TOP > 政治・経済 > 政府が打ち出す「生涯現役社会」の破壊度:日経ビジネスオンライン

政府が打ち出す「生涯現役社会」の破壊度:日経ビジネスオンライン

4次安倍改造内閣が発足した。2012年末以降、アベノミクスは一定の効果を収め、就業者数も雇用者数も過去最高を更新している。果たして安倍首相はアベノミクスの次のステップとして何を行おうとしているのか。

ツイッターのコメント(12)

すばらしい。>
企業の側が変わらないと、進まないだろうな。 /
定年って概念なくせないのかな。引き際を自分で決めるか、企業に引導を渡されるまで勤めあげるかじゃダメなのかな。 /
最大の岩盤、「日本型雇用制度」にメスを入れられるか
仕事を好きになるか、資産構築をしない限り、辛い現実が待ち受けている。かといって、その仕事もずっとあるとは限らないし、資産構築もどうなるかわからないので、分散的にリスクヘッジするしかな...
やらされ感、報酬ありきで働くのでは無く、仕事を通じた社会との繋がり、やりがいからくる精神的な充実等、自発的・自律的に働きたくなる仕掛けが必要。
AIを始めとした投資・技術革新による生産性向上が最大の目標になるはず。現状の制度で雇用延長や流動性を上げるのは効果は薄いと思います /
定年とか年金とか正直要らない /
最大の岩盤、「日本型雇用制度」にメスを入れられるか
オレたち95年生まれってツイテないなーって思うんだよね。
事ある節目の年にテロ起きたり、いざ大学卒業して新卒で会社入って「これでオレは大丈夫!」なんて思ってたら
「大手に就職しても一...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR