TOP > 政治・経済 > バンドマンでキャンパーで僧侶——「国会議員らしくない国会議員」、永田町に現る 堀越啓仁 衆議院議員 インタビュー #17 - 立憲民主党

バンドマンでキャンパーで僧侶——「国会議員らしくない国会議員」、永田町に現る 堀越啓仁 衆議院議員 インタビュー #17 - 立憲民主党

23コメント 2018-11-23 18:22 | cdp-japan.jpキャッシュ

もし現在の日本の国会議員の中で「もっとも国会議員らしくない国会議員」を選ぶとしたら彼だろう。立憲民主党の新人議員、堀越けいにん。彼は家族5人で暮らす群馬の自宅で...

ツイッターのコメント(23)

@ayakopiluak @the_earthrise @horikoshikeinin 比例での当選です。このヒトが例え選挙中に海外旅行を満喫していても議員になれました。
から直接お願いされたみたいです。党の代表と親密な関係だと努力せずとも議員になれる選挙制度......。
啓人さんの人柄と歌が好き^_^
議員になってからの彼の努力は並大抵のものじゃない!普通の人で国会議員👍増えるようにしたいですね。
待ってました!日本ではなかなか関心を持ってもらえないテーマに真剣に取り組んでくれる政治家。けいにんさん
「いい意味で普通であることを貫きたい」

堀越啓仁 衆議院議員 インタビュー - 立憲民主党
へえ、 バンドマンでキャンパーで僧侶——「国会議員らしくない国会議員」だと 。外国人問→立憲民主党→と眺めてたら出てきた記事
( ..)φ→「水はライフラインで一番重要なものです。企業が水道を運営するということは、国の場合と違い、採算の取れない事業は廃止するということにもなりかねません。そうなると例えば過疎地での水道の整備などが疎かにされる可能性があります」
こんな身近にいそうな
Tシャツが似合う政治家が
もっと増えればいいのに。
ケイニン ?議員らしくない議員ナンバーワンfbclid=IwAR0F4xJfVWayeyAlNmq3ZMu-永田町にそまらないでね。0zz_3W0hAF8TzxhUuXehbEag9x52bypV6_M
ぜひ皆さんに読んでいただきたく、シェアします(^^)/
いいよね。
理学療法士であり、
''リハビリの語源は、英語の”Rehabilitate”で、Re(再び)habilitate(獲得する)という意味です。なにを獲得するかというと、「その人らしさ」なんだということ。事故に遭って人生が変わってしまって、これまで通りの生活ができなくても、「その人らしさ」を失わないこと、''
''その姿をみていて気づかされてことは、彼にとってのゴールは、事故前の自分に戻ることじゃないってことでした。彼が言っていたのは、「自分らしくいるために、たとえ片手片足でもドラムを叩き続けたい」と。そのとき、これこそがリハビリの本質だって気づいたんです。''
私たちの仲間から国会議員へ!
→→
パタゴニア着てくれるかと思いきやKAVUだった😱笑
建築士で土木作業員でプログラマの俺でもできそうな気がしてきた。
枝野幸男政権が発足した際には文部科学省に民間登用して頂きたい。
"政治家と市民の関係は、なにも選挙の時に一票を入れてもらうとか、選挙を手伝ってもらうとか、それだけじゃないはずなんです。そこは、僕ら国会議員、地方議員の方々の地元での活動がとても重要になってくると思います" バンドマンでキャンパーで僧侶
立憲民主党の枠に収まらず活躍してほしい。社会人、医療人として問題意識は同じ。
「東京福祉専門学校作業療法士科を卒業した後、群馬県で12年間作業療法士としてリハビリに従事する。2015年に安保法制の成立に疑問を持ち、市民団体「かたつむりの会」を創設」
「小学校に上がる前から「お前は寺の住職になるんだ」と言われて。それがどういうことなのかよくわかっていなくて自然に受け入れていたんですが、思春期になってやりたいこともでてくると、住職になるというのが嫌で嫌で。こんなの人権侵害だろ、と思っていました(笑)」
様々な経歴の人々が立憲の議員になっていて、すごく良い。広がれ多様性。
リハビリの話が面白かった。/
政治家の理念だけではなく、聴いて来た音楽の話とかも聞けるのが嬉しい。
そこに人間性が出るし、そこからその方に対して興味が持てる所は確実にあるので。
新人議員にインタビューするルーキーズシリーズ、第二弾は堀越啓仁@horikoshikeinin 議員です✨よろしくお願いします🍀🍀
以上
 

いま話題のニュース

PR