TOP > IT・テクノロジー > 新製品レビュー:Canon EOS R6(前編:単写編) - デジカメ Watch

新製品レビュー:Canon EOS R6(前編:単写編) - デジカメ Watch

7月9日に発表されたキヤノンのフルサイズミラーレス「EOS R6」。EOS R5と同時に発表された製品で、同社フラッグシップモデルであるEOS-1D X Mark III由来の撮像センサーを搭載したモデルだ。今回、EOS R5に先行して本機の実写レビューをする機会を得た。以下、前後編にわけて実写結果と撮影時の感触についてお伝えしていきたい。なお、詳かいスペックやEOS R5との違い、外観およびス...

ツイッターのコメント(15)

すごいのでは?/
ここがツボ「一眼レフのEOSのファインダーは明るいけどピントは少し掴みにくいから、ミラーレスの R6の方が逆に一眼レフらしいってのが面白かったところ。」
「 Rの登場時に鳴り物入りで投入されたマルチファンクションバーはEOS R5/R6ではアッサリと非採用にする辺りにもキヤノンらしさを感じて良い」
暗い場所でファインダー(モニター)のフレームレートがカクカク(体感10FPSぐらい?)になることは RP でも割とある。

» 新製品レビュー:Canon EOS R6(前編:単写編) - デジカメ Watch
一眼レフ感覚のファインダー 操作レスポンスの高さも魅力 - デジカメ Watch
Canon R6のスチル性能についての分かりやすいレビュー。
メーカー公表値よりもスタミナがあるようなのが、かなり嬉しい。

新製品レビュー:Canon EOS R6(前編:単写編) - デジカメ Watch
R6の先行レビュー。カタログスペックの強さより、「カメラ」として一眼レフ勢が移行してきても違和感を感じないように徹底して作り込まれているんだなぁと感じた。
「 R6で気になったのが、グリップの形状がニコンのZシリーズほどは握りやすくないところ。」ここは自分もハンズオンで感じましたが、多分キヤノンの今のデザインポリシーがこれなんだろうなぁ…:新製品レビュー:Canon EOS R6(前編:単写編) - デジカメ Watch
静止画撮影機能は普通にいいよな。
やっぱりR6も買って2台体制にするべきか。。 »
これが6D2並みの値段で出てたらゲームチェンジャーになってたと思う🤔
30万でプラボディは無いよなと思うけど前面だけマグネシウムとかやるよりは剛性面でプロダクトとしては正しいんだろなぁ
ほんとに謎

「マルチセレクターがデフォルト設定では無効にされているやつ、いい加減ヤメません? ココだけは相変わらず初見殺しな設定だと思います。」
> グリップの形状がニコンのZシリーズほどは握りやすくないところ。
うぬ。Z はNoctつけてもらくらく構えられるのだぁ
やりますた。

後編はそのうち公開されると思います。
お世辞抜きで良いカメラです。

一眼レフEOSの存在意義を問うカメラというか、キヤノンらしいというか。すごい会社だね。
以上
 

いま話題のニュース

PR