TOP > ネタ・話題 > 10月19日に公開されたぼくの記事について|幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。|幡野広志|cakes(ケイクス)

10月19日に公開されたぼくの記事について|幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。|幡野広志|cakes(ケイクス)

92コメント 2020-10-26 10:04  cakes

10月19日に公開された本連載の記事「大袈裟もウソも信用を失うから結果として損するよ」を削除し、cakes編集部からのお詫びを掲載しました。今回の記事は、この問題を受けて幡野広志さんが書かれたものです...

ツイッターのコメント(92)

こういう記事出てたのか
|幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
少なくともcakesや幡野氏があるストーリーライン(今回の件を糧に=ピンチをチャンスに)を想定して、自分たちのビジネスを崩さずに事態を治めたいと考えていたのは明らかだけど、もうその化けの皮も剥がれてるんだよね。
DV嘘かもに対する幡野さんの謝罪その他。
質問者の事気になってたので、ひとまず安心しました。
ここまでスレッドに入れないと、
フェアじゃないなと思うので・・・
幡野広志さんの謝罪文

10月19日に公開された僕の記事について
友達が炎上してたことをチラッとおしえてくれたので読む機会に恵まれました。
この記事、いいな。すき。
文章力は説得力につながるから、自分が詳しくないジャンルのテキストを読むときはことさら気をつけた方がいい。簡単に引っ張られる。
幡野さんの元記事は読めてないけど、彼の筆力なら「そうだそうだ」と思っていた可能性が高いから。

DVについてもいい勉強になりました。
削除要請してした相談者は偽者だった。その後ご本人から連絡あり。謝罪と反省。
どうなるか見守る。
女性は嘘をつく、
という思いこみ。

この指摘を真摯に受け止めて
これから学びます、
と書いて下さった事に安堵しました。

無自覚の思い込みで 
誰かを傷つけないよう
私も学び続けます。

10月19日に公開されたぼくの記事について|幡野広志|cakes(ケイクス)
起こったことに真摯に向き合うことで絡まった糸もほどけていくんだと思う。関わる方すべての方にどうか穏やかな日常を。
「とくにお金に困ったらすぐに連絡してください、遠慮なく。DV被害から逃げるにはお金が必要だという現実も知りました。」
とても誠実な対応だと思う。お金のオファーだけじゃなく。
しかし成り済まし(!)の削除願いがなかったらどうなっていたのか。ちょいブルっとくる話。
まだ...何もなってない気がする。
お金の問題じゃないんだよ、これは。
会わずに文だけで、言葉を嘘だと判断するには相当の覚悟がいる。なければ驕りだし。これ以上傷つきたくないのが正直なところっていう相談者さんの言葉の重みは幡野さんとcakes編集部に伝わっているかな
知らん間にえらいことなってたのね
10月19日に公開されたぼくの記事について|幡野広志 |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
この人の相談、いつもきつくて苦手だった。
いくら後から訂正したとしても、DVを訴える女=嘘つきっていう図式が広まったことはもう取り戻せない。相談者さんは広い心で許してくれたようですが。
何で最後の3段落つけたんだ…

謝意は伝わってきたけど、「わりとなんでもできるとおもいます」で無知に無知を上塗りしとる。
相談者さんご本人とやりとりできたようでよかった。
→ 昨日続報が出てた
この記事の元を読んであ、この人のフォローすんのやめようかなって思っていた矢先だったのでよかった
この記事を書いた写真家の人はバシバシ本音をいい当てる、でもなんとなく優しい言葉で、みたいな糸井重里さんぽくもあってちょっと気になってたのでした
自分でも一度人生相談に呼ばれてやらせてもらって思ったのだけど、人生相談をコンテンツにする以上は一定面白くしなければいけないので、過激化・毒舌化は不可避な仕組みだと感じる。起こるべくして起きた問題だなあと。
《しかし、結果として削除を依頼してきたアカウントは、相談者さんではないニセモノでした。どういう意図でなりすまして削除依頼をしたかは不明ですが…》
>~~を感じたなら、少なくとも●●さんの中ではそうなんだと思います。

この言い回し、人を切る時の常套句よね、あなたとは同じ言語を使っても会話できないみたいですね、ていう
悩んだけど貼っておきます
見たくないひといたらごめん
その後が知れてよかった。一方で、不快にさせてごめんなさいとか知識が足りていなかっただけじゃなくて、もう一歩深く具体的に原因はなんだったのか、社会学とか根底の意識とかにも絡めた謝罪文が誠実なのかなと思えた
正式な謝罪とアナウンスが出た。相手の無知と偏見からズタズタにされた後でも、誠実にメールでやり取りされた相談者さんが本当に凄い。
当事者が分かり合えており、かつ「金の相談にも乗る」というのは最大限誠実な対応だと思う。金の相談に乗りますという宣言はなかなか出来ん。
炎上後始末記事でタイトルで「ぼく」とか言ったりおしゃれな写真が差し込まれてたりするの面白いな
炎上後、相談者さんとの対話も含めての続きが出た。DVに鈍感な男の人と被害者って形でわかりやすく分断したまま幕引きじゃなくて、その後の誠意ある対話や相談者さんの状況が出て、読めてよかった。ネットの世界でこんなちゃんと謝罪と反省を見ることってなかなかないよね。
こうして誠実に訂正記事を書くのは勇気がいると思うしわからないことを今はまだわからない勉強中とかけるのもいいと思う。
間違ってしまうことはだれでもあるから
10月19日に公開されたぼくの記事について|幡野広志
対応自体は誠実でよかった。
運営会社の倫理観に対しての疑念は大きいので引き続き注視したい
謝罪記事を読みました

