TOP > ネタ・話題 > ガン患者に何と声をかければいいか?|幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。|幡野広志|cakes(ケイクス)

ガン患者に何と声をかければいいか?|幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。|幡野広志|cakes(ケイクス)

79コメント 2019-02-18 11:24  cakes

今回の相談者は、父親がガンにかかった男性。病気になった人にかける言葉は簡単ではありません。幡野広志さんが自身の体験から考えます。

ツイッターのコメント(79)

体の健康だけでなく、心の健康を壊すのがガンという病気です。
まあ私ガンになる前から壊れてたけど
今回の相談者は、父親がガンにかかった男性。病気になった人にかける言葉は簡単ではありません。幡野広志さんが自身の体験から考えます。
父が胃癌になって胃切してから言い続けてきたのは「無理すんなよ」だった。自分のキャパシティ以上の事をしようとすれば必ず後でとばっちりが来るからね。
@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
父には頑張れとは言わなかった。生き続けたいなら運動をして野菜を食べろと言った。ひどい娘かもしれん。
病棟で働いていると、よく「さてなんと声をかけたらいいのか」と悩むことがあるけれど

きっと無理に言葉をしぼり出すよりも、聴くことの方がずっと大事だ。

私にできるアドバイスなんて、ご飯をよく食べてよく寝たほうがいいとか、そんな当たり前のこと位で
@hatanohiroshi
「正義感や善意がたっぷりの、たまたま血が繋がっていただけの、年齢が親世代の親戚の方が遠慮もないから本当に面倒なの。」

血縁以外や同世代にもいるけど、ほんとこういうタイプこの世から消えてほしい
なんかわかる、軽い〝頑張ってねー〟と重い〝頑張って〟と違う、というか親戚ののし掛かるような〝頑張れ〟ってキツイよねぇ。

@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
「ガン患者に何と声をかければいいか?」
幸いなことに(?)私はうつ病経験者なので、病気の人に「頑張れ」と言ってはいけないことを知っている。だから、闘病中の父にも言わなかった。ごく普通の話をたくさんしたよ。
お休みにはそばにいて、話を聴いて、リオやビターの話をして、出来ることに応える時間。何が正解か、違うのか分からないけれど、きっと十人十色。
病院ではマニュアルがあってガン告知する患者の悲しみに同調し不安にさせないよう告知するときは限りなくサラッと普通に伝えると後から聞きましたが。
「検査の結果ガンでしたねー」ってびっくりするくらい普通に言われたときのあの衝撃はガン患者にしかわからないですよね💦
すぐに答えを求める世の中。
よく考えれば、
答えは自分の中に、
自分のすぐそばにある。

考えることは
やめないようにしたい。
ケイクス連載
最新分は今だけ無料
「ガン患者に何と声をかければいいか?」
筆者の親戚の無知故の最悪の発言が出てくる
それだけでも世間に知ってほしい
 
無知は最悪だし無知のままでいることも最悪だ
@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
わかるわー、もしワイが癌になったらウチの親とか親戚とか絶対「頑張れ」って言いそうやもん
俺の友達は仲良いから一応癌になったこと報告したら「死ぬん?」と「ガーン」をどっちにするか迷って「死ぬん?」って言ってきました。
誰とは言わないけど。村雲。
@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。

***
「腹話術師」ということばが胸に突き刺さります。自分もやっていると思うからです。動物の気持ちを代弁するようなことばは言ってはいけない、と気を引き締める。
特別な言葉かけなきゃ、励まさなきゃ、なんて思う必要ないんだけどなー。

病人になる前と同じテンションで同じ言葉かけてもらえた方が何倍も救われる。

健康な人からがん患者にクラスチェンジしただけで同じ人だよww

また来るね(*´꒳​`*)
これだけで充分.+*:゚+。.☆
闘病中辛かった事は身内から言われた「そんなに癌の事調べたら気分が落ち込むだけだからやめろ」です。これも良かれと思っての言葉なのはわかりますが告知された本人にすればこの先自分がどうなるのか不安でたまらないので調べずにはいられないのです。
「お父さまがどんな料理が好きだったか考えるしかありません。健康なときのお父さまがどんな人間だったか、あなたしか知らない姿があるはずです」→ @hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
私自身、昔に比べると「頑張って」という言葉をあまり使わなくなった(使えなくなった)気がしているんだけど、その理由はこれかもしれないなと思った。

たくさんの人に届いて欲しい。
大好きな人が癌だった。入院中「調子どう?」と、毎朝聞いていたら「その質問嫌い」と、静かに怒られた。私は、「今日も元気だよ!」という返事を期待して言葉を投げかけていた。優しいふりをして自分の不安を解消したかった。寄り添うって難しい。だからとことん悩みたい。
何も言う必要は無い。でも、言いたい気持ちもわかる。
何か言って元気付けたいなら、「何か言って元気付けたい」とそのまま言えばいい。
その方がずっと伝わると思う。

@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
ガン患者に限らず、何かしらの問題を抱える方に対して必要なのは、傾聴とありのままを受容することなのだろう。

身勝手な励ましはこちら側の問題だ。
きっと、うちもガン家系。すでに近親で3人。考えたくなくても考えてしまう。
泣いた
@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
祖父が癌で余命1年と宣告され、本当に1年、私の気持ちを整理する時間をくれた。
もう病室からでたらいつ旅立つか分からない祖父に「家に帰ろう」と言ったことが、人生で1番大きな嘘。
「頑張れ」って言葉を気軽に使う人は、本当に頑張ったことがない。頑張る難しさを知らない。特に、絶望的な状況に立たされたことがないから他人ごとなんだよ。
@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
「ガン→老い」と変換。「がんばって」と言っても出来ない老母に「しっかりしてよ!」と苛立ってたけど、現状を受け入れて、前向きに諦めたら親子共々楽になった(つい小言グズグズ出ちゃうけどw)
幡野さんの持つメッセージ力はすごい

読まれた方々に、がんに罹ったひとたちや。その周囲の方々への向き合い方をこんなにも考えさせてしまうのだから

池江さんにも沢山の「頑張れ」が送られていた。池江さんもそれに応えていた

患者さんに気を遣わせてはいけないですよ
在宅で訪問していた方、奥様が「お酒の好きな人だから」と意識のないご主人の唇をお酒で浸していました。良い悪いではなく寄り添う生き方に心が温かくなりました。
@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
あたしも患者になって初めて「頑張れ」が辛いって知った。特に健康な人に言われる「頑張れ」とか「大丈夫が。」
癌と宣告されて不安で破裂しそうな父に、家族の誰も「頑張れ」なんて言えなかったし言わなかった。やる気元気いわき!タイプの母でさえ。
奥さんをお見舞いの方が帰り際に、頑張ってって声を掛けて、笑顔で答えて。見送った後に、これ以上どう頑張れば…って泣いたのを見て慎重に使うようになった…
わたしだけでなく、大きくなったら子供にも読んでほしい
@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
父は癌で亡くなった。父は何度も危機的状況から立ち直り地元新聞に担当医の記事が掲載された。でも最後にもう頑張らなくていいか?と言われた時、ゴメンと家族と泣いた

@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
自分は(なら)「頑張って」でも良いと思う。言葉は本人の受け取り方次第だと思うので。少なくとも自分は悪意には受け取らない。押し付けてくるなら受け流す。
相手に合わせて(寄り添って)言葉を掛けるのが大切だと思っています。
全体としての警鐘だと捉えていますが。
病気や苦境の中にいる人に「頑張れ」と言う言葉は避けてる。癌で亡くなった父にも言わなかった言葉の一つ。昔鬱病の人と付き合っててこの言葉に隠れた凶器を学んだから

@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
取っ掛かりはガンの話なんですが、結局ステキな人間関係って、全て相手に対しての傾聴が必要なんだよな、と思いました。

@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
ぜひサラッと…

@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
ガン患者さんに安易に声をかけるのはリスクの高いことです。声をかけるのではなく、ガン患者さんの声に耳を傾けることが正解なんです。なぜなら患者さんは話を聞いてほしいからです。
@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
言葉じゃなく、手を握るとかハグとか。
最近ずっとこのことばかり考えてる。
五年前に父が亡くなったときのことを思い出した。自分は父のために何かできていたのかなぁ。
"ガン患者さんに安易に声をかけるのはリスクの高いことです。"

@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
この質問者様が自分で考えて、考えてかけた言葉なら、それがなんであれ、お父さんに受け止めてもらえる気がするな。

世間や人を騙って発した言葉は、空虚で無機質だ。
@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。

難しいよなぁ…駆けずり回ったりしたわ…
「自分のしたいこと」ではなく「相手がしてほしいこと」の目線が大事なんだな。何にしても。

@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
【ガン患者に何と声をかければいいか? 】   親戚のエピソードがエグい・・・。やっぱり、血統が近いと勝手に心的近さも感じてしまうのだろうね。
幡野広志 @hatanohiroshi >ガンと告知されると、多くの方がうつ状態に陥ります。そのままうつ病になる方や、適応障害になってしまう方もいます。自殺をするリスクも健康な方よりも24倍も高いのです。体の健康だけでなく、心の健康を壊すのがガンという病気です。
気が詰まる一言よりも、気が楽になる対話を。そうだよな。
@hatanohiroshi |幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。
もっと見る (残り約29件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR