牛小屋があると蛇も空を飛ぶ|新ひぐらし日記|日暮えむ|cakes(ケイクス)

11コメント 2021-02-27 11:39 cakes

ツイッターのコメント(11)

ワラ小屋、うちには未だにあります。今は小屋にワラは入れなくなりましたが、昔は猫の寝床になっていました。よく猫がネズミを咥えてうろついてました。
大きな森の小さな家に憧れた自分はこの連載がとても好き。母方の実家も農家だった。
お祖父さんまめに建ててたんだなあ。そしてほんとに蛇が空を飛んでいた。
子供の頃のえむさんが自宅の牛小屋に見たものは...食物連鎖の縮図!藁の使い道も勉強になりました。
今だけ無料→
好きな本と漫画の世界がリンクしていて「あの場面ってこういう感じだったのか〜」ってより身近に感じられて嬉しくなります。岡本綺堂とか。
わらのリサイクルは本当に見事ですね。その形、使用方法に至るまでは時間がかかったんでしょうけど。食物連鎖の描写も見事ですね。すごく分かりやすいです。そしてその連鎖の頂点はやはり人間で、牛の行く末は(笑)
>えむさんの連載を拝見する度、そういえば実家で通称こう呼ばれていたアレって由来は何だろう?とか、改めて気がつく事が多くて、お話の楽しさは勿論ながらタメになる。ちなみに実家のエリアはかなり近いはず…w
リアル・アルプスの少女ハイジは、ネズミ・ヘビ・タカの食物連鎖の場所。最高。
そう!まさにこういうことを知りたかったんです!
日暮えむさんの新ひぐらし日記が更新されましたハート💕
cakesさんで『新ひぐらし日記』が更新されました。

12話「牛とじーちゃんと私」その③です。

牛小屋に併設されていた “ワラ小屋”
ワラは、農家にとって大切なリサイクル品だったのです。

ぜひ読んでみて下さいね!
以上
 
PR
PR