TOP > ネタ・話題 > 目に映るものの名前をできる限り知りたい :: デイリーポータルZ

目に映るものの名前をできる限り知りたい :: デイリーポータルZ

290コメント 登録日時:2020-05-22 16:24 | デイリーポータル Zキャッシュ

写真に映っているものの名前をなんでもお教えてください、と呼びかけたところ、あらゆる分野の人からものすごい量の情報が寄せられ、写真がたちまち名前で埋め尽くされる、という経験をした。顛末を紹介します。 (三土たつお)...

ツイッターのコメント(290)

あらゆるものの名前。
読んでいて楽しかった!
ミラーの一部から車種特定とか意見交換して植物を同定とか。
これは子供たちにも読んでもらいたい!
知識と意識が職業の一助になればいいな。
将来の。
私にわかったのは「この交差点、知ってる!」の1点のみである。エッヘン!!
インターネットだからできることがある。
面白いなこれ……読んでてめっちゃ楽しかったし、私はこれを楽器でできるようになりたいんだなって改めて思った
すばらしい→
普段から何でもかんでもこの解像度で世の中が見えていたら、気が狂うと思う。我々には「ただの自動車」「ただのビル」「ただの街路樹」にしか見えないから正気を保っていられるんですよw
名取洋之助はたしか写真のことを「舌足らずなおしゃべり」と形容していたと記憶してるけど、舌足らずでも聞き分ける人がいればこれだけ分かるということか。「解析」というのは授業(のワークショップ)でもちょっとやってみたいテーマ。
インターネッツのいいところが全部出た良記事!
すげぇ、こういうの大好き。
ARグラスが発達すると、日常がこういうふうになるんだろーか。 >>
何にでも専門家はいるものなのだ。最後のOTISロゴがグッとくるわ
凄い。楽しい!
ほぼ全ての物には名前があって、それを知る事は、その先に広がる世界を知る鍵を手に入れる事。みたいな事が書いてあるけど、ほんとその通りだと思う。
いま続編制作中の『街角図鑑』の三土さんの記事です。社内的な打ち合わせでもこの記事が話題に!/
集合知感があってとても良いと思った
僕は知識がなさ過ぎて世界の解像度が低いのでこういうことがわかる人たちは尊敬する
>"ぼくは詳しい人どうしが自分には分からない言葉で話し合っているのを見るのが好きだ。神々の世界を垣間見ている気持ちになる。"
これちょっとわかるwww
面白いことやったなw
完結していた 俺ぁ こういうのが大好きなんだよ…
新しい。斬新な遊びだ。オタク大喜びw
〝こんなふうに世界の解像度が上がるのはとても素敵だ。〟
「磁気質二丁掛けタイル通し目地(芋張り)」が一番好き。
どの分野にもマニア(変態)はいる(いい意味で)
この記事、面白い!最初からすごいけれど、建物に関する名称が判明していくところは、大御所登場的な迫力を感じたw。 →
この記事ほんとすごい。私が知らなかっただけで、世界のあらゆるものは固有の名前を持っていて、その名前を知っている誰かが集まると、景色の情報量は爆上がりする。
これがネット・SNSの本当の可能性だと思った。
感動的Twitter活用。
常々助手さんたちには「モノには必ず名前がある」と言ってきたがそれを実証している。
これが本当の専門家会議だなと思ったり。
各分野のスペシャリストやばい
記事化してる
これはすごいw
亡くなった父が街の中のいろんなものの名前を知りたがり、そしてなぜその名前なのかをずっと聞く人だった。世の中同じような人がいるもんだ >
こういうの好き
私も何でも名前知りたいケド忘れる
『ぼくは詳しい人どうしが自分には分からない言葉で話し合っているのを見るのが好きだ。神々の世界を垣間見ている気持ちになる。しかも会話のもとになっているのは一枚のなんでもない写真なのだ。』 わかる /
これ妄想してたけど、実際に起こると壮観
人間が作ってる物でも名前知らなかったりするもんなんだよなぁ
「ぼくは詳しい人どうしが自分には分からない言葉で話し合っているのを見るのが好き」頷きすぎて首飛んだ
こういうのすき
MLでどこまで近づけるか、超えられるか🤔
実を言うと、15年ほど前、結構ヤバい精神状態にあった時に、風景にこういう風にタグが付けられた様になって家出るのが辛かったことがある…。
久しぶりにインターネットの集合知を目にした -
車種はほとんど識別できてそれだけでも面白いけど、樹種とか建物の素材とかにも目を向けれたらどんなに楽しいだろう。せっかく大学で景観分野に触れていたのだから、もっと目の解像度を高めていかないと〜
ただただスゴい。Twitterってこういう使い方が一番有意義だと思う。>
リンネの誕生日にふさわしい記事  /
なんにでも名前があるのだな。
『写真に映っているものの名前をなんでもお教えてください、と呼びかけたところ、あらゆる分野の人からものすごい量の情報が寄せられ、写真がたちまち名前で埋め尽くされた。顛末を紹介します』
ほとんど初見の名前w
良いインターネッツ
この記事を知ったのも人のツイートから
面白い記事だった
自分の知らない世界しかなくて
それを知ってみる楽しさ