DV被害は第三者から見れば
「ドラマ」の様に感じられるかもしれません
でも現実には
「ドラマ」をも凌駕する現実があります
またその現実は想像以上にドラマチックではなくただただ残酷です

今後はどうか
「だそうです」を
「なのです」

⏩️
幡野広志さんは何冊も本を集めてるくらい大好きな書き手だし、正直なところお相手の女性に共感してしまう部分もあって静観してたので、ほんとうによかった。幡野さんに不信感を「持たなければいけない」風潮がいやだったし、なにより相談者さんの聡明さはこれで伝わったから。
なんだかなぁ。結局、いい人アピールで火消しに走ってるだけに見える。DVなんて緊急性の高い案件で『いつか必ずもう一度答えさせてください』って言われても。彼は自分の治療で同じ事言われたらどう思う?病状はどんどん進むのにじっと待つの?
幡野さんの誠実さを信じたい。わたしもモラハラについて発信する以上、被害者の話を全部丸ごと信じるということの大切さを肝に銘じたい。
その後。訓練を受けていない予備知識がない人が公開で人の相談を受ける危険性と、自分が間違ったと認識したことへの対応について。誠実だと思う。
謝るべき相手にちゃんと謝り、対話し、何が悪くてこれからどうするかをちゃんと書いている。反応でキャンセルカルチャーか否かを測れるくらい綺麗にまとまってるね。
なんで相手の言葉を使って記事作んの?
結局こうやって晒してコンテンツに利用してんじゃん。
自分らは相手を殴った張本人なんだってことわかってんのかな。
嘘吐きだと見下した相手のほうがずっと大人でまともな人で運がよかったねというお話…?でもまあ、当人同士はよかったね…なの?
「なんで僕に聞くんだろう」っていうタイトルの時点で、どっか斜に構えてるし、真摯に相談者と向き合おうとしているようには思えない。
タイトル変えればいいのに。
この元記事は迂闊なミスリードにより生命に被害が及ぶ可能性がある案件で、謝罪&削除は当然だと思うが、謝罪する筆者に追い討ちをかけるように更に厳しい批判を浴びせることには少し疑問を感じている。
相談者の方はおだやかに対応してるみたいだけど、自分が全て悪いからって自分を責めている感じに見えて逆に心配になります。
これは、良い文章ですね。本来、知らない者どうしが、会話を重ねてそれぞれ成長している。
相談を嘘と決め付けられた件の経緯説明と相談者ご本人のメッセージとそれを受けての謝罪のセットとして、できることはきちんとしている印象を受けたし、それでもこういうことが起きるのかというのもある
やりとりができてよかったね
問題の回答を読んだ時とても混乱した
信じられなかった
この回答には自分が読み取れない真意があるのでないか?
結果 ただの無知からくるものであった

無知とは恐ろしい
彼の信用は無くなってしまった

でも私は彼の言葉を信じたい
(続く)
男性が選べる「ぼく」や「俺」。なぜ女性はいつも「私」なのだろう? 謝罪する「ぼく」に、私が細目になるのはなぜだろう?幡野氏の「いつか必ずもう一度答えさせてください」。良回答。だが「私」ではない私は、読むのが怖い。傷は「いつか必ず」癒えるのか。
相談者が驚くほどしっかりしてる。特に身の危険のある問題の相談先はしっかりした所の方がいいよ、人生相談コラムって私は「そういう興行」だと思う
私は幡野さんの連載が好きだったので、ご自分の中の問題にまっすぐ向き合ってくれたらいいなと思います。そしてまた素敵な文章を読みたいです。
誠実な回答だと思うけどやはりシステムに問題はあると思います。とりあえずタイトル変えなきゃね。結局プロの介入がないと同じことが繰り返されるだけです。
>『だからいまはまだ、みきさんの相談には答えることはできないのだけど、いつか必ずもう一度答えさせてください』
よかった……いや、悲しんだり苦しんだ人がいる以上よくはないけど、でも、よかった……
「なにか恩返しをっておもってるから、困ったことや、やってほしいことがあったらいつでも頼ってください。わりとなんでもできるとおもいます。」

もう手を引くべきでは。恩返しとかでなく、自分たち(幡野さんcakes含め)の境界を踏み越えた行為だと認識したほうがよい→
もっと見る (残り約42件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR