TOP > ネタ・話題 > 『MASTERキートン』の「ナイフは至近距離なら銃より速い」は本当か - 火薬と鋼

『MASTERキートン』の「ナイフは至近距離なら銃より速い」は本当か - 火薬と鋼

105コメント 登録日時:2017-03-09 09:09 | はてなダイアリーキャッシュ

前々から書こうと思っていた漫画『MASTERキートン』のナイフ術についての話を書く。 『MASTERキートン』の.....

ツイッターのコメント(105)

CQC(近接格闘)に限れば、条件次第では刃物が有利とか何とか・・・。本当かどうかは知らない。
@kaminesituki ゲームの格言だろと言いたいとこだがマジらしい
拳銃とナイフ、至近距離だとナイフのが強いようだ
2メートル以内に入れば何でも解決できるというビジネス記事を書いた人、ナイフのプロなのでは / /
刃物と銃はどちらが強いか?武器はシンプルな方が扱いが簡単。銃でも対処が難しい(距離と腕による)のに素手で対処などもってのほか。護身のためにはまず危機を察知して逃げましょう。太気拳をはじめとする武道は危機を察知する能力を向上するという効果もあります。
何回も貼ってるけどこの話面白くてね
「接近戦ではナイフの方が」は、
わりと本当らしい
こういうのめっちゃ面白いのだけども、よい子の皆はくれぐれもTRPG卓内で「この距離ならナイフの方が早い」とか言い出してGMを困らせてはいけないぞ!
紹介動画が
1本目がATPFのRO
2本目がリアルタイム視聴
3本目がTL
多方面からの流れが繋がっててよさみ
これはぜひとも詳しい人に教えて欲しかった案件なので激推しですね。 /
MASTERキートンはだいたい正しかった /
@nosonoso あとこれも役に立ちそうですね!
中々興味深い内容
マスターキートンネタには食いついてしまう。結構ガチ検証で面白いけど人生の中で役に立つ日が来るだろうかw
詳しくてわかりやすい解説記事だった。
あと作中のシチュエーションにも注目が必要だよね
MeleeレンジではADCよりアサシンが有利。知ってた
電子書籍化してればすぐ読めるんだけどなぁ /
鉄砲は構えと引き金を引くまでに隙が出来るからなぁ。状況にもよるけど、やっぱり近接なら刃物の方が有利か。
カーリマンに続く日常で役立つ知識と検証
例示が豊富でよい。 /
人生で大事なことはは7割くらいマスターキートンで学んだ。「これまでの情報から、『ナイフは至近距離なら銃より速い』はおおむね正しいと思われる」。◆
おおお! /
本当だった /
私には関係のない話ですが。 →
なにこれめっちゃ面白い
最近は各方面からMASTERキートンの検証が上がってきて捗る。
餓狼伝なんかではナイフを持つと動作を「突く」しか選べなくなって次の行動が読まれるから熟練者には負けるみたいな描写があるけど、違うの? /
興味深い。そんな状況にはなりたくないが(^^;
実践された動画を見ると説得力があるよね。そして『マグニフィセント・セブン』のビリーを思い出す。>
このエピソード好きなので、こういう考察は楽しい→
砂漠で背広の奴に次ぐマスターキートンしぐさ考察シリーズ。すばらしい。 /
参考になる。MASTERキートン読んでみたくなった。 /
次は、小屋に小麦粉をばら撒いて粉塵爆発を引き起こせるか検証して欲しいwwww
ケースバイケースってやつね。
「ナイフの間合いに入ってから銃を使うと決めても遅い」ってラバロさんもクラエスに言ってた(ガンスリ脳) /
興味深いです…読み直すか /
「プロフェッサー」回は、良回。
当たり前だがケースバイケースかと思う。
駆け引きの一部分と思う。どっちが勝つにしろ、まず間違いなく双方無事では済まないから。練度の高い人ほどそう思うんじゃないかな。 /
拳銃は、とにかく当たらないもの。

