TOP > エンタメ > アイドルマスター 15周年の「今までとこれから」③(高槻やよい編):仁後真耶子インタビュー | ダ・ヴィンチニュース

アイドルマスター 15周年の「今までとこれから」③(高槻やよい編):仁後真耶子インタビュー | ダ・ヴィンチニュース

『アイドルマスター』のアーケードゲームがスタートしたのが、2005年7月26日。以来、765プロダクション(以下、765プロ)の物語から始まった『アイドルマスター』は、『アイドルマスター シンデレラガールズ』『アイドルマスター ミリオンライブ!』など複数のブランドに広がりながら、数多くの「プロデューサー」(=…...

ツイッターのコメント(35)

仁後さんのインタビュー、見逃さない💖
-
2014年のさいたまスーパーアリーナで、――そのとき自分は結婚を考えていたので、「もしかしたらこれが最後かもしれない」
えっ、インタビューアはPかなにかか?
職場で読んで泣いた
良い記事。目頭が熱くなった
“ドアの引くと押すを間違えて一生懸命ガタガタやってる宏美ちゃんを見て(笑)、「こういう一面もあるんだな」と思って、ちょっとほっこりしました”
"常に全力でやっているところが、観てる人にとって応援したくなったり、魅力だなって思う部分なのかなって思います。"
まさにですね!
やよいの声全然変わってないから凄いわ
いつでも読み返せるように
読んでて泣いてしまった
仁後ちゃんの不器用さとか一生懸命なところがやよいと抜群にマッチしててそれがやよいの魅力になってるのがすっごい好き。
平田さんと若林神が飯食うの速いのイメージできるw
身辺落ち着いた後で「一丁上がり」ではなく「またやろうか」という気持ちになることができたのならそれは幸せな成り行きだと思う。
先週のアイステでも聞いた話をもう少し掘り下げて読める。いい記事だな…
毎回インタビュアーさんも素晴らしいな
なんか読んでて涙が出てきちゃった
ありがとうございます
仁後さんがやよいで本当によかった
SSAが最後のつもりだったとかいう怖い言葉が載ってるんですが、、、、また立ちたいって思ってくれてほんとよかった😭
これきっと、プロミまで、いない間の765を他のメンバーがやり続けてくれていたからこその「またやりたい。」になれたんだろうな、って思う。やよいと真耶子さん、素敵だなあ。
仁後ちゃんがこんなにアイマスを語ることがあるだろうか
演じ方の話もアイマスに対する話もしっかり考えてる
もうステージに立たないかもって思った時期の話も前からあったけどまた前向きに考えてくれてるのは765あってこそだね
そして話してるところが脳内再生余裕すぎる
まや豪速球本格派だよ、軟投派やんないよ
真耶子がMCで「次」を語るとミンゴスや神が泣いていたのは、やはり結婚出産を機にステージには立たないかもと言う話題があったからなんだね| @d_davinci
>仁後:2014年のさいたまスーパーアリーナで、――そのとき自分は結婚を考えていたので、「もしかしたらこれが最後かもしれない」っていう気持ちでいました
「ひとりの女の子を演じて、ほんとにいるわけじゃないけど、ひとりの人間として存在してる」MRの実在感てこれのことだと思う
平田さんのドアエピソード最高すぎ!
ダ・ヴィンチのインタビューは読み応えあって良いよね
いいインタビューすぎて泣いてる :
キラメキラリがターニングポイントだったのか……なるほど
うわぁ〜ん泣いちゃう...
あぁ。だからやよいは応援したくなるんだ。明るくて元気な可愛い女の子じゃなくて、人間臭くて全力投球な一生懸命な女の子だから。
人生の振り返りみたいな内容で昼時からデカすぎる感情を抱えてしまった
12人全員ってかいてるわ
みてれぅ:
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR