TOP > ネタ・話題 > スズキ、「アルト」一部仕様変更。歩行者を検知可能な前方衝突被害軽減ブレーキ採用 - Car Watch

スズキ、「アルト」一部仕様変更。歩行者を検知可能な前方衝突被害軽減ブレーキ採用 - Car Watch

16コメント 2018-12-13 12:20 | Car Watchキャッシュ

 スズキは12月13日、軽乗用車「アルト」「アルト ワークス」を一部仕様変更して発売した。価格はアルトが84万7800円~126万6840円、アルト ワークスが150万9840円~165万5640円。なお、アルト バンは仕様変更を行なっていない。...

ツイッターのコメント(16)

ワークスの赤、無くなったんだね。貴重。 →
これが二型か🚗
日々の生活のパートナーとして使われる車だからこそ予防安全装備の進化は朗報。価格上昇が止まらない軽自動車の中でも良心的な価格設定。貴重な1台だ
お前さんもやっとか
(´・ω・`)やっぱターボRS消えたか…
やっとか。4WDのリフトアップをしてくれると雪国最強なのに。
ターボRSなくなっちゃったか。ワークスより安価でいいモデルだと思うんだけど、ワークスieとかで残せなかったかね
ディスチャージにするとターボRSっぽさある。
ワークス、良い青色ですね!
百キロまで対応ッ~!?
マヂですかッ~~~~~
スズキ、「アルト」一部仕様変更。歩行者を検知可能な前方衝突被害軽減ブレーキ採用(Impress Watch)
そうきたか...
やるやん
ターボRSが無くなるのか…
よく走るバンこそ仕様変更すべきでは・・・
今までの自動ブレーキは歩行者検知できないのがあるんだね。
以上
 

いま話題のニュース

PR