していま
🥰✨
写真写りがとても良いです🍀
私も男の子の声が似合ってると思う✨
良いインタビュー。
たしかに、声の質は変わったと思う。
読んだよー。
ぽんちゃん、ついに「元NGT」ではなく「声優」としてダ・ヴィンチの声優図鑑に載るのね😭
去年のサークルファイアで、クラブチッタ川崎に行ったのが昨日のようだ…。
電車の中では、人望民とずっとバトルしてたけど(笑)
へぇ、声優向きの良い声だと思ってましたけどね〜
人はどこにコンフレックス持ってるか分からないものですね。
声がコンプレックスだったなんて。私はまず声に惹かれたよ✨次にお顔、そして仕草✨
これからも活躍楽しみよ
えぇ記事や🤩👏👏
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR