TOP > 政治・経済 > セコくなった大臣の首取り:日経ビジネス電子版

セコくなった大臣の首取り:日経ビジネス電子版

39コメント 登録日時:2019-11-08 05:55 | 日経ビジネス電子版キャッシュ

吉本興業と京都市が仕組んだと言われているステマのお話はその後どうなったのだろうと思っている読者はいないだろうか。11月に入ってからこっち、ふっつりと続報が途絶えている。本ステマ案件は、報道的には、すでに風化過程に組み込まれているわけだ。なので、蒸し返すことにする。...

Twitterのコメント(39)

同感。首相の花見問題をボコボコにしたみたいなことをツイットしている野党議員がいたが、そんなレベルでいるから引きずり降ろせないのだ。
「21世紀の不況下の報道メディア各社は、ニュースバリューの大きさや事件の重要性よりも、取材のやりやすさや、視聴率の高さを重視する方向にシフトしている」
続報をお待ちしています😌

≪「え?どうして じゃないって断言できるわけ?」
 「関係者って誰?」
 「見解をまとめたって、その見解をどこに配ったんだ?」

 と、誰もが疑問に思う点を に対してぶつけにいった記者がいたのかいなかったのか≫
文春がほじくり出してきたケアレスミスみたいな失策をネタにした後追いに血道を上げている記者たちが、その一方で、甘利明氏の金銭授受疑惑や下村博文氏の政治資金疑惑について、取材に行っている形跡さえ見えていないのは一体どういうわけなのか。
業者との癒着、関電疑惑の方が、有権者へのメロン、香典より重大だよなって話。
@f_obiwan 菅原経産相、河井法相ら、大臣の辞任理由がセコくなる一方で、深刻な腐敗は見逃されている。メディアは、甘利明氏の金銭授受疑惑や下村博文氏の政治資金疑惑について、取材すらしない。カネを受け取った政治家は、決して認めない。なぜなら、重大な犯罪を示唆しているからだ。
ほんとにそう思います。少なくともテレ東は頑張って。
4頁と5頁だけ、読めば良いよ
吉本興業に追加取材をかけることさえできない記者が、どうして森友事件の続報をまとめるべく財務省なり官邸なりに突っ込むことができるだろうか
さすが冴えてるな〜小田嶋さん!
「効率的かつ手軽な点数稼ぎ」の喩えがわかりやすかった。
加計学園も,わざと愛媛県職員が黒塗りを忘れてくれた文書が流出したんですけど。ハギューダの大臣就任祝いに。どうなってるの,そこんとこの追及。ダウンロードしたよね,みんな。
#加計学園
←「文春砲」の後追いで安易に記事を作る、という指摘は鋭い。さらに野党も与党も週刊誌ネタを頼りに討論する国会というのも本来異常。今の国民レベルの反映とも言える。
セコくなった大臣の首取りが「政治不信よりも、むしろ報道不信を招いている」とする小田嶋隆氏の見立てに強く同意しますね。
小田嶋さんのストレートな諫言!!
大手マスコミ諸君、