TOP > IT・テクノロジー > ソニー、一体成型で丈夫な設計のSDメモリーカード - デジカメ Watch

ソニー、一体成型で丈夫な設計のSDメモリーカード - デジカメ Watch

ソニーは、物理破損強度を高めたSDカード「SF-G シリーズTOUGH(タフ)仕様」を発表した。記憶容量は32GB(SF-G32T)、64GB(SF-G64T)、128GB(SF-G128T)の3種。UHS-II対応で、転送速度は書き込み299MB/秒、読み込み300MB/秒。発売日は32GBと64GBが10月20日、128GBは11月24日をそれぞれ予定している。価格はオープン。...

ツイッターのコメント(20)

ガワが丈夫なのは分かったけど、読み書き回数載ってないから子供騙し製品だろうな……。
SDカードを5m落として壊れるようなのがあったら逆に見てみたいレベル
なので、今回のソニーのアップデートは、そう言った粗悪なSDカードが使われても柔軟に対応できるように多少ファジーに動作するようになったのかしら?🤔って言う勝手な想像(笑)
そして、コピー品を作りづらい新しいSDカードシリーズ。
いつも読み込みエラー起こすのがソニーのメディアなんだよねー。顧客にはソニー以外でお願いしてる。
やっと安心して使える実用的なのが出た感じだけど…
お値段が想定の倍だなぁ お高い(´・ω・`)
あれっうちUHS-II使うのなかったわ
色使いがニコンみたい
商品写真を見たときに何か違和感があって、何だろうと思ったら
“ライトプロテクトスイッチも廃止”
それだ!!!
ぶっちゃけ"需要は何処にあるのだろう?"と一瞬思ったけど、プロカメラマン向けかな…?「球技でボールがカメラにぶつかる」→「SDカードは無事だったぜ」的な。
端子の段差を無くしたら、端子に触り放題になってしまうのでは。最初にあの構造を見たときは感心したものですがね…
この耐久性は気になるけど32GBで1,4万円か...
やっと出るよ。
◆ いつぞやの音質が向上するmicroSDよりは真っ当な商品w
128がタフじゃない奴で38kするからいくらだろうか、コレ。
64G気になるけど2万か・・・/
IP68相当の防塵・防水性能も実現 ソニーは、物理破損強度を高めたSDカード「SF-G シリーズTOUGH(タ
ライトプロテクトスイッチ廃止はいいね。
SDカードは、ほんとココが良く壊れる。
そうは言っても、SONYのメモリカードって消耗品扱いで修理保証が無いんだよね、、(´・ω・`)(初期不良以外では修理も交換もしてくれない)
IP68相当の防塵・防水性能も実現
メモリースティックは諦めてくれたようだ。 >
以上
 

いま話題のニュース

PR