TOP > 鎌倉資本主義って何!? 〈面白法人カヤック〉代表・柳澤大輔さんが考える、企業がまちにできること|「colocal コロカル」ローカルを学ぶ・暮らす・旅する

鎌倉資本主義って何!? 〈面白法人カヤック〉代表・柳澤大輔さんが考える、企業がまちにできること|「colocal コロカル」ローカルを学ぶ・暮らす・旅する

14コメント 登録日時:2018-06-22 16:46 | colocal(コロカル)キャッシュ

鎌倉に拠点を置くIT企業の有志による地域活性プラットフォーム「カマコン」の立ち上げにも携わった〈面白法人カヤック〉の代表・柳澤大輔さん。カヤックは「鎌倉資本主義」を掲げ、今年4月には、鎌倉で働く人、暮らす人を応援する〈まちの社員食堂〉と〈まちの保育園 かまくら〉をオープン。なぜIT企業がそのような取り組みを? そして柳澤さん...

ツイッターのコメント(14)

年末年始、関西、静岡、鎌倉、東京と過ごして感じた。
改めて、「どこ」で仕事したいかってすごく大事な要素だなぁと。
多様性が面白いと言うことに共感。
地方都市がプチ東京になるよりも、その街の自然(あるままの姿や歴史)が個性であり多様性。それが面白い。

こういうことを神戸でしたいし、関わりたい。
おもしろさの定義は多様性。
人も企業も豊かであるために必要な「地域資本」を伸ばしていき、
企業の成長と地域の持続可能な発展を両立させる鎌倉資本主義は本当に面白いな。
なめらかに繋ぐっていうのがいいよね。
鎌倉資本主義って面白い!
こういう活動がしたいもんですねー
おもしろいな、鎌倉…。 / “ 〈面白法人カヤック〉代表・柳澤大輔さんが考える、企業がまちにできること|「colocal コロカル」ローカルを学ぶ・暮らす・旅する”
数値化するから、動き始める、追える、改善できる、というのは必ずある。
鎌倉の方に住んでて,鎌倉で働いたことあって良さを知る身としては,カヤックさんの鎌倉資本主義の取り組みは刺さるである
やなさん!
カッコいいw

てか、2012年からの付き合いだけど、おもしろいよなぁ

面白法人!
ゆうきも写ってた!笑

〈面白法人カヤック〉代表・柳澤大輔さんが考える、企業がま…|「Webマガジン コロカル」
鎌倉を団地に読み替えて考えてみると面白いかもしれません。>
〈面白法人カヤック〉代表・柳澤大輔さんが考える、企業がま…|「Webマガジン コロカル」
“鎌倉資本主義”って!? IT企業がなぜまちの食堂や保育園をつくったのか
IT企業が、まちに食堂や保育園をつくる!? 〈面白法人カヤック〉代表、柳澤大輔さんが考える「鎌倉資本主義」とは?
以上

記事本文: 鎌倉資本主義って何!? 〈面白法人カヤック〉代表・柳澤大輔さんが考える、企業がまちにできること|「colocal コロカル」ローカルを学ぶ・暮らす・旅する

関連記事