例え吸収できなかったとしても
体験として面白い
半端ないな。
こういう世界の解像度が上がる記事っていいね。自分が知ってる世界だけで視点を固定化したときと、奥深さがまったく違ってくるし、違う仕事をしてる人たちをあたりまえにリスペクトできるようになるし。
これはいいtwitter集合知。よのなかの人工物には名前があり、それを生業としてる人たちには解像度が違ってみえるのだ(わかる。メニューの用紙とかフォントとか気になるよねw)。
の中にまじる、地層、9まんねん!!(つよい)
暇を持て余した(と言う訳でもないのだろうが。笑)専門家の知見を、無駄に全力投入してみた結果がコレ。笑
皆さん、ノリが良過ぎ。笑
「こんなにいいインターネットがあるか、という感じだった。ぼくの目は開かれ、知っていたつもりで知らないことばかりだということが分かる。」
長文ならその一部の分からない単語だけを切り取ってググることであっという間に知らないものを知ることができるけど、画像の一部の知らない物体はそうはいかない。そのことを考えると、この物体は何なのかという画像的な知識はとても大事だといえる。
なんだかとてもすごい。:
雑踏のひとりひとりにそれぞれ人生ドラマがあるという様な感覚に近いものがある
壮大な歴史の積み重ねが何気ない日常に存在しているという事を実感
SNSを活用した有効的かつ有機的なつながり。
元々のツイートは流れてきたときに見て、面白いこと言う人がおるんやなぁって印象やったけど、それぞれの専門家の『目』にかかるとすごいことになるんやなぁ…斜めにうっすらしか写ってないマンホールの分析すご!😱
世界の解像度を上げる、2020年上半期ベスト級の感動的な記事。

>ぼくは詳しい人どうしが自分には分からない言葉で話し合っているのを見るのが好きだ。神々の世界を垣間見ている気持ちになる。

文学の書き出しとして完璧です。
この記事良すぎた……。色んなものの名前があって、そうか、そりゃ、あるんだよな……って気分になった。すごい
まさに集合知!というかんじ。すごい。。。
楽しいよお、楽しいよお。途中経過はTLで見てたけど、最終的にものすごいことに。貢献できないのが、寂しいよお。どういうお題だったら答えられるかな…。

「目に映るものの名前をできる限り知りたい」(デイリーポータルZ)
.
手動Googleレンズ…
プロの知恵がすごい。
三土さんの試み、もう記事になっとる/
もう記事になってた。
こういうネットの集合知ってすごいよね。
この交差点そのものは知ってるけど、情報量の多さがすごい。見える人には見える景色、面白いな。
これ面白い企画だよなー。
しかも自分にとって思い出の場所なんで
ますます感動した。
当時とは建物とか随分変わってたけど( ´△`)
僕ら標準医学を実践している者は このような形で数世紀にわたって無数の先人たちが積み上げてきた巨大な知見の結晶に基づいて治療を施している。

疑問を差し挟む権利自体は万人に与えられているが、この集合知の結晶を準全面的に否定するバカは、己の無知をこそ恥じよ。
めっちゃ面白かった →
これすごい。
そしてブログのここが好き→「ぼくは詳しい人どうしが自分には分からない言葉で話し合っているのを見るのが好きだ。神々の世界を垣間見ている気持ちになる」
ほえ~!
とても好きな記事だあ。。
ツイッターの集合知を実感する素晴らしい記事だ。
読んでいて鳥肌が立った。
ツイッターには、神がたくさんいらっしゃる…。
インターネットすごい。あとで復習する。
集合知の凄さ。僕らはこんなすごい時代に生きている。

それはそうと、最初タイトルを見た時、どんどん語彙が増えて難易度が増していった子供の頃の娘とのしりとりで「今見えているモノしばり」を一時やってたのを思い出した
"ぼくは詳しい人どうしが自分には分からない言葉で話し合っているのを見るのが好きだ。"
[ デイリーポータルZ]
これ伝説回ではなかろうか
すばらしい。まさにwisdom of cloud。しかも見事に何の役にも立たない、というところがもう最高。
集合知の可視化された姿!!
人類の叡智の集合、って感じ。なんでもない風景にも、恐ろしいくらいの仕事と歴史と知識が積み重なってる。(これ、大きな写真で見たい)
非常にセカイカメラみのある感じ
グッド・インターネット /
いいねー、こういうのいっぱい調べるさんぽしたい
町が読めるって凄いなぁ
実際わかったら情報過多で目がぐるぐるしそうだけど
こういう下らない集合知大好きマン
だからなんだ?という記事である。デイリーポータルだから、それで良い。
この記事はそれで良いどころではない。記事中にある「ぼくは詳しい人どうしが自分には分からない言葉で話し合っているのを見るのが好きだ。神々の世界を垣間見ている気持ちになる。」が私の気持ち。
インターネットに集まる誰も得をするわけではないお遊びに対する人力検索の凄さ!!
ほとんどのことは知らないし分からないけど読んでると嬉しくなってくる(゚∀゚)
フェイスガードに文字が映せるようになったらこういうことができないかな
めっちゃ面白れぇ…
各方面から続々と届く名前にゾクゾクしてしまう記事
ネットは広大だわ。
これ、将来的にメガネ型ウェアラブルにて、ARで実現する!
と見てます(o´∀`)
すごくいい /
当たり前に見ている景色がものすごく沢山の専門的技術知識の集まりであると分かります…働く人たちに感謝
それを分かりやすく暖かく紹介してくれる記事でした
詳しい人達同士のマニアックなやり取りも面白い
文体込みでとても好きな記事でした。
ただの景色写真にこんな膨大な情報量があるなんて考えもしなかった。素直にすげえとしか言えない
これめっちゃ好き
もっと見る (残り約190件)

記事本文: 目に映るものの名前をできる限り知りたい :: デイリーポータルZ

いま話題の記事