45歳で定年、40歳で賃金打ち止め! 一流経営者の発言大炎上:日経ビジネス電子版

サントリーホールディングス新浪剛史社長の「45歳定年制発言」が波紋、いや、大大大炎上している。9月9日、経済同友会の夏季セミナーにオンラインで「45歳定年制を敷いて会社に頼らない姿勢が必要だ」と述べた...

ツイッターのコメント(7)

延期してみたり、短縮してみたり、
金持ちやお偉いさんは、言いたい放題だな。相変わらずwww

45歳で定年、40歳で賃金打ち止め! 一流経営者の発言大炎上:日経ビジネス電子版
労働者の質は高いのに経営者はそれを生かしてる?

〈2013年…「OECD国際成人力調査(PIAAC」で…「読解力」「数的思考力」「ITを活用した問題解決能力」の3分野すべての平均得点で、日本はトップ。堂々の「1位」を獲得〉

45歳で定年、一流経営者の発言大炎上
就職氷河期を狙い打ちみたいな論調があるけど、入社時に契約書に定年が60歳と書いてあるので心配には及ばない
むしろ自己啓発もしないで社畜となる働き方は自分の人生も無駄にすることなので、入社時に45歳定年を敢えて選択し能力開発にチャレンジする方が余程良いと思う
趣旨は言葉として美しい。
しかし現実問題、それだけの能力を持った人が、どれだけいるか?
この手の問題、上位何割かの人だけを見ているとしか思えない。
ますます二極分化、下位層の増加を進め、我が国全体として経済力が低下するだろう。
45歳定年制、社会として真面目に考えた方がいい。退職金というものがあるがために会社に縛り付けられている場合もあり、まずは退職金は止めて給与を増額することから始めては如何。年金債務は退職率を勘案し、予定利率で割引いているので、そんなに増えないと思うが。
まぁ、怒るよね。

年齢で一律ぶった切るんじゃなくて、求める能力が45歳以上は変わっていくので多様な賃金・評価制度を作って若年層にもチャンスが広がるよう開放していくべきだってことが言いたいんだとは思うんだけどね。
日経ビジネス・オンラインで読まれた記事ランキング第2位!

45歳で定年、40歳で賃金打ち止め! 一流経営者の発言大炎上
以上
 
PR
PR