TOP > 政治・経済 > 日経ビジネスオンライン > 対中制裁では解消...

対中制裁では解消しない、中国・知財強国の怖さ:日経ビジネスオンライン

10コメント 登録日時:2018-06-19 01:38 | 日経ビジネスオンラインキャッシュ

米国は中国に対して約500億ドルの制裁関税を7月6日から順次発動すると発表した。中国の米国企業に対する知的財産権の侵害がその理由だが、そこには米国の制裁だけでは決して解決しない根深さがある。...

Twitterのコメント(10)

備忘録として。 /  トランプ政権、約500億ドルの対中制裁関税を7月6日から順次発動
商標権でも中国は出願を補助金で支援して大量出願させ、日本企業で痛い目にあっているのは「今治タオル」など枚挙にいとまがない。これと類似のことが特許でも起こり得るのだ。
「外国企業が中国に進出する際、中国企業との合弁が求められ、中国政府によって中国企業への技術移転が強要される。また、中国企業が外国企業から技術のライセンスを受けた場合、その改良技術は中国企業のものとなってしまう」
中国国家知識産権局によると、2016年に受理した特許出願件数は133.9万件、対前年比21.5%増で6年連続世界一。
本気でかからないと遅い🐌💨💨>
中国が戦略的に、なかば国際条約に反してまで「知財強国」への道をひた走るのは、日本にとっても深刻なリスクである。決して中国を侮ってはならない。
中国国家知識産権局によると、2016年に受理した特許出願件数は133.9万件、対前年比21.5%増で6年連続世界一。
今の中国の知財問題の深刻さ。外国企業の技術を少し変えただけで中国企業は独自技術だと主張。細川昌彦さんのコラム。  中国企業が知財の保有量を増やしていることで、外国企業が競合の中国企業から特許侵害で訴えられるリスクが急激に高まっている。
トランプ政権、約500億ドルの対中制裁関税を7月6日から順次発動
読んだ。  - 日経ビジネスオンライン
以上

記事本文: 対中制裁では解消しない、中国・知財強国の怖さ:日経ビジネスオンライン

関連記事