TOP > ネタ・話題 > 小学一年生が書いた、作文コンクール最優秀賞「てんしのいもうと」読んだら涙がこぼれて来た | COROBUZZ

小学一年生が書いた、作文コンクール最優秀賞「てんしのいもうと」読んだら涙がこぼれて来た | COROBUZZ

69コメント 登録日時:2017-07-28 02:15 | corobuzz.comキャッシュ

いつもありがとう作文コンクールの最優秀賞。...

Twitterのコメント(69)

2年前に話題になった記事。当時も泣けたが、今も泣ける。生きてるだけで毎日がありがとう、なんだな。
娘を作文コンクールに出したいんだけど、小学一年生でどの程度書けるんだろうって検索してみたら驚きました。
最優秀賞 小学1年『てんしのいもうと』
小学1年生の文章にしては構成がしっかりし過ぎてるように感じるが、未来の文豪なのか、添削が入りまくってるのか🤔
こういう心にくるやつ電車乗ってるときやめて
あたりまえの毎日、ありがとう。
これはヤバイて。ウルウル。。。
ーーー
外で見たらあかん…
「ぼくのあたりまえのまいにちは、ありがとうのまいにち」
涙がぼろぼろ。
いもうとが教えてくれたんだね。

小学一年生が書いた、作文コンクール最優秀賞「てんしのいもうと」
おじさんこういうの弱い。。。
たまらん
「あたりまえのまいにちは、ありがとうのまいにち」
天使が舞い降りますように。
生きていることに感謝。
これはやばいな
小学一年生が書いた、作文この子すごい。なんでちっちゃいのにこんなこと知ってるの?

コンクール最優秀賞「てんしのいもうと」読んだら涙がこぼれて来た |
だめだーーーーこれはだめだーーーー

目冷やそ…
とりあえず読んでみてほしい(号泣)
本人が朗読する動画、必見。この子はちゃんと「お兄ちゃん」になれたんだと思う
優しい心、命の尊さ、感謝の気持ち。
当たり前であることがどれだけ奇跡なのか。色々考えさせられます。
どへ~~、これはあかん、、、。
芯がしっかりした心の優しいお兄ちゃん。
小学一年生が書いた、作文コンクール最優秀賞「てんしのいもうと」
ぼくのあたりまえのまいにちは、ありがとうのまいにちなんだと。
作文そのものも迫るのですが、
動画がもうね・・・・言葉が出ないわ。
涙が止まらねぇ😢
ひいいいん(;;)
じーんときたよ( ノД`)…
これはメイク後に読んだらダメなやつ。・゜・(ノД`)・゜・。
この話は…おいらもダメだ(泣)
我が家も色々あった上での3人の子供でした。ぜひ動画で朗読を観ていただきたいです(号泣
涙腺崩壊するわ。。
明日は当たり前ではない。
「愛してる」と言えることはそれだけで奇跡なんだと思うよ。
だから今日を生き続けよう。
これ、本当に小1の作文だろうか。小1で「歯を食いしばる」という表現が出来るかなあ。たぶんに大人の手が入っているような気がするが、どうだろう?
小1でこれは凄い!(ToT)/~~~
これは素晴らしい。/
こ、これは…😭この子の感性には今も遠く及ばないが言ってることを理解できるのにも彼より20年かかった私…。
小学一年生が書いた作文コンクール最優秀賞「てんしのいもうと」読んだら

そーいや私にもいるナ「てんしのあにき」ならヒモ寄生虫大嫌いな私の「漢らしさ」は生まれそこなった兄貴からの繰り越しボーナスポイントだナ㊗️THXてんしのあにき✌️
しまった仕事中に読むんじゃなかった涙が止まらん
半端ない破壊力で、出勤中のバスで大泣きしてしまいました。
家かトイレで見た方がいい。
この男の子に、胸一杯のありがとうを届けたい。| ぼくのあたりまえのまいにちは、ありがとうのまいにちなんだとおもいました。おとうさんとおかあさんがいることも、わらうことも、たべることやはなすことも、ぜんぶありがとうなんだとおもいました。
やっぱり泣いてしまった。
全俺が泣いた / (COROBUZZ)
泣けまくる
なんて子だ・・・大事なことを思い出しました・・ありがとう
目から汗が・・・ / “ | COROBUZZ”
これはこれでいいんだけど、母親を亡くしたときにこんなふうに書けって教師に強要されて困った遺族の子の話があったよね
子供の感性は素晴らしい。|
うちには同い年の子がいるんだけどこれは逸脱した才能だなあ、、、(TT)>
産まれてこれなかったひとり目のこと思い出してしまって、今仕事にならなくなってしまった。読む時選びます。。
これ読む場所にお気をつけあれ |
これはあかん…
この男の子の話し方が可愛すぎて、余計悲しくなる。とても素晴らしい紳士になるのだろう。│
これはあかん、みんな読む時考えてね|
感受性に驚き、涙。甥っ子も友人の子も公共機関で出会う子供たち、やはりどの子供も大好きだ❣️
朗読が泣ける〉
ぼくは、てをあわせながら、ぼくのあたりまえのまいにちは、ありがとうのまいにちなんだとおもいました。
おとうさんとおかあさんがいることも、わらうことも、たべることやはなすことも、ぜんぶありがとうなんだとおもいました。
電車で読んじゃダメだよ(;_;)
電車の中で読んでしまった…大失敗だぜ…!!!
涙が出そう💧
元ネタこれね。
ごめんよ。
どうしても親が原稿を書いたようにしか思えないんだ。流産のこと小1が理解できるかな…親が説明してたとしても不自然なんだよな…

ごめんよ。汚れたこころで。
これは‥‥泣けた
同じ経験をしているだけに私にとってこの作文は重かった。いつか娘に亡き息子の話をしたいな。命の大切さをこの少年のように感じてもらえたら。→
いろいろご指導賜った文章だなぁ、と感じてしまうひねくれ者の私。:
五体満足、健康のありがたさよ。
以上

記事本文: 小学一年生が書いた、作文コンクール最優秀賞「てんしのいもうと」読んだら涙がこぼれて来た | COROBUZZ

関連記事