TOP > ネタ・話題 > スバルの新型「アイサイトX」、心臓部にザイリンクスのFPGAを採用 新型「レヴォーグ」を支えるZynq UltraScale+ MPSoC - Car Watch

スバルの新型「アイサイトX」、心臓部にザイリンクスのFPGAを採用 新型「レヴォーグ」を支えるZynq UltraScale+ MPSoC - Car Watch

19コメント 2020-08-20 11:38  Car Watch

 スバルは、新型「レヴォーグ」にアダプティブクルーズコントロールやレーンキープアシスト、プリクラッシュブレーキといった最新の安全技術を採用した新型アイサイト「アイサイトX」を搭載。その心臓部にザイリン...

ツイッターのコメント(19)

-
これかしら.
スバル車の新型心臓部にザイリンクスのFPGAを採用 Zynq
ESは日立オートモーティブとの共同だった記憶があるので、これが変わったことでどうなるかだなぁ

システム:veoneer
SoC:Xilinx Zinq Ultrascale+
センサ:ON Semiconductor AR0231 2.3Mセンサ
この分野はintel(ALTERA)は遅れてる?
画像処理システムを専用のチップから汎用のFPGAに変えたのか。
これなら車を買ったあともどんどんアップデートできそう。
アイサイトがいきなりXになったのは、Xilinxの頭文字を取ったからなんだろうか?
しかしすごいな。いまやここまでできるんだね。FPGAすげえ。知識をもっとアップデートさせていかないとホントどんどん取り残される。
スバルはアイサイトの開発続けてたのね
数年前に、モービルアイ製に乗り換える様な話も見た様な気がしたけど誤報だったのか

ほ~。でも、販売後にFPGAを書き換えることあるんかね。販売台数の関係でASICではかえって高くつくとか。
某雑誌XにはMobileye製になるって予想されてたのに、ぜんぜん違うやんけ
アイサイト刷新するのか。
SPI Flash内のコンフィグデータを書き換えてアルゴリズムをバージョンアップ、なんてことも想定しているのかなー。
最近アルテラが静かすぎて怖い
アイサイトの次期開発だいぶ迷走して、かなりの開発者が辞めていったという話だけど、発売できるレベルまで達したのか。
新型アイサイトの画像処理もルネサスのASICからザイリンクスのFPGAに変更。ADASのシステム構成も複雑になり、グレードによりセンサーフュージョンの有無があったり、また進化のスピードも速いので開発費含めたトータルコストではFPGAの方が有利ってことかな。
なんかすごそう
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR