TOP > ネタ・話題 > ジジはなぜ言葉を失ったままなのか―『魔女の宅急便』(宮崎駿) - Devil’s Own −残骸Calling2−

ジジはなぜ言葉を失ったままなのか―『魔女の宅急便』(宮崎駿) - Devil’s Own −残骸Calling2−

43コメント 登録日時:2015-01-07 23:33 | はてなダイアリーキャッシュ

『魔女の宅急便』について書きたいと、かれこれ3年くらい思い続けていました。宮崎駿の監督作の中でも屈指の人気作だから、特別な思い入れを持つ人も多いとおもう。私なんかよりもずっと多くの回数を繰り返し見ている人だっているだろう。私がこの作品について深く考える直接のきっかけとなったのは宗教学者、島田裕巳の『映画は父を殺すためにある―通過儀礼という見方』を読んだことだ。『ロ...

Twitterのコメント(43)

これ分かりやすいかも。
気になる人はこれを見るといいよ
なぜか今日朝から魔女の宅急便のことを考えてて、ふらっとネットを検索したらすごい考察が…!
面白かったー!
この考察が一番しっくりきた!キキと一緒にジジも成長してたのね!
/ @DieSixx)
/ @DieSixx)

これすごい。
私が思ってることが全部文章になってる。 ほんと。
この人の考察面白い。そして島田って人の心の歪みようハンパない。
丁寧で素晴らしい考察。>
また見たくなってきた /
リアルタイムで見た当時、「ラストがとってつけたようだった」という私の感想を誰も同意してくれなかった。時を経て、ようやく同意見を目にした上、制作上の根拠まで示されていて、自分は一人ではなかったのだと…
素敵な考察。「ジジは何故言葉を失ったままなのか」
面白かった。魔女宅は名作ですな。>
/ @DieSixx)

この方の解説がイイ
かなり興味深い記事?でした。
魔女の宅急便と言えば去年のこのエントリめちゃめちゃ面白いのでオススメです /
キキが「すべての好意がそのまま相手に受け入れられることを望んでいる」という指摘には、私も同意する。というよりも私はこれこそが『魔女の宅急便』の主要なテーマとおもう。 / “ジジはなぜ言葉を失ったままなのか―『魔女の宅急便』(宮崎…”
「 -残骸Calling2-」 “自分では不恰好に見えていても、誰かにとってのあこがれの存在であるかもしれない”
飛べなくなるとこが劇的でなくなんともいえずリアルなのでジジが離れていく幼年期の終わりと思った。ジジも普通の街ねこでよくなったと。イマジナリーフレンドとまで言うのはジジに失礼
ジジとはななくなったのは大人になったからという解釈だったが、どうかな。(今までも話せていたのではなく、自分自信をいきうつしていただいけ)
たまたま見つけた評論。
そうそう、魔女宅はEDがいいんだよね
読みやすい説明だった。ジジが喋れなくなった理由に納得しました。また見たくなったな。 /
その映画を見たくなる映画評がいい映画評だ、と思っているのでこれはいい映画評だと思う。 /
読んだ 「普遍的な思春期の試練」って書かれてて激しく同意| (id:DieSixx)
ここまで考えて観ることは難しいよね。読めばあーそうかと思うけど。好きな映画をそこまで突き詰めて咀嚼したことないなー。 /  −残骸Calli…”
島田裕巳『映画は父を殺すためにある―通過儀礼という見方』はいい本だけど、魔女の宅急便の解釈については自分も違和感をもっていたので、この記事は納得。
「落ち込むこともあるけれど、私この町が好きです」。 /
久々に見たくなった。
-
初潮を迎えたからかジジが童貞喪失したからじゃないかと。 /
魔女宅めっちゃ好きなのでこういうのすぐ見てしまう
魔女宅、いいよね →
/ @DieSixx) 面白かった!
キキとジジの間で言葉によるコミュニケーションが成立しなくなったまま映画が終わる理由については、『夢と狂気の王国』に宮崎駿さんがスタッフと話をしているシーンがある。/
魔女宅の「処女性を失ってイマジナリフレンドの声が聞こえなくなる」という展開で、カワディMAXの「コロちゃん」を思い出すぐらいには僕は汚れている。 / - Devil’…”
おもしろかった / 他24コメント
【50RT】 −残骸Calling2− - はてなダイアリー
この読み解き方は素敵だ:
私もあのエンディング好きだった。いい解説。 /
また、観たくなった。 / 他1コメント
−残骸C... (8ブックマーク) (1コメント)
宮崎駿監督の代表作『魔女の宅急便』について長年温めてきた考えをまとめました。好きな人も嫌いな人もぜひ読んでみて、作品について考えるきっかけになるとうれしいです。
以上

記事本文: ジジはなぜ言葉を失ったままなのか―『魔女の宅急便』(宮崎駿) - Devil’s Own −残骸Calling2−