TOP > 政治・経済 > 招待客1万人の口を封じることはムリ:日経ビジネス電子版

招待客1万人の口を封じることはムリ:日経ビジネス電子版

239コメント 登録日時:2019-11-15 06:30 | 日経ビジネス電子版キャッシュ

今回は、「桜を見る会」の話をするつもりでいる。このあまりにもベタで生煮えな話題を、あえていま騒動の渦中にあるタイミングでまな板に載せることにした理由は、私自身が「桜を見る会」まわりの問題を重視しているからというよりは、いまのうちに取り上げておかないと、来週の今頃にはすっかり風化しているだろうと考えたからだ...

ツイッターのコメント(239)

<われわれの国では、政治家が自分の支持者を饗応するに当たって税金を使うことが、さして問題視されていない>

同じ社会階層の人間がズルをすることは許さないが、特権階級の振る舞いには甘い。以前は逆だったような。気のせいか。
この文も泡と消える桜散るか?
@kantei

悪夢から覚めれば我が世の春来たり

安倍の世は私物化忖度嘘ばかり

証拠捨て証拠はあるかと開きおり

安倍の世だそこ退けそこ退け文句あるか
日経ビジネス・オンラインで読まれた記事ランキング第1位!
「桜を見る会」をエサに各界の著名人に渡りをつけて支持層の拡大を画策している官邸と、宴の会場で人脈形成と売名をたくらむ芸能人と、→
1「招待客1万人の口を封じることはムリ」・・「この世は「対費用効果」で回っている」「この世は「マネー」で回っている」としたら、戦争は「上記ふたつの条件下における「この世路線」」だ。現実路線と言われるが、ここで言う「現実」とは人間の意識で変わる幻影だ
記事メモ。。
なかなか面白かった
これ、分かりやすいし面白い文章です
おおむね同感。
自民でも民主でもやってたのだとして、それが適切な支出でないと気がついたのなら正していくべき。
過去に遡ってどうこうする必要まではないと思うけど。
小田嶋さんの予言は、突然の沢尻エリカの逮捕によって見事に現実化されつつある。あれだけ「桜を見る会」が溢れていたTVはいまや沢尻一色。桜なんてどこかに吹っ飛んでしまった。嗚呼情けなやこの国はもう終わりだ。>>
日本国民はみんなこれを読んだ方がいい。支持政党とか親アベとか反アベとか関係ないから。何となくわかった気がしていた問題の本質が書かれている。自分も含めて相当ヤバい。
~小田嶋 隆
桜は満開から3日後には早くも散り始める。この種の話題は、風化が早い。
そう判断したからこそ、官邸は中止の決断を急いだのだろう。
「彼らは、議事録を作っていないと言い張り、面会記録さえその日のうちに廃棄したと主張する。そうまでして自分たちの足跡を消そうとする人々を、どうやって信用することができるだろうか。」
頼むからいい加減学習してくれ、国民のみなさん
小田嶋氏の鋭い考察。長いけど必読。
ちょっと無駄口が多くて長いけど、まとめてありますよ。
「桜を見る会」招待客1万人の口を封じることはムリ

日経ビジネスのこのコラムは素晴らしい
ちょっと分かる。特に3ページ目。この件で「旧民主党もやってた」という意見も散見されるけど規模が違う。それより旧民主党の問題はあれだけ事業仕分けをやったのに桜を見る会をスルーしたことだと思う。誰もおかしいと思ってもなかった
菅官房長官、あるいは安倍首相が「桜を見る会」の中止を決断した理由は、問題の深刻さを理解したからというよりは、何百人何千人の生き証人をかかえているこの案件について、口封じや証拠隠滅が不可能である旨をいよいよ本格的に悟ったから
小田嶋隆  われわれの国では、政治家が自分の支持者を饗応するに当たって税金を使うことが、さして問題視されていない。それどころか、その種の力こそが「政治力」であると考える人たちが、この国を動かしているのかもしれない。
「桜が1週間で散るのは我ら日本人が飽きっぽいからだ」
桜は散り際が最も美しいけれど、
この桜は散っても尚、見苦しい。多分1週間も持たずに桜は散って、人々の記憶から消え去って行くだろう。日本人は元々飽きやすい性分だから仕方ない‥訳には行かない❗️
どうせ芸能ネタでバカ騒ぎだろうが、忘れて良い訳がない‼️
- 日経ビジネス
桜は満開から3日後には早くも散り始める。この種の話題は、風化が早い。
そう判断したからこそ、官邸は中止の決断を急いだのだろう。
「なあに、さっさとテントを畳んで撤収すれば、じきにいつまでも跡地で騒いでいる連中の方が間抜けに見えるようになる」という判断だ。
往生際が悪いな、アベシンゾウ...

招待客1万人の口を封じることはムリ!
「わたしたちは、どうやら、特権を帯びた人間がその特権をかさにえこひいきを発動することや、特定の政治家を支持する人間が見返りを求めることを「ごく自然な」「人として当然の」態度だと思っている」。
全くそのとおり。1週間で我々が忘れてしまいそうなとこも含めて。
@takeshi_tsuruno これもつけておきますか。
アカヒガー! ←いえ、日経ですってば(^^;)ww
国民と日本の行く末を試す試金石かもね。
特権者が権威を独占私物化することを容認する文化。

おかしいと言うとお前がおかしいという扱いを受ける。

権力というものは学生運動時代の反省を経て周到に無関心化されてきたのだろう。
最後まできっちり読まされる文章。
について小田嶋 隆さん。

僕もこの問題の本質には気づいてなかった。たぶん共産党しか気づいてなかったんだろう。
でもこれ、本当に僕も含めた日本人の根深い問題を示している気がする。
まあ現状ハチャメチャな問題にはなってないし他に重要な話は沢山あるという向きもあるかもしれないが、重大なインシデントは得てして普段の態度の積み重ねで出てしまうというのはそれはそう
まさに現政権の体質を如実に物語っている所業であり、決して看過してはならない重大な問題です。
そうだねえ(´・ω・`)

>>「桜を見る会」をエサに各界の著名人に渡りをつけて支持層の拡大を画策している官邸と、宴の会場で人脈形成と売名をたくらむ芸能人と、
現政権の中枢には、たった半年前の記録さえ破棄したと言い張り、いま現在目の前で起こっている事実すら認めようとしない人たちが席を占めている。彼らは、議事録を作っていないと言い張り、(続く)
沢尻エリカよりこちら。
さて来週我々は「桜を見る会」の話を忘れてしまっているんでしょうか。 /
「自分たちがバレて困ることをしているという自覚すら欠いていたからだ。」
小田嶋さんだけでないですよ…。「桜の花見?あっそう。」と思ってた春の自分…たかが花見だと思ってた自分…。そりゃあ当然、お仲間を税金でおもてなししてる可能性だってあったのに気付きもせず。
芸能人の話題の影に隠れてしまいませんように。
「われわれの国では、政治家が自分の支持者を饗応するに当たって税金を使うことが、さして問題視されていない。それどころか、その種の力こそが『政治力』であると考える人たちが、この国を動かしているのかもしれない。」

鋭い指摘。民主主義からは程遠い状況。
「自分たちがバレて困ることをしているという自覚すら欠いていた」>
小田嶋隆:わたしたちは、どうやら、特権を帯びた人間がその特権をかさにえこひいきを発動することや、特定の政治家を支持する人間が見返りを求めることを「ごく自然な」「人として当然の」態度だと思っている。
…ここから“脱却”せねば、です😓
「桜を見る会」をエサに各界の著名人に渡りをつけて支持層の拡大を画策している官邸と、会場で人脈形成と売名をたくらむ芸能人と、花見取材でVTRの尺を稼ぎつつ、近未来のスキャンダル発覚時に資料として蓄積しにかかっているワイドショーは、みんな「同じ穴のムジナ」
あのアホ追い出すには、これくらいのネタがお誂え向き。外国の人に説明すんの、恥ずかしいけど。。
"われわれの国がふつうの民主主義国として再出発する未来は果てしなく遠い"
民主政治国家と思ったことは一度も無い
多数決国家強行採決国家
であると思ってる
独裁国家でないだけマシか
さすが小田嶋隆氏
「してみると、このたびの『花見の会』をめぐる一連の経緯は、現政権の体質を露見させた意味で、結果として、大変に出来の良い試金石であった以上に、われら日本人に自分たちの国民性の弱点を思い知らせる絶好の教訓話であったのかもしれない。」
「メディアは3日で飽きるだろうし、野党が粘ったところで国民の関心はどうせ1週間ももたない。われわれは匙を投げるだろう。「やめるって言ってるんだからもういいじゃないか」と、そういう空気が漂って、それでじきに沙汰やみになる。」
風化させない為にもシェア👍
うーん。吉田内閣時代からの慣例が肥大化した結果なのか。それが「問題」として改善されるべき時代になってきたと。勉強が足りなくて認識ミスがあった気がした。反省。
さすがコラムニスト。感じてることをすべて代弁していただきました。
〈われわれの国では、政治家が自分の支持者を饗応するに当たって税金を使うことが、さして問題視されていない。それどころか、その種の力こそが「政治力」であると考える人たちが、この国を動かしている〉
読んでおく。
---
1ページ目読んだけどこんなに長い無駄話初めてみた(適当な感想)
「桜が1週間で散るのは、われら日本人が飽きっぽいからだ。それほど、この国で暮らす人々の思考は持久力を欠いている」
桜を見る会「招待客1万人の口を封じることはムリ」小田嶋隆(コラムニスト)
“つくづく感じ入るのは、報道などでしきりに言われている「行政の私物化」という論点もさることながら、なにより、われわれの政府が、「情報」「文書」「記録」「データ」を、アタマから軽視しにかかっている、その「事実」軽視の態度の有害さについてだ。”
常識が非常識だったことに気づかなきゃ、と。
Re:「桜を見る会」の中止を決断した理由は、問題の深刻さを理解したからというよりは、何百人何千人の生き証人をかかえているこの案件について、口封じや証拠隠滅が不可能である旨をいよいよ本格的に悟ったからなのだと思う。
「ふつうの日本国民は、(中略)『いけないこと』『アンフェアな行為』としてとらえる感受性を、天然自然の天性として備えていないのだ。」
とは書くがまあ、どんな人だって天然自然で語ればそうでは……?と。教育とか、さ。そういうのも、さ。
政治の私物化を当たり前だという認識と、そもそもそれにすら気付かないコト。

与党が野党がと言うことではなく、僕たち日本人は大きいものに巻かれたほうが安心な国民なのか。

小さな声を大事にしていきたい。
日本人は忘れる?彼等は大衆は馬鹿に見えるのだろう
《彼らはバレることを恐れていなかった。というのも、自分たちがバレて困ることをしているという自覚すら欠いていたからだ》
桜はすぐ散る、、だからこそ今、、 スガのスカな顔も スカスカしい
“彼らは、議事録を作っていないと言い張り、面会記録さえその日のうちに廃棄したと主張する。そうまでして自分たちの足跡を消そうとする人々を、どうやって信用することができるだろうか。”

歴史修正主義者が現在進行形で歴史を改竄していく。
これは税金で行われた有権者の買収だったが、うちらはその問題に気付かなかった。当の安倍首相にすらそれが犯罪だという意識がなかった。
彼らの驕りに慣らされてしまっているという話し。。。
まったくそのとおり。共産党が指摘するまで、なんかうさんくさいイベントやっとんなぁとしか思ってなかった。来年と言わず今後一切中止でよろしくおねがいします
日本社会に巣食う「コネも実力のうち」などの奴隷根性が、安倍政権のやりたい放題を招き、桜を見る会の犯罪性を見逃してきたってこと
1万人も銀座久兵衛の超おいしい寿司食べたのか
「ただ、これほどまでにあからさまに現政権の体質を明らかにしているこの案件が、本当に1週間程度の小ネタとして忘れ去られるのだとしたら、いよいよこの国の政治は、行くところまで行くしかないのだろうなとは思っている。」

