TOP > その他のニュース > 遺体を堆肥にできる世界初の「人間コンポスト」施設が2021年に始動へ | BUZZAP!(バザップ!)

遺体を堆肥にできる世界初の「人間コンポスト」施設が2021年に始動へ | BUZZAP!(バザップ!)

20コメント 2019-12-16 16:26 | BUZZAP!キャッシュ

火葬や土葬よりも環境に優しい埋葬法が遂に実現することになりました。詳細は以下から。 生あるものは必ず死ぬ。人として生まれてきた以上、いつしか誰もが死んでゆきます。ではそんな時、残された遺体をどのように埋葬するのか。近年は散骨や自然葬といった考え方も知られるようになってきましたが、よりエコフレンドリーな埋葬法に注目が集まっています。...

ツイッターのコメント(20)

あるじゃん!
よかった

そこらにまいてくれ〜
このサービス日本でも是非。
堆肥を撒く場所がまた問題になるのかな。
姪っ子に「海に散骨でよろしく」と伝えてあるんだけど、堆肥化に変更かもね。
わたしも冷たい骨壺じゃなくてあたたかい土に還りたい。
人面木とか生えてきそうだな
エコフレンドリーって言うんだそういうの。
あと10年もすれば誰かの死体の上に咲く桜でお花見出来んのかよ最高だな!
字面がかなりすごいが、ありだな。と思いながら読んでたんだが、コメント欄を見た感じだと、人類には早すぎたようだ。
人はそこまで合理的になれない。あと、高い。
大賛成。日本での施工が楽しみすぎます。
ばあちゃん墓探しで悩んどるしこれ勧めるか
|

これで墓地不足も解決だ!!!
<ワシントン州/遺体を堆肥にできる世界初の「人間コンポスト」施設 2021年始動>
1ヶ月程度で骨や歯も含めて遺体の全てを堆肥に。最終的に750リットルほどに。お値段は5500ドル(約60万円)となっており、一般的な自然葬や伝統的な葬儀よりは安く済むケースが多いとのこと。
合理的だけど倫理的にはちょっとイヤや
日本の風習には合わないかもな それでも60万もかかるのはおかしいよな 遺体の処理(埋葬)にかかる費用を数万円に抑えられないのかね?
人間が死んだらゴミ箱に捨てられる時代か。
土葬、火葬、風葬、散骨、色々とありますが、まさかこういうのがあるとは思いもよりませんでした。
「いいかも」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR