TOP > 政治・経済 > 希望退職で「やる気なし若手」を量産する素人トップの罪:日経ビジネス電子版

希望退職で「やる気なし若手」を量産する素人トップの罪:日経ビジネス電子版

高い給料もらってるのに働かない40代以上の社員を疎ましく思う気持ちがある一方で、もっと上の世代と若い世代が一緒になって仕事した方がいいと思うんです。でも、希望退職でデキる人ほど辞めちゃうし

ツイッターのコメント(75)

これはいい記事ですね
今の日本の状況が40年前のアメリカと似ている
当時アメリカは終身雇用だった
知っていた事も新しく知った事もある内容

経営者は絶対に読むべき内容だと思います
我々の会社と同じ。仕事しなくてもクビにできない組織ほど生産性を邪魔する。正社員でもクビにしないと日本の会社は世界に勝てないような気がします。
淡々と人数だけでやり切れば良い。中身を見ずに。集団は、必要な人がいなくなれば必ずそこを埋めるように慣性が働く。
実際には辞めてもらいたくない人ほど希望退職する→優秀な人ほど次が決まりやすいから、次に行けない人たちほど、会社に残る
リストラリストの有無は置いておいて、

『1025人の「業務に支障の出ない人」をリストラした。』ってことは、いらないけど雇ってやってたって意味だよね。

働く側も価値を発揮できないと捨てられる時代なんだなとしみじみ思う。
@JICS_PR
参考にならないでしょうか?
昔の経営者は会社そのもの従業員や組織を含めて考えてたが,今の経営者は会社の利益だけしか考えてない.安易なリストラで技術が韓国や中国に渡ってとって変わられ,新しいことしようと思っても人材難でトラブル多発で,無能ささらけ出しているのに安穏としている日本は異常
日経ビジネス: 氷河期勝ち組に氷河期再来感。
これですよね。良いリストラクチャリングができるか否かによる企業・団体の淘汰が今後の流れでしょうね。過度に心配するのも良くありませんが、良いタイミングが来るのを狙う局面に来ているのかも。萎縮するよりワクワクしたい。/希望退職で「やる気なし若手」を量産する...
法治国家及び民主主義国家である日本において、業界問わず、相変わらず、まっとうな純血育成を放棄し、非正規労働者や外国人労働者に依存するデメリット、コストカットという名のリストラを繰り返すデメリットを理解出来ん経営陣は所詮、3流やけどね。#要拡散
これほんと。
様々な業界で「プロがいなくなった」と言うところが1番重要。
「ふむ。「86人は業務継続に影響がある」って?これって要するに“リストラリスト”の存在を肯定したようなもの」
結局日本にはサラリーマンと金がすべてのヤツばかりで、本当に社会をよくしようと思っている経営者がどれくらいいるのかって話ですよね。たぶん、使われる側も意識を変えるしか無いのかも→
何だ、わかってんじゃん。
使えないやつをリストラしろよ。
経営がうまく行かないときじゃなくて、毎年毎年な。

というか、引き止めとかやめろと催促するのは、違法だろ?
若手育成しない会社多すぎ
思想や宗教を超えた和や助け合いが出来なければ日本は崩壊することを示しているようなモノだと思っている。
20年間リストラ縮小し続けてる経団連系某大企業とか、経営はどうなっているのかね。
この数年間でさまざまな業界で「プロがいなくなった」とたびたび感じるのも、長年汗をかいてきた熟練者を戦力外にし、彼らの技術移転がなされる機会が奪われ、若者が育たなくなったからに他ならない。