ほんとそれ。
「われわれの政府が、「情報」「文書」「記録」「データ」を、アタマから軽視しにかかっている、その「事実」軽視の態度」
>報道などでしきりに言われている「行政の私物化」という論点もさることながら、なにより、われわれの政府が、「情報」「文書」「記録」「データ」を、アタマから軽視しにかかっている、その「事実」軽視の態度の有害さについてだ。
私が小田嶋隆さんのこの記事を紹介するのを躊躇したのは、最初にこう書いちゃうからだ。諦めを口にする局面じゃない。

「メディアは3日で飽きるだろうし、野党が粘ったところで国民の関心はどうせ1週間ももたない」
あれやこれ わんうぃーくで 鎮静化

となりませんように
長いけど是非読んだほうがいい話しだと思います‼️
この国の人の心が急速に荒んでいっているのはトップがこういうえこひいきしたり自分の事しか考えられない人ばかりだからだろうね
シンゾーです…悪事がバレたとです…
今回は、「桜を見る会」の話をするつもりでいる。
いまのうちに取り上げておかないと、来週の今頃にはすっかり風化しているだろうと考えたからだ。
なかなか上手くまとめている。>『招待客1万人の口を封じることはムリ』
「彼らは、議事録を作っていないと言い張り、面会記録さえその日のうちに廃棄したと主張する。そうまでして自分たちの足跡を消そうとする人々を、どうやって信用することができるだろうか」
良い記事だ。日本人の問題、安倍自民党公明党腐敗独裁政権の問題。暗澹とする気分になるが、指摘にはっとする。-----
権力者だからこそ定期的に交代しなきゃならないんじゃないかなと
われわれの国では、政治家が自分の支持者を饗応するに当たって税金を使うことが、さして問題視されていない。それどころか、その種の力こそが「政治力」であると考える人たちが、この国を動かしているのかもしれない。
どんどん拡散しよう!
罪があるなら裁かれろ、と思うばかり。
日本では、政治家が自分の支持者を饗応するのに当税金を使うことが問題視されていない
それどころか、それが「政治力」であると考える人たちが、この国を動かしているのかもしれない

とすると、この国がふつうの民主主義国として再出発する未来は果てしなく遠いのだろう
おかしい政権、世の中一週間でみんな忘れる?
不満だらけ、メディア、警察、正義はないのか?野党もっと頑張れよ~
「桜を見る会」に、たいして腹が立たない理由とでも怒るべき理由がきっちり言葉になっている。わたくしもまたぬるーいこの社会の一員であったということに気がつかされた。
今日読んで「なんとなく感じてはいたけど、やっぱりか」と現実を突きつけられた論考①
「やめるって言ってるんだからもういいじゃないか」

 と、そういう空気が漂って、それでじきに沙汰やみになる。

 だから、今のうちに騒いでおく。

 というよりも、騒いだ証拠を文字として残しておこうと考えている。

 、、
サクラチル
「われわれの国では、政治家が自分の支持者を饗応するに当たって税金を使うことがさして問題視されていない。それどころかその種の力こそが「政治力」であると考える人たちが、この国を動かしているのかもしれない」
@Myoritomo1192 皆さん、どんどんウマイ句を連発されてますね。
こちら、たまたまコラムの冒頭で見かけた句があまりにも秀逸だったので、お伝えいたします。
強い。メディアはこういう時に頑張って欲しいものだ。
@iwakamiyasumi【桜を見る会・招待客1万人の口を封じることはムリ】小田嶋隆氏:現政権の中枢を占めている彼らは「政府主催の宴会なんだから、その招待客を政府の重鎮でもある自分たちが選んでいけないという法があるのか?」と、おそろしくも無邪気に、そう考えていたよう…
もっと見る (残り約139件)

記事本文: 招待客1万人の口を封じることはムリ:日経ビジネス電子版