TOP > ネタ・話題 > 小田嶋隆氏「『女性差別広告』への抗議騒動史」の何が問題なのか? - ふぇみにすとの論考

小田嶋隆氏「『女性差別広告』への抗議騒動史」の何が問題なのか? - ふぇみにすとの論考

48コメント 登録日時:2014-05-15 07:52 | はてなダイアリーキャッシュ

コラムニストの小田嶋隆氏が、「「女性差別広告」への抗議騒動史」という記事をブログにアップした。そもそ.....

Twitterのコメント(48)

宝島社のフェミニズムに対する一連のバックラッシュ本については山口智美がこちらの記事で触れている。
/ @yamtom) こちらも以前のエントリですが再度流しておきます。
問題の選手については他球団で現役復帰はしたものの、引退後の消息はあまりはっきりしておらず、今となってはなおさら触れにくい。90年代はじめはAIDS予防啓発ポスターのデザインがリンク先のようなものだったりと、無神経だったのは否めない。
/ @yamtom) この記事で紹介されている昔の広告、記事を見るとあまりのひどさに絶句するな…
こうした女性運動の歴史(コンテンツ文化史!)を中川氏が把握しているとも思えない。
引用〈厚生省外郭団体「エイズ予防財団」によるこのポスタ―。海外での買春、女性差別、エイズ患者への偏見を助長するとして会は抗議した。初め厚生省は、 (続〉 /
こちらは行動する女たちの会による抗議活動を批判した文章に対する反論。過去に抗議対象になった広告が複数挙がっており、AIDSに関するものがかなり酷いものだったのがわかる。
行動する会、についての話なので。 / @yamtom)
7月11日(土)「行動する女たちの会」資料集成出版記念集会には、昨年書いたこのエントリの運動の当事者たちが集まります。
93件のコメント
難しいなぁ。アートにおける「ステレオタイプ化と記号化」は良くて、広告はダメというのもなぁ。 | / @yamtom)
あとで読むかどうか考える。> / @yamtom)
アンチフェミ=ミソジニーて思考が単細胞すぎる アンチフェミでもレディファーストの♂は幾らでもいる。逆はまず聞かない。フェミが嫌われるのは♂♀平等&同権をうたいながら、結局は♀(である自分)一番に行き着く思想。♀専用車両の論理なんだよ。
本文に屋上屋を架す事になるが、ある主張に対して一度「それいいねえ」といったからといって、その後「いつまでもごちゃごちゃうるせえなあ!」という人物は「大筋で理解」もしてないし穏健な多数派でもなんでもない / “*[バックラッシュ]小…”
体系化されて蓄積された運動だったんだな。 / 他90コメント
おだじまんもなー、昔は面白かったのになあ。 /
これは面白かった。小田嶋氏は自身のブログで敗北宣言をしたのだろうと思う。  / @yamtom)
「私作る人、ぼく食べる人」のCMの時は私は子供だったが抗議運動があったのは憶えている。日本はけっこう早くからこういう活動があったのに、21世紀になってのこの周回遅れっぷり...には、他ならぬ小田嶋氏も貢献していたんだなあと分かった。
山口さんの力作検証。僕も知らず知らず陥穽にはまる可能性がある、だろうな。 /
「そもそも、リベラルや左派系でありながら性差別には鈍感な人々(とくに男性)は多い。さらに、他の課題に比べてジェンダーやセクシュアリティをめぐる課題が瑣末であるはずも、重要性が低いということもないはずだ」-
「「性役割」や「家事分担」までは理解できても、セクシュアリティが関わると途端に…」→ / @yamtom)
もうちょいマシなやり方はあるんじゃないのと思うし小田嶋氏みたいな人は問題点も理解してそうだから味方につけることも考えられると思うんだけどね。謝罪を勝ち取るみたいな雰囲気があるのかと勘ぐっちゃうなあ / “*[バックラッシュ]小田嶋…”
70件のコメント
フェミニズムの議論の的がセクシュアリティになると、突然わからなくなるどころか、翻って攻撃し始める男は多いよね。 「いったいどちらが「ヒステリック」なんだ、というトーンである。」 / “*[バックラッシュ]小田嶋隆氏「『女性差別広告…”
【200RT】 - はてなダイアリー
丁寧な、読むべき論考。
ヒステリックな印象を与えない努力をしてもよいのではとブコメあるけど、単に抗議したり怒ってる女性をヒステリックといい、同じことをする男性をヒステリックとは呼ばないだけでは / “*[バックラッシュ]小田嶋隆氏「『女性差別広告』への抗…”
個別の広告の問題点を説明していないし、「ミソジニーのバックラッシュのアンチフェミのセクシストのマッチョ」がテクニカルタームだらけだし、この界隈の同人誌的な性質がよく現われていると思います。 / “*[バックラッシュ]小田嶋…”
学問としての意味を含まない「自称フェミニストの男」とは、「女にいい顔をする男」程度の意味しか持たないから真面目に相手にしない方が利口だと思ふが。 / “*[バックラッシュ]小田嶋隆氏「『女性差別広告』への抗議騒動史」の何が問題なの…”
"小田嶋氏「一個人のナマの記憶」は「ヒステリー」として打ち捨てられる数多くの女たちの経験や記憶の記述よりもなぜか優先されるべきものとして扱われる"
おだじまんの「憑き物」はこれでは落ちないんじゃないかなあ、という感想。ま、それが目的じゃないようだけど。あとやり方は良い悪いというちょー個人的な評価じゃなく効果の有無(大小)で見るべき。 / “*[バックラッシュ]小田嶋隆氏「『女…”
最後まで読めない / 他39コメント
31件のコメント
#馬鹿フェミ だが却下だ。 /
後でじっくり読む / 他23コメント
この中で営団地下鉄ポスターは何が問題なのかよくわからない。"女性の身体の一部だけを切り取って「モノ」かのように扱っている"のは他にも一杯ありそうだし……。 / “*[バックラッシュ]小田嶋隆氏「『女性差別広告』への抗議騒動史」の何…”
19件のコメント
/ @yamtom)  正面からの議論だと思います。
「その後、こうした論調が、2006年の別冊宝島『嫌韓流の真実!ザ・在日特権』に行き着いた」/ / @yamtom)
「運動の歴史や背景を知ろうともせず、自分の視点こそがなぜか正しく「一般」の意見の反映だと思い込み、上から目線で「やり方が悪い」とアドバイスをしてくる人。」って表現規制関連でもよくいるなあ
小田嶋隆氏「『女性差別広告』への抗議騒動史」の何が問題なのか?- / @yamtom) 性の商品化等については俺の認識は小田嶋氏に近かったりもするが、全体としては山口氏の反論の方がずっと説得的。
当時はそういう認識だった、というならともかく今当時の記事をそのまま出してきて弁解もしない以上当時と認識は変わってないってことだもんなー
“リベラルや左派系でありながら性差別には鈍感な人々(とくに男性)は多い。さらに、他の課題に比べてジェンダーやセクシュアリティをめぐる課題が瑣末であるはずも、重要性が低いということもないはずだ。” / “*[バックラッシュ]小田嶋隆…”
長文……だが勉強になった。
筆者の意見に対する賛否はさて置くとして。
「無頓着に、自身の記憶=一般の反映、と思えることこそ、マジョリティ性の発露であり、女性史はすべからく「ヒステリー」であるという認識は、まさにミソジニーそのもの」/」
@vagabond28 @yamtom @watarloo ブログ記事としてアップし、追記まで加えておきながら、「以後、この問題については、議論しません」というのは、どうなのかとは思う。 ←同意。
以上

記事本文: 小田嶋隆氏「『女性差別広告』への抗議騒動史」の何が問題なのか? - ふぇみにすとの論考

関連記事