TOP > ネタ・話題・トピック > cakes > 第249回 「考...

第249回 「考える」ことの意味(前編)|数学ガールの秘密ノート|結城浩|cakes(ケイクス)

27コメント 登録日時:2019-01-11 07:47 | cakesキャッシュ

ユーリの同級生、中学生の「ノナちゃん」は数学が苦手。あなただったら何を話すかな。……結城浩さん描く「数学ガールの秘密ノート」シリーズ、大人気連載です!...

Twitterのコメント(27)

@hyuki |数学ガールの秘密ノート

遂に本格的に「メタ認知」をやり出しましたね・・・.《生徒役のノナちゃん》と《先生役のノナちゃん》でメタ認知を導入するのは個別指導では効果的かも知れないですね.
@u_1754 連載は最新話が1週間無料で読めますので、話の途中ではありますが試しに読んでみてはいかがでしょうか?
一応1話ずつでポイントとなる部分が変わっていくので、そこだけでも価値がある内容かなと思います。
@hyuki |数学ガールの秘密ノート
「なんて言えば答えになるか」自分もはっきりとはわからなかった。でも、「僕」の「ほんとうに納得するところまで言えたら答えになる」という言葉に納得!
生徒がどう理解しているのか分からない、これは先生の多くが毎日そして一生悩みつづけてることだよなー。教える側に回ってもそのことを意識していない人もいるけど。
@hyuki |数学ガールの秘密ノート

教育関係者は読むべし数学ガールの秘密ノート!
《先生役》と《生徒役》を分けたのが素晴らしいですね。そういえばこれまでも「先生トーク」「帽子をかぶる」といった《役割変更》があって、わかりやすかったのを思い出しました。

@hyuki |数学ガールの秘密ノート
@hyuki |数学ガールの秘密ノート

《沈黙の尊重》
。o(これ……大事……安心できる……安心できると考える事が出来る……恐くないの……大事……)
@hyuki |数学ガールの秘密ノート

>僕が早口になるのは、…

で列挙されてるけど、多分それだけじゃなくて
思いついたことを忘れないうち伝えたいって気持ちを我慢しきれなかったとき
ってのもあるぞ。
「先生が言うから正しいんじゃない。理由があるから正しいんだよね。」
この言葉すごくいいと思った。
@hyuki |数学ガールの秘密ノート

勉強≠学び
勉強の暗記と理解することの違いが分かりやすい。

理解するための内省=考える
Read: hyuki |数学ガールの秘密ノート
“僕が早口になるのは、説明が佳境に入ったときとは限らない。
僕が早口になるのは、聞いている相手のことを忘れたときなんだ。” 耳が痛い………
@hyuki |数学ガールの秘密ノート

何か泣けてきた。なんでだろう?
ノナちゃんも僕もよく頑張ったなあ。。。

ユーリの存在も大きいな。
ノナちゃんが、自分の考えについて考える。

クイズ2は説明を求める問題だけど、説明できることは理解することの条件の一つではないかと思います。

@hyuki |数学ガールの秘密ノート
丸暗記するのと理解して覚えてるのの違い。わかるよ〜な気がする。ノナちゃんみたいな子を数名教えた経験があると、色んなことを思い出してしまうなぁ〜。

@hyuki |数学ガールの秘密ノート
@hyuki |数学ガールの秘密ノート

誰がなんと言おうとも、正しいものが正しい。 話す人がどれだけ偉いか、どれだけ年が上か、どれだけパパッと答えるか、どれだけ大声を出すか、 そんなことは、正しさとは無関係

ここだいじ
その1を左辺に移行すると面白いことが起きるよ?
ほら、点が左にずれて、しかもこの図形は等しくなる!
と言ったら、混乱するんだろうな。

@hyuki |数学ガールの秘密ノート
こんな風に説明できる人になりたい。ステキな対話です。
聞き手のことを忘れると早口になる。本当にそうだよなぁ。

@hyuki |数学ガールの秘密ノート
《僕が早口になるのは、聞いている相手のことを忘れたときなんだ。自分がたくさん準備した説明を、とにかく早くぶちまけようとするとき。》

身に覚えがありすぎる。

@hyuki |数学ガールの秘密ノート
@hyuki |数学ガールの秘密ノート
「年齢も性別も国籍も無関係。 誰がなんと言おうとも、正しいものが正しい。 それは、数学のおもしろさの一つなんだよ。」
数学の正しさには心を救われる
@hyuki |数学ガールの秘密ノート

「先生が言うから正しいんじゃない。理由があるから正しいんだ」
ここで超算数を連想した(皮肉を込めて)
「生徒役のノナちゃん」と「先生役のノナちゃん」。これは「自問自答」という概念を優しく表現したものであろう。

@hyuki |数学ガールの秘密ノート
@hyuki |数学ガールの秘密ノート
理解しているかの判断は、自分で新たな問題を作り出せるか?そして納得のいく答を用意できるか?ということでもできそう
幾つかの例示すら覚えてしまっていても、そこから生み出せるかどうか
@hyuki |数学ガールの秘密ノート
自分の中に生徒役と先生役を作って、分からない自分をメタ認知するって相当高度なことやってる…
にしてもミルカさんvsノナ(vsではない)は見てみたい。出てこないのかな
@hyuki |数学ガールの秘密ノート

前回までは何となくもどかしさを感じていましたが、今回に一気に視界が開けた気がします。私も先生役で読んでいるつもりでしたが、どこかで生徒役の気持ちで読んでいた気がします。
僕「うん、合ってる。それは正しい。でも、先生が言うから正しいんじゃない。理由があるから正しいんだよね。覚えているから納得するんじゃなくて、理由がわかるから納得する」

@hyuki |数学ガールの秘密ノート
先生役と生徒役を自分の内に作る。大切なメタ認知ですね。

@hyuki |数学ガールの秘密ノート
以上

記事本文: 第249回 「考える」ことの意味(前編)|数学ガールの秘密ノート|結城浩|cakes(ケイクス)

関連記事