TOP > ネタ・話題 > 転載:辛淑玉「もう私の出番ではない」(『マスコミ市民2009・10』「在日」には「表現の自由」の段階はとっくに過ぎて今や生存権の問題なのです。この国には、(対在日や韓国人への)集団リンチはあっても集団サポートはないのです。:孫崎享のつぶやき:孫崎享チャンネ

転載:辛淑玉「もう私の出番ではない」(『マスコミ市民2009・10』「在日」には「表現の自由」の段階はとっくに過ぎて今や生存権の問題なのです。この国には、(対在日や韓国人への)集団リンチはあっても集団サポートはないのです。:孫崎享のつぶやき:孫崎享チャンネ

11コメント 登録日時:2019-10-07 07:52 | ニコニコチャンネルキャッシュ

 最近、単独で来る原稿依頼は、ほぼ全て断っている。先日も「あいちトリエンナーレ」関連で「表現の自由」に関する原稿依頼が来たが、お断りした。私を含む「在日」の多くにとって、もうそ...

ツイッターのコメント(11)

転載:辛淑玉「もう私の出番ではない」(『マスコミ市民2009・10』「在日」には「表現の自由」の段階はとっくに過ぎて今や生存権の問題なのです。この国には、(対在日や韓国
今の日本はこんな状態です。
転載:辛淑玉「もう私の出番ではない」(『マスコミ市民2009・10』「在日」には「表現の自由」の段階はとっくに過ぎて今や生存権の問題なのです。この国には、(対在日や韓国人への)集団リンチはあっても集団サポートはないのです。:孫崎享
「この国には、(対在日や韓国人への)集団リンチはあっても集団サポートはないのです。」うわー、確かにそうかもしれない。厳しいな。--------
何から何まで辛淑玉氏の言う通り「太陽は西から昇る」と言いはり続ける差別主義大ば🦌をソーリにし続けて、どういうご利益があるというのだろう?😡💢

引用:... あいちトリエンナーレの騒動は、表現の自由の問題ではない。それ以前に歴史的事実の否認という(続
孫崎享氏ブロマガ「孫崎享のつぶやき」⇒
現代日本とは何であるのか?転載:辛淑玉「もう私の出番ではない」(『マスコミ市民2009・10』「在日」には「表現の自由」の段階はとっくに過ぎて今や生存権の問題なのです。この国には、(対在日や韓国人への)集団リンチはあっても集団サポートはないのです。
「この国には、在日の私の言葉に耳を傾ける大衆は、もういないのです。集団リンチはあっても集団sポートはない。今語るべきは日本人なのだと思います」
!!!!!!!!! 重要・必読・拡散 !!!!!!!
心ある「人間」なら、今の日本がどれだけ狂気じみているか判る筈。
転載:辛淑玉「もう私の出番ではない」(『マスコミ市民2009・10』「在日」には「表現の自由」の段階はとっくに過ぎて今や生存権の問題なのです。この国には、(対在日や韓国人への)集団リンチはあっても集団サポートはないのです。無料1時間
以上

記事本文: 転載:辛淑玉「もう私の出番ではない」(『マスコミ市民2009・10』「在日」には「表現の自由」の段階はとっくに過ぎて今や生存権の問題なのです。この国には、(対在日や韓国人への)集団リンチはあっても集団サポートはないのです。:孫崎享のつぶやき:孫崎享チャンネ

いま話題の記事