というひと段落に深く納得……
不景気だからリストラから、好景気だからリストラへ

希望退職に真っ先に手を挙げるのは、どこの会社でも稼げる優秀な人材

新卒採用枠も減らされて、若者にとっては先行き不安しかない

>
ファミリーマートの希望退職で、800人を募集したところ1111人が応募。
なのに「86人は業務継続に影響がある」として退職を認めず引き留めた。
 ↓
要するに“リストラリスト”の存在を肯定した様なものじゃないか。
 ↓
ん〜、正直言って病は深刻なんだよね。
フリーの一方でこういう記事がでてくることに感動すら覚える これもあるあるなんだよなあ 兼業の視点
解雇規制など日本は雇う側に厳しいのでローワーカー対策として40代以上の働かない社員への希望退職は積極的にやるべき
前提として日本型雇用の本質から離れられないためにこうなる。しかも誰に対して?か。読者層→企業の中間層を意識してると思われる。
これで一番失敗したのって
皆が大好き日産ゴーン
じゃなかったっけ

IT革命と言いつつ脳みそにクモの巣張ってるお偉いさんばっかりなんだから
結局は「人間」が大事
ってさすがに知ってると思うけどなぁ
“これを世の中では「経営」と呼ぶのだろうか……。”
色々おかしい。なぜatwillの米国と、期間の定め無き日本の雇用体系を同列に語っているのだろうか?
GEが下位10%を解雇または配転する人事制度を長らく運用していた事実がスッポリ抜けている。
一年生はひたすら学べ!(新人)
二年生はひたすら働け!(中堅)
三年生は新人に教えろ!(古参)

このルーチンが回らなくなってるからおかしな事になってる。
トップにも問題あるけど、会社への属し方を誤った人にも問題あるよね。
ええとこついてるわ、この方。◆
リストラ後、落ち着いた時期に若手や中堅社員が退職
リストラ時は引き継ぎなどでバタつくから
そして、どのような流れでリストラが行われるのか確認をして、社内が沈静化した後に退職
リーマンショック時、そんな感じ
日経ビジネス・オンラインで読まれた記事ランキング第1位!
40歳以上の希望退職多い…
生産的な人材になれなければ、定年は40歳みたいな感じなのかな。
経営と労働というトレードオフから抜け出し、様々ある問題を一気に解決させるHRイノベーションの起業。まさに今だね!
経営者の自分が言っても説得力ないけど、社会構造的な面みても経営者がどうこうできんよな。やる気あるやつは死ぬまでずっとやる気あるし、経営者がハンドルできる範疇超えてるよ。
無駄な改ページがないから読みやすくて良い。
希望退職に関する記事です📄

有能な人材が希望退職をして戦力にならない人がしがみつくように残ろうとするようです

確かに優秀な人は選択肢がたくさんあるから、退職する決断できますよね。
日本は、これからどうなっていくのか…
人材の育成や労働生産性の向上を国は掲げていますが、個人の労働力をあげるためにも、


・経営陣の意識改革。
・人材を大切にする。
・社員を変えようとする前に会社が変わる。


これ、必要だと思います!
タイトルがそこまでリンクしてないけど内容はおおむね同意する
希望退職でしばらくしのげればいいって言うのが経営者の本音だろうなぁ。少しすれば経営退いて悠々自適に暮らすなり新しい会社やるなりして問題は後継者に押しつければ逃げ切れるって考えは往々にしてありうる
努力して努力して自ら道を切り拓いたひとに"弱き勤め人の立場"を力説され続けてもなぁ……と思うも、自ら道を切り拓いたひとでないと連載の場など得られなかろうし |
優秀な人ほど逃げるし、みんな逃げる準備を始めるから業務に力は注がなくなるよな。
この国を支える若者達に希望を繋ぐ事が出来る企業経営者であってほしい🛐
一億総フリーランス時代がやってくる。優秀な人は会社を出て独立。仕事できない人は会社にしがみつき、奴隷のように働きつづける。
優秀な人が徒党を組んだらマジで勝てない。
そして企業同士しか取引しない経済圏とフリーランス経済圏に分かれていく…
珍しくマトモな分析だ。
一々腑に落ちる
もっと見る (残り約25件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR