残業消えたら、たちまち貧困? ありえないニッポンの常識:日経ビジネス電子版

ツイッターのコメント(16)

残業代を支払うシステムがこうしてると思うよ。
美しい国ニッポン。
日本の賃金の低さの最大の要因は、
低賃金の非正規労働者が急増したことにある。

働けど食べていけない国・・日本の常識は異常☝(+_+)
残業代込みで家を買ってはいけない。ただ高度成長期はそれが当たり前だったから…残業という概念が生まれた理由をより深くわかり、とても良い記事だった。

残業代という概念は無くなった方が良い。
その通り/
日本の働き方に無駄が多いのは、そもそも基本給が低くて定時内に業務を終わらせても十分な給料が得られないので生活残業をする、というのが一つあります。

工場などの製造業では時間と比例して成果が作られますが、サービス業中心の現代の実態に合っていません。
こういうの読むと自分もいつどうなるのか分からないって事と、将来の子供たちのこと考えて怖くなるな。。世の中が変わっていかないとどうしょうもない。
彼らの口調は、あっけないほど淡々としていた。「どうにかしようと散々頑張ったけど、どうにもならないよ」と、人生に絶望したかのようだった。

要するに証拠金維持率が
低すぎハイレバ人生🥺
社会:メモ:「 ありえないニッポンの常識」

コメント祭り.
一部大企業以外は昔からこうじゃなかった?

「賃金も上がらなければ、最低賃金も先進国の中で最低レベル、おまけに残業代込みじゃないと、生活が維持できない……?? 一体日本は、どれだけ貧しい国なんだ。本当に貧しい国になってしまったのだと、つくづく悲しくなる」
ありえないニッポンの常識
“(労働者全体の)40%近くまで増えた非正規の賃金を時給ベースで見ると、正社員の平均時給が2500円であるのに対し、派遣社員は1660円、パートタイムは1050円にすぎない。”
世の不平等な仕組みに早くみんな気づいて欲しい。貧困に喘いでる人が悪いわけではない。
クソゲー社会を作った人間がいるということだ!
本題とは異なりますが、管理職になって残業代が出なくなり、結局手取りが減った(時給換算が低くなった)方も多いですね。
「 ありえないニッポンの常識」
日経ビジネス
日経ビジネス・オンラインで読まれた記事ランキング第1位!

 ありえないニッポンの常識
業界によって信じられないほど低い賃金水準になってる。そう言うところは残業しないと生きていけない。何かがおかしい。人より企業が大事なのか?インフレ起こすよりも賃上げが先じゃないのか?
以上
 
PR
PR