 >「1994年から2000年にかけてニューヨーク市警の警察官が拳銃で発砲した際の距離別命中率は、0~1.8mの至近距離でも命中率38%」
例え拳銃弾が命中したとしても日本の警察のニューナンブ程度のストッピングパワーでは、骨とか致命的な(気絶するレベル)箇所に命中しなけりゃ相手の突進や攻撃はとまらんよね。 / “『MASTERキートン』の「ナイフは至近距離なら銃より…”
なつかしい……。 QT @LunarModule7 『『MASTERキートン』の「ナイフは至近距離なら銃より速い」は本当か』 当たらなければどうということはない。
昔MASTERキートンってゴルゴ13みたいに永久に続くと思ってた。 /
まじめな考察であった。
こういう考察、面白いなあ。
面白い【 (id:machida77)】
ロマン / Lock, Stock, and Two Smoking Barrels で、Guns for Show, Knives for a Pro ってあったよね。訳は、銃は素人、プロはナイフでしょ。みたいな。 / “『M…”
こういうお話とてもすきです。
この話本当に好きwww 追いつめられたウサギが猟犬を後ろ脚で倒すという話も印象に残ってますw
バイオ4レオンの元ネタかな?
知見溢れてる。動画ちゃんと見て参考にしたい。 /
“ナイフ術には様々な流派、スタイルがあるため、「本物のナイフ使いは~だ」「ナイフ使いは~しない」という知識は絶対的なものではない。” /
面白いデータ🤔
居合の抜刀術なんかも抜いて構えるまでの間に2回斬ってしまう達人もいるんだよ。刃物はシャレにならんよ。
[B!] 燃える話。 - 火薬と鋼
もうすでに抜いて構えている状態でやりあったらどうなるか? という前提ではどうだろうか?
「荒野の七人」にはナイフ使いの達人が登場しますよ。 /
銃でもこれなんだから、魔法の詠唱がどれだけ不利で、無詠唱魔法がどれほど強力なことか/
これは本当。:
めちゃくちゃ /
人生で大切なことは全部MASTERキートンで学んだ。 /
『『MASTERキートン』の「ナイフは至近距離なら銃より速い」は本当か』 当たらなければどうということはない。
万年筆やリュウゼツランの葉を使って対象を暗殺する技術とかも本当なんだろうか?(もはやフルーツを使った護身術やん…)
/
:

このコラムちょっと面白いね ミリタリーネタ好きなら是非
良いまとめと考察と思う。 /
ちょい前の事件で、警察が刃物を持った犯人に発砲したのは、「過剰防衛」的なツイをしている人がいたのだが、やっぱり刃物はあなどっちゃいかんよなぁ。
銃は1〜2mでも命中率4割いかんのか /
トカレフより青竜刀の方が命中率高いというチャイニーズマフィアのありがたい言葉を思い出した。キートンよりパイナップルARMYのスペツナズナイフの印象の方が強い。 / “『MASTERキートン』の「ナイフは至近距離なら銃より速い」は…”
あとで読む。
懐かしい。検証素晴らしい。 /
ナイフで勝てる距離と腕だったら素手でも勝てそう。 /
ハンドガンって不安定な武器なのであんまりホールドアップ させられてもビビんなくて大丈夫。よほど慣れてなければ銃持ってる人はそのこと自体にビビってるので、そこを利用することが大事。 / “『MASTERキートン』の「ナイフは至近距…”
内藤泰弘「トライガン」(原作版)の、距離を無化するナイフ使いミリオンズ・ナイブズの無双っぷりがよくわかる考察。 /
これは面白い.良記事だ. "
じゃあ、次は早撃ちマックと対決だ。 /
ほんとうにやってみたがこんなにあるという
地主恵亮(敬称略)なら、実際にナイフvs銃に挑んでくれていたはず(間違った期待感) /
1-2-Switchで早撃ちしようぜ! /
検証したくなる漫画だからこそこうやっていっぱい出てくるんだろうな、この案件も面白かった。 /
マスターキートンの電子書籍販売をずっと待ってる。 /
俺が中学2年生だったら喜々としてこのブログの内容を友人に得意げに語っているところだった。 /
“FBIによれば心臓が破壊された後も10~15秒は完全な随意活動をするに十分な酸素が脳にあるという。” /
心理的な揺さぶりって意味合いもあるんじゃないのかな?と思ったり(^q^)
MASTERキートンの考証は絶妙な間違い感。ウソは言ってない /
使う予定は全くないが、勉強になった/
またキートン
でもこれ、抜き打ちを知ってる日本人なら納得し易い話では?
定寸(2尺3寸)の刀だと(距離を取るほど有利になる銃相手では)ちと長過ぎるかもしれんが。
戦場で刀が役立たなかったみたいなのがいかに嘘かという話でもあるな。しかし心臓が破壊されても10〜15秒は残った酸素で脳が動くとか すごいな人間……。 / -…”
読んでる。:
訓練した者同士と素人同士でもまた違うだろうな。
»
素晴らしい検証 /
ハッタリで不利を埋めるジョジョ戦術かと思ったら本当に有利っぽいのか /
MASTERキートンのうんちくにやられるのは当時の中高生は皆一度は通る道! /
FBIによれば心臓が破壊された後も10~15秒は完全な随意活動をするに十分な酸素が脳にあるという/勉強になるな〜
銃よりナイフがつよい?
マスターキートンの検証面白い
勉強になった。(使う機会なし) /
以上

記事本文: 『MASTERキートン』の「ナイフは至近距離なら銃より速い」は本当か - 火薬と鋼