TOP > ネタ・話題 > 「幡野さんみたいな文章を書きたい」|幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。|幡野広志|cakes(ケイクス)

「幡野さんみたいな文章を書きたい」|幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。|幡野広志|cakes(ケイクス)

48コメント 2019-05-06 10:36  cakes

「幡野さんみたいな心に届く文章が書きたい。」という今回の相談者。自分の文章に自信がないという幡野広志さんですが、もし自分が学校の先生だとしたら、文章について一つだけ教えたいことがあるそうです。それは一...

ツイッターのコメント(48)

「幡野さんみたいな心に届く文章が書きたい。」という今回の相談者。

自分の文章に自信がないという幡野広志さんですが、もし自分が学校の先生だとしたら、文章について一つだけ教えたいことがあるそうです。それは一体何でしょうか?
「本音で書くというのがぼくは大切なことだとおもいます。自分が日々感じていることや、自分がたどり着いた答えを、ウソをつかないで書くということをぼくは心がけています。」

「幡野さんみたいな文章を書きたい」|幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう | cakes(ケイクス)
幡野さんがここで書かれている言葉、忘れず大事にしたい、と思った。

@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
言葉を紡いじゃいますけど、どれだけ褒められようと評価そのものを褒められるのはとても虚しいものです。
幡野さんの文章を読んで良いな、と思うのは正直で丁寧だなぁと感じるから。大小の差はあってもウソはなんとなく透けてしまう気がします。
@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
“どれだけ褒められようと評価そのものを褒められるのはとても虚しいものです”

TV番組を視聴率で論じている記事やコラムを見るたびに「ああ、この人は楽しんでないんだなー」と、いつも思う。

➡️「幡野さんみたいな文章を書きたい」|
コピーライターにも多い、「正直であること」を信条にしてる人。

“ウソをついた文章ってすぐにわかるんですよ。”

@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
"ウソをついた文章ってすぐにわかるんですよ。"
"本音で書くというのがぼくは大切なことだとおもいます。自分が日々感じていることや、自分がたどり着いた答えを、ウソをつかないで書くということをぼくは心がけています。"

@hatanohiroshi
@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。

作文の授業1時間一文字も書けなかったからなわたし。そういう悲しい辛い不安な経験は忘れない〜
時間がある時に読んでほしいのです。私の好きな幡野さん。本音を自分の言葉にすると人にキッチリ伝わるのです。うわべだけ固めても意味がない、人のアイデアをパクっても中身がない、ウソをつく人は信用できない。とにかく本質って大事。
良い話だった😢小学生のとき感想文で「こういう文章を先生は欲しがってるんだろ」と思って書いたら、その通り先生は大喜びだったとき心折れたんだよな
ウソをつかない文章を書け,というアドバイス。

思ってもいないことは文字にもしたくないし,文章が上手くなくても,本当に思ってることなら残したいなと思う。

@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
「あなたもウソをつかない文章を書いてみてください、そんなに難しい話ではないです。 暑い日に暑いとおもうことや、美味しいラーメンを食べて美味しいとおもうこととそんなに変わりません。」

確かに、作文のテストで興味の無い話題に感想を要求されるのが一番辛かったな。
あなたの質問の答えになっているかどうかわかりませんが、もしも、ぼくが学校で作文を教える先生だったら、「ウソはつかない」ということを教えるとおもいます。幡野
幡野さんの文章が魅力的なのは、その、ものの見方や感じ方、考え方や生き方が人の心を動かすものだからだと思う。
そしてそれを、嘘のない言葉で綴っているからだ。

@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
書くことも、働くことも、だれの顔を見てしているんだろう。じぶんをおしころすことに慣れてしまうのはとてもさみしい…

「ウソをついた文章ってすぐにわかるんですよ」

本当の気持ちでいたい、と思った。

@hatanohiroshi
自分の気持ちに「ウソをつかない」って大事だわ。
いきなりスピーチやれって言われて無理すぎて泣いた小学時代思い出した。

@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
「ウソをついていないかい?」
文章を書くとき、
自分の肩に手を置いて
そう訊ねるだけで
世の中にあふれた文章達が
グッと良くなる気がした。

@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
「もしも、ぼくが学校で作文を教える先生だったら、「ウソはつかない」ということを教えるとおもいます。」「ウソというのは、おもってもいないことを書くことです。」| @hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
良い文章を書くには、嘘をつかない。思ってもいないことは書かない。あっ、と声が出そうになりました。ぼくは、フォークとナイフを使って、窮屈そうにお茶椀のご飯を食べていた。プロやアマに関係なく、長いあいだ文章を書き続けられている方にこそ読んでほしいと思いました。
心にも無いことを言葉にしたものは見りゃ判る。ほんとこれ。
「幡野さんみたいな文章を書きたい」 @hatanohiroshi

"どれだけ褒められようと評価そのものを褒められるのはとても虚しいものです。"

ドキッとしました。

そして、ぼくも同じ質問をしたいと思ってたので、読めてよかったです。
「ウソというのは、おもってもいないことを書くことです。ウソをついた文章ってすぐにわかるんですよ。」

幡野さんの写真や文章は、いつもそこに真実しかないから、だからこんなに惹かれるのかもしれない。

幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。@hatanohiroshi
大学生に自由に書いていいというと、何書いたらいいんですか?って聞いてくる。思ったことを正直に(ただしきちんと)書いてほしいと思うのに大人がよろこぶためのものを書こうとする。誰かが怒ることをとても気にする。
「幡野さんみたいな文章を書きたい」 @hatanohiroshi
空手で優勝したり何かしら結果を出した途端にそれまで無視だったくせに寄ってくる人っていっぱいいたな。それに似てる。ボスがそういう人じゃなくて私は恵まれてたな。

@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
目の前で実際に目を見て対話しないと伝わらないような感覚に近い、率直なウラオモテの無い、浸透力の高い要素をもつ文章だなといつも思う。

@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
たしかに、学生時代はインプットないのにアウトプットさせられたなぁと。
高校の最初の音楽の授業にて、校歌独唱(なお、出席番号1番)
ウソをつかない文章、というフレーズにぐっときました。
本筋から外れるけど、学校教育の「インプットがないのに、アウトプットができるわけない」はすごく共感する。

@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
▶️「幡野さんみたいな文章を書きたい」|@hatanohiroshi

「病人になろうが、注目株になろうが態度を変えない人の存在にぼくは救われてきました。だからぼくも病人になろうが注目株になろうが、態度を変えないように心がけています」
糸井さんがプッシュする方たちって、アウトプットする内容はそれぞれ異なれど、この”注目株”になった時のスタンスがみなさん本当によく似ているなあと思う。:「幡野さんみたいな文章を書きたい」 | | 幡野広志 | cakes(ケイクス)
私も作文、感想文苦手だったなぁ。いかに1マスでも多く埋めるかに全力を注ぎ、モーツァルトの伝記で感想文を書くと、本名の紹介だけで約2行が埋まる事を発見したのが作文授業における我が記憶のハイライト

幡野広志 @hatanohiroshi
幡野さんの文章を読みだしてから、自分に正直ってどういうことか考えだして言葉を選ぶようになって、考える内容も少しずつ自分に嘘をつかなくなってきた気がする

@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
”病人になろうが、注目株になろうが態度を変えない人の存在にぼくは救われてきました。だからぼくも病人になろうが注目株になろうが、態度を変えないように心がけています。”
はい、心がけています。
「ウソをつかない」
年に1回会うか会わないかの友達に「学生の時から全然成長出来ない」って言ったら「変わらないことも大事」って言われたこと思い出す。
大学生は「文章」の壁に直面します。「評価」の問題も同様です。ぜひ参考にしてみてください。
@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。

「ウソをついた文章ってすぐにわかるんですよ」

とてもよくわかる。
子どもの頃から「それってウソだよね」と言っては「本音じゃないからといってウソってわけじゃないよ」と500回たしなめられてきたので仲間を見つけた気持ち☺️

@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
「あなたもウソをつかない文章を書いてみてください、そんなに難しい話ではないです。 暑い日に暑いとおもうことや、美味しいラーメンを食べて美味しいとおもうこととそんなに変わりません」
嘘つかない人生って、シンプルだけど、難しい。わたし、がんばる。

@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
文章の秘訣が「本音で書く」というのは超同感。そしてその上で、魅力的な文章を書く、ということは魅力的な人になる、魅力的に生きるということになるんだよなあ。| @hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
なるほど!自分がお話を伺いたいと思う人は、この人はうその言葉を言わないと信じられる人です。

"本音で書くというのがぼくは大切なことだとおもいます。自分が日々感じていることや、自分がたどり着いた答えを、ウソをつかないで書くということをぼくは心がけています。"
文章力=
「素敵な表現」のインプット
×
「これだけはちゃんと伝えたい」というアウトプット

@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
「文章」って、上手い下手というより調理法だから、その人の生き方という食材がよくないと読みたいものにはならないよね。素材がよければ刺身でいいんだもん。
「中学校のころのぼくと、いまのぼくの国語能力はほぼ変わりません。」
中学生でもわかる文章を書く人が本当に文章のうまい人だ、と教わったことがあります。

@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
ぼくは自分の文章に自信がありません。そのことについてかきました。

「幡野さんみたいな文章を書きたい」|幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。|cakes
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR