TOP > 政治・経済 > 自衛隊が「後方支援」で拘束されてもジュネーブ条約の「捕虜」としての保護は受けられない、岸田外相が明言 | BUZZAP!(バザップ!)

自衛隊が「後方支援」で拘束されてもジュネーブ条約の「捕虜」としての保護は受けられない、岸田外相が明言 | BUZZAP!(バザップ!)

35コメント 2015-07-02 12:00 | BUZZAP!キャッシュ

「戦争法案」に関し、自衛隊が海外で「後方支援」を行っている際に捕虜になったとしても、捕虜の人道的待遇を義務付けたジュネーブ条約が適用されないことが明らかになりました。詳細は以下から。 問題の答弁が行われたのは7月1日の衆院平和安全法政特別委員会。民主党の辻元清美議員から岸田外務大臣への質問で「自衛隊が拘束されたらジュネーブ条約の『捕虜』として扱...

ツイッターのコメント(35)

@cpl_Task ふむ。俺が勉強不足かも知れませんが、この記事の解釈に関してはどう思われますか?
@hiyorin0448 安倍内閣および外務省の見解では、日本は紛争当事国になれないので自衛隊はジュネーヴ条約の保護下に置かれないというものなのですが。
朋美たんの「憲法9条があるから、戦闘ではなく武力衝突」の方が害がない。
人権マンセーの方は自衛隊員を守ってあげて下さい!
こんな自衛隊を憲法に明記して、何がよろしいの?ww
岸田外相「自衛隊員は紛争当事国の軍隊の構成員ではないのでジュネーブ条約上の『捕虜』となることはありません」 自衛隊が、海外での活動の中で、拘束された際に捕虜として人道的に扱われない、任務中の過失で(個人で)
「犯罪者」の烙印を押される。
ちなみに小林節いうところの「キリスト教の二軍」である自衛隊は、ジュネーヴ条約の適用外であると政府は答弁した。

要するに日本国政府は、自衛隊を武装した「賊」として送り込もうとしているわけだ。何のために?誰かの懐を暖めるためだろうな。
英霊の方々は安心して安らかにお眠り下さい、「生きて虜囚の辱を受けず」の精神は自衛隊に引き継がれておりますので
週末、国際人道法専門の友人から夜通し聞いた内容とほぼ同じだ。>
こんな状態のまま法案採決を強行した安倍自公“鬼畜”政権!-- @BUZZAP_JP
こんなクソ憲法、早く改正しろよですね、わかりますよ←
「日本の国防に命を掛ける自衛隊が任務中の過失で「犯罪者」の烙印を押される、そうした可能性が放置されたままで果たしてよいのでしょうか?」
今のままだとこんな中途半端な立場で送り出されるんだけど、そこはどう考えているんだろうか?
(バザップ! 2015/07/02)

これも同じ。間違った批判をすると「では自衛隊を正規軍化しましょう」と云う話になってしまう。
これもう一回貼っといたんねん。
自衛隊のリスク高すぎんじゃボケ。
おまいら息するように嘘吐きよって、ほんまに頭腐っとんのか。
なにが抑止力じゃ。国民の命真面目に守ろうともしてないのに、矛盾だらけやろが。
なんの為に政治家やっとん。
@BUZZAP_JPさん
から

軍隊じゃない 非常に危険ですね・・
ゲリラ・スパイ扱いになります
自衛隊「後方支援」はジュネーブ条約の保護対象外、岸田外相が明言
「後方支援」は武力行使ではないとした場合、自衛隊は捕虜の人道的待遇を義務付けたジュネーブ条約の適用対象外に。また自衛隊員が誤射等で「加害者」となった際は国際人道法違反に。
あとはまあ,自衛隊員が拘束された場合はジュネーブ条約適用外,隊員の誤射は個人の犯罪として裁かれるあたりは見合う見合わないとかそういうレベルじゃないので何とかならんのですか.
この辺も是非知っておくべきです。
法案賛成派もよく読んで欲しいです
安保法案が採決されると自衛隊員の皆さんが捕虜になった場合、残念ですがジュネーブ条約の範囲外なので、拷問うけて殺される可能性ありますから。
自衛隊員とご家族の皆様お悔やみ申し上げます。
法律のたてつけの悪さで苦しむのが現場の自衛官。専守防衛(個別的自衛権)の思想に立ち返ろう。【BUZZAP!】
憲法議論は枝葉の問題と言ってる連中の行き着く先だ。> -
捕虜扱いすらしてもらえない自衛隊。
リスクは高くなるだけだろう。

「自衛隊が「後方支援」で拘束されてもジュネーブ条約の「捕虜」としての保護は受けられない、岸田外相が明言」
これ、自衛隊が戦いやすくなる安保法制に賛成と国会周辺でデモってる無知なおばさんに誰か教えてあげて。→ |
<自衛隊は捕虜の人道的待遇を義務付けたジュネーブ条約が適用される「捕虜」にはならないとの認識>★気は確か?。後方・前方に何の意味ある?
◾️👮自衛隊が
◾️後方支援で
◾️拘束されても

🔴ジュネーブ条約の
🔴捕虜としての
🔴保護は受けられない
🔴岸田外相が明言‼️

💥 #自民感じ悪過ぎよね ‼️
自衛隊が「後方支援」で拘束されてもジュネーブ条約の「捕虜」としての保護は受けられない、岸田外相が明言;
伊勢崎氏「自衛隊の活動のような、軍事行動という個人の意志が極度に制限される国家の命令行動の中での過失が自衛隊員個人の犯罪として責任を負わなければならないことは重大な矛盾である」と厳しく指摘

BUZZAP!
自衛隊が海外での活動の中で任務中の過失で「犯罪者」の烙印を押される
自衛官が捕まったら捕虜じゃないなら、民間人としての扱いなら、また自己責任だとか言うのかね?
韓国資本のBuzzapさん、これはつまり戦闘員ではない民間人なので、捕虜ではなく、人質という事になるのではないのでしょうか?
| BUZZAP!

『後方支援』で自衛隊員が拘束されたら自己責任ですかね。
辻元氏「『捕虜』でなかったら民間人の人質と同じ扱いなのか」岸田外相否定せず。後藤さん湯川さんと同じということか・・。
以上
 

いま話題のニュース

PR