TOP > ネタ・話題 > 実在する魔法宮と魔法神社に行く :: デイリーポータルZ

実在する魔法宮と魔法神社に行く :: デイリーポータルZ

48コメント 登録日時:2019-10-18 11:12 | デイリーポータル Zキャッシュ

なんと岡山には魔法神社という神社がある。どんなところなのか、恐る恐る行ってみました。 (地主恵亮)...

Twitterのコメント(48)

九尾の狸の神様っているんだねー
プリキュアアイカツおじさんがビクッとする名前だ…
ううむ……想像していたものと全く違う。狸と…… /
もちろん魔法能力は関係なく、「魔法様」を祀っているからこの名。では「魔法様」とは何か、というのは記事でご確認。 /
【実在する魔法宮と魔法神社に行く】

びっくり。ここ行ったことある。魔法宮という呼び名、狸が祀られているという珍しさで。
すごくいい民俗学のレポートになってる
なかなか興味深い。どういう流れで牛の守り神になっていったのだろうか
???「れいむの真似してみたぜ! //
九尾の狸は初めて聞いたな。あと魔法半将軍こと細川政元由来かと思ってたけど、関係なさげ。
「魔法宮」ってラスダン攻略後に行ける隠しダンジョンやん
ハリポタが祀られているわけではない。まじめな?記事ですw
"岡山の民話によれば、1568年にキリスト教を広めようと日本に渡る宣教師が乗った船にこっそり乗り込んで日本にやってきた南蛮国の狸だそうだ"初耳すぎて驚いた。こんな妖怪がいたんだ…。妖魔夜行でデータ作りたいかも / デイリーポー…”
日本の魔法が、魔法様という狸なのが面白い。
普段、魔法って技術だと思ってたのに、急に名前として使われると、自分の常識や価値観が壊れてくのが面白い。
いい記事読めた!
色落ちしてるけど置いてきた狸無事なようでよかった

ヒントがありました!
TLの妖怪好きで日本の魔法について話題になっていたけど、この記事にこんな記載があるのね。

"基本的には魔法は海外のもので、日本ではあまり聞かない気がする。もちろん魔法に近いものはあるけれど、それは「呪い」と言われたりで魔法という言葉は使わない。"
確かにこういう変わったものがあったりと民間信仰・伝承を知るのは楽しい。
金毛九尾の「狸」なんて民話があるのか…今残っている常識で考えれば「狐と混ざった?」と思う所だけども…そして魔法様の由来はとんとわからない。地主さんの記事とは思えぬアカデミックさ。
大都会岡山には魔法神社まであるのか。
しかしその地下には!
あー、いいなあこういう民間信仰の話!海外から来た狸が祀られるというのは面白いな
名前からネタ神社かと思ったら面白〜〜〜!!!!!
俺の代わりに気になるスポットに行ってきてくれるありがたい記事
今回はマジカルジンジャー
総社市のたぬき神社(誤認、正確には牛馬かな・・。)の記事を見るとは・・。
たぬき魔法少女(新ジャンル)
流石大都会
TLに「魔法様」の名前がちょいちょい流れてるんですが発端はこの記事かしら。魔法神社こういうところなんですね。初めて見た>
見てる:
魔法神社!
さびれた場所であっても、こんな場所はちょっと素敵じゃないか♪
金毛九尾の狸!?
面白うございました。
海外から来た金毛九尾、狐以外にもいるのか……!!魔法様すごい。面白いなぁこういうの、ワクワクする。
おもしろーい
天空聖者が祭られてそう
魔法を使う青いたぬきは「タヌキじゃない!!」って怒ってたんだろうな。 /
狛狸なんてあるんだ
九尾の狸とか魔法神社とか、お好きな方には堪んない感じのネタが…。
魔法使いマンガや小説は沢山あるが実在の魔法神社や魔法宮を登場させた作品は皆無と言うのが逆に珍しいな・・・。 /
思ってた以上にガチの民俗誌だった:
とっても面白かった。
あ、魔法宮行ってる。いいなあ。電車アンド徒歩では魔法神社に行くのが精一杯で行けなかったんだ。
「魔法様の狸は『キュウモウ狸』と呼ばれる狸で変わった経歴を持つ。岡山の民話によれば、1568年にキリスト教を広めようと日本に渡る宣教師が乗った船にこっそり乗り込んで日本にやってきた南蛮国の狸だそうだ」楽しい。そしてやたら経歴が詳しいぞ。
これはすきなやつですね
> キュウモウは南蛮国からやってきた金毛九尾の狸らしい

ほう。
九尾の狸っているのか。(実在するという意味ではない) /
もう少しおもしろく書けると思うんだが。。。
公開しました : (地主恵亮)
以上

記事本文: 実在する魔法宮と魔法神社に行く :: デイリーポータルZ

関連記事