TOP > 政治・経済 > 「ショーケースの女性政治家」量産した安倍政権の不作為:日経ビジネス電子版

「ショーケースの女性政治家」量産した安倍政権の不作為:日経ビジネス電子版

アベノミクスの第三の矢「成長戦力」で最も重視されていたはずの「女性活躍」だが、大きく前進したとまでは言えない。その理由を深堀りする必要がある。

ツイッターのコメント(17)

「すべての女性」とはどの女性たちを指しているのか? こういった現実を「リーダー」に手を挙げた人たちはどう考えているのか、ビジョンを語るのもいいけど、なぜ、レビューしない?
パンケーキ報道するよりも、きちんと安倍政権の検証ヲマスゴミに求めたい。
男女比6:4になってから物を言って初めて正しく理解されるって、日本社会は無理すぎる
やってる感の演出もさることながら、選挙の度に野党対策の「争点潰し」として左翼系が主張しそうなことを先に言ってしまうという選挙戦略も大きかった。全ての行動が選挙に勝って政権維持することに集約してたよな。⇒
政治:会社:メモ:「「ショーケースの女性政治家」量産した安倍政権の不作為」
女性軽視の安倍晋三を始め自民党のオヤジ議員たちの上っ面だけの政策がよく解る。
日経ビジネス:
例の写真のプチ炎上、女性活躍だなんだと言い続けてきたのに総括が語られないことに対するイライラが背後にある、と。そんな気もしてきました。もろもろ共感できる部分が多い記事でした。/
「男女比が6:4の比率になって、やっと男だの女だのという分け隔てが消えて、個人の資質や能力が正当に評価されるのだ。」
私は「女」ですが(笑)、自分では女だの男だので制限をつけることなく生きてきました。
でも、相手から「制限」をつけられたことは山ほどある。いい意味でも、悪い意味でも。
なんでやねん? その壁がなくならない意味を考えてみて。なんで?
「確か、2013年の国連総会で、安倍首相自身が「Society in Which All Women Shine」という言葉を連発した記憶があるけど、はて、あれは夢だったのだろうか。」夢じゃありません。日本の首相が確かに国連総会で、世界に向けて寝言を言ったのです。
日経ビジネス・オンラインで読まれた記事ランキング第2位!
国は何年「検討」を続けるのかな?
関わる政党の中では公明党と国民民主党は女性議員男性議員を感じることなく活発ディスカッションする雰囲気

女性が組織の3割で初めて女性集団認知するの?日本男子諸君?

それまでは男と同じ扱い💢
妊婦なのに目の前で喫煙されたり、猥談平気で振られたり(経験者&被害者)
ショーケースの中に収まりきらない方も沢山知っていますが…

確かに。ジェンダー平等は、政治のよほどの決断による新しい制度やシステムがないと進まない。気合いや声がけだけでは絶対に進まないと思う。
日本の戦後はまだまだ先かと。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR