TOP > ネタ・話題 > 【全文無料公開】倉田徹 香港民主化問題:経済都市の変貌史(PLANETSアーカイブス):Daily PLANETS:PLANETSチャンネル(PLANETS/第二次惑星開発委員会) - ニコニコチャンネル:エンタメ

【全文無料公開】倉田徹 香港民主化問題:経済都市の変貌史(PLANETSアーカイブス):Daily PLANETS:PLANETSチャンネル(PLANETS/第二次惑星開発委員会) - ニコニコチャンネル:エンタメ

今朝のPLANETSアーカイブスは、香港政治に詳しい立教大学の倉田徹教授の寄稿を再配信します。香港立法会補欠選挙への出馬を、基本法違反を理由に無効とされた周庭さん。なぜ香港の若者が活発に民主運動を行う...

ツイッターのコメント(22)

知らなかったなぁ。
香港の現状を把握するのに適切な記事じゃないかな。歴史から説き起こして、手堅く、簡潔にまとめてある。素人の私も理解しやすかった。2018年3月1日に配信された記事の再配信とのこと。

倉田徹
香港の動きを、民主と自由の問題と見ることもできる。他方で、都市部の地価高騰問題と、若者が未来に期待を抱けない問題は、大都市共通の問題であり、それを背景にすると少し視界が変わる。
有り難いまとめ。知らないことがたくさんあるなぁ✍️
新書一冊分の情報を無料ですみませんて感じ。
香港の民主化運動の昨日・今日・明日がスルリと分かる。
断片的な既知事項がツーとつながる。
黄之鋒さんや周庭さん……どんなことがらも、動かすのは個人なんだなあ。
香港の歴史 雨傘の時何があったのか
本土派とかの考え方その辺が確認できました
もう大学生だから愛するところをきっちよんで知識をつけていきたい
勉強になった。振れ幅が大きい。中国も香港も極端と極端のぶつかり合いという気もする。「普通に」選挙が行われるって偉大なことなのかも。>
しかし、中華経済全体の隆盛が香港の独占的地位を相対化させたことで「金儲けにしか興味ない」モデルを破綻させている訳で、その破綻のワリを食って「昔に戻れない」層を生み出してしまった皮肉を思う、読後感。 / “ 香港民主化問題:経済都市の変貌…”
分かりやすく要点がまとめられてる😳
ジャーナリストのふるまいよしこさんがFacebookで紹介していました。「香港研究第一人者、立教大の倉田先生による香港民主化問題のまとめ」とのことです。
“英領”香港から、”中国領”香港、といった変遷。
英領だったころからの香港と現在に至るまでの状況が、本当に分かりやすく説明されています。是非。
一読推奨。英領時代から現在までの政治面の動きをまとめた記事。香港がなぜ今こうなっているのかを、より深く理解する手がかりになる。/
何事にも、文脈と言うものはある:
香港でのデモが、あたかも民主主義の象徴みたいに評価されてるけど、香港の民主主義なんてとっくに終わっている。
金儲けのできないる若者が、そのやり場のない怒りをデモに向けている。
1989年は、冷戦が終わるという新たな時代の始まりだという印象が強かったが、アジアでは、64を起点とする別の新たな時代の始まりだったのか。 / “ 香港民主化問題:経済都市の変貌史(PLANETSアーカイブス):Daily PLANETS:PLANETSチャンネル(PLANET…”
香港時代の部下はまさにこの現代の若者像そのものだった。 /
″香港政策で中央政府が最も重視するのは「国家の安全」である″ えっ?って思えるかもしれないけど、彼らはそれほどまでに怯えている。
倉田先生のわかりやすい香港史が無料公開されました。
背景がよく分かって有り難いです。
今香港🇭🇰で何が起きているのか?
『知ったから?何?』
そんな声も聞こえそうです。

『今、出来る事』=『今、知ること』
それは価値のある事だと感じます💁‍♀️
無料公開に感謝😊
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR