TOP > 政治・経済 > ルノー有報、「報酬の決め方」だけで28ページ:日経ビジネスオンライン

ルノー有報、「報酬の決め方」だけで28ページ:日経ビジネスオンライン

11コメント 登録日時:2018-12-11 00:13 | business.nikkeibp.co.jpキャッシュ

カルロス・ゴーン氏が逮捕されてから半月あまりが経過した。様々な観点から論じられている事件だが、個人的に驚いたのがルノーの有価証券報告書。役員報酬の決定方針についてだけで実に28ページという分量が割かれていたからだ。...

Twitterのコメント(11)

何でもそうなんだか、堂々とやればいいじゃん
報酬高すぎたって理由がハッキリしてれば 文句は人ではなくそのルールに向くわけだし。組織は個人じゃないから1人がどーこー言うのは嫌だなぁと思うんだけど。
(それは「誤解」ではないのでは)誤解を恐れずに言うならば、もし自分が日産・ルノー両社の経営を担う立場にあり、報酬について何らかの「工夫」をこらしたいとする。そんなとき、やはり、日産を選ぶのではないか / “120700631”
心情的には日産とルノーなら日産を贔屓したいがこの件はルノーの方が優れていると思う。/
素直に「へー」と思った。/
28ページとはいわないが、日本も見習うべき。会社の業績が上がったなら高額報酬はアリ。>ルノー有報、「報酬の決め方」だけで28ページ:日経ビジネスオンライン
もし自分が日産・ルノー両社の経営を担う立場にあり、報酬について何らかの「工夫」をこらしたいとする。そんなとき、どちらの会社で「工夫」を試みるか。
ルノーいいねえ。日本の会社の報酬の決まり方はどうすればわかるのかな?
ゴーン氏1人だけで、実に23ページを割いたことになる。このあと、取締役の報酬についての2ページ、シニア・エクゼクティブ職などの報酬についての3ページ。これで全28ページである。
@ikedanob 報酬の決め方がお手盛りなのが問題。
中小企業のオーナー社長ならともかく、大企業の社長がアレではずっと少ない給料できっちり税金が捕捉される従業員はやってられないだろう。
正しいのか強欲なのか?
以上

記事本文: ルノー有報、「報酬の決め方」だけで28ページ:日経ビジネスオンライン