TOP > IT・テクノロジー > 最高ISO819200 ミドルクラス一眼レフ「PENTAX KP」 - デジカメ Watch

最高ISO819200 ミドルクラス一眼レフ「PENTAX KP」 - デジカメ Watch

107コメント 2017-01-26 10:11  デジカメ Watch

リコーイメージング株式会社は、最高感度ISO819200のデジタル一眼レフカメラ「PENTAX KP」を2月23日に発売する。価格はオープン。店頭予想価格は13万円台後半。本体カラーはブラックとシルバ...

ツイッターのコメント(107)

もう意味わからない感度だよな。1600から十段分くらいか?
めっちゃかっこいい
PENTAX KP こんなの出てるの知らずに、一瞬だけ触ってきたけど・・・ブルベのお供に楽しそう!
こんな高感度カメラが登場していたとは!
まーた評価しにくい変態カメラ出してきたw
このカメラがどうのということではなくて、目的によってグリップを交換出来るのは素敵。
星景写真用に欲しくなる1台 / “ Watch”
グリップの大きさ変えられるのか
これか、KP!すっごく楽しみ。モニターがタッチ操作対応ならさらにGoodやけど、どうかな?
最高ISO819200「PENTAX 去年京都に行った時にこれがあれば、ライトアップは撮り放題だったなと妄想。夜景用にレンズを買い換える必要はなくなるので12万円以上は高くない……とこれも妄想。
知らない間にISOの数字のインフレがヤバイ。まぁ倍々になってくからだろうけど。
ISO80万で、2400万画素で、APS-Cかー。ちょっとPENTAXに乗り換えたくなってきた。アストロトレーサーは残念ながら外付け。
これはK-1の廉価版ですか?
K-3の新型まだかなーーーー
最高 ISO 819200 と言われても分からんが、100*2^13 か。普段使っているカメラだと、最高 ISO 6400 (100*2^6) とか 12800 (100*2^7) なので、6 段から 7 段の差がある。
高感度の画質次第では水族館用にeマウントから乗り換えるのもアリかな…
いそ80万( ゚д゚) センサーは既存のソニー製だろうから回路側の工夫か? >
PENTAX KPかっこいいな。うん、かっこいい。わたしはフィルムの頃からのペンタ党なのです。APS-Cがやっぱり自分には等身大だと思うんだ。しかしこーなってくるとミラーレスとの差もますます縮まって来るね。
この性能でこの値段は安い(笑)
出遅れた!K-3IIsの後継機?「 」
(。・・) K-3Ⅱの後継機が楽しみである
他はいいんだけどシャッターとバッファは今もってるK-3の方が上のようだな。不思議な位置付け。K-3IIIは別に出る? /
なにぃ!!!!あうあう…
K-3とK-S1あれば要らないような、この2台を置き換えるのもアリなような…K-1のサブにちょうど良い感じ。 -- -
ISO感度の一瞬では理解できないデカイ数値を見て( ゚д゚) 交換式グリップっていう最近では珍しい装備もあるし、心が揺れる←
ケーピーって。。。 →
ペンタらしい変なカメラ出たのね(*´ω`*)
前ダイヤルって使い心地どうなんだろう?
これほどに高感度だと画質もへったくれもないか処理にエラい時間がかかりそう。
最近のISOってDBZの戦闘力みたいにちょっと上がりすぎじゃないですかね / “ Watch”
13万円でISO82万ってどの程度の画質なんだろ。
ノイズだらけで実用性ないんじゃ・・
カワイイ…欲しくなってしまう~!
気になる気になる・・・
HENTAI度が足りない、と思ったらグリップが交換式だった。K-3IIよりボディ小さいからそうしたのか……?
新型ペンタ様。
これはカッコイイ
欲しいーーーーー
私のISO感度は82万です。的なフリーザ感あるな
見た目だけのトンガリ帽子が意味わかんないけどK-1の子分というアイコンとしては上手い

最近のPENTAXは一眼のデザインが挑戦的でよい
最高ISO819200?もはや暗視スコープやな
相変わらずペンタックスの常用感度は突き抜けてるな。
最近カメラ高いけどPentaxはなんでこんなに安く売れるのかね~
ISOぶっ飛んでる! 欲しい(笑) ⇒
これは良さそう
K-3IIとK-S2の中間みたいなカンジ?交換できるグリップは面白いな。
ペンタックスの一番わかんないところはそのラインナップとネーミングだよ!
ペンタックスも頑張るねー良い感じジャン
実物を見てからだけど、K-3より小型軽量なら欲しいかも。 --
なんか僕らって目に見えないものを撮るコンテストになりつつあるような気が(汗
グリップ交換か。α-7000とEOS600シリーズを思い出す。
[SO01H6]
もっと見る (残り約57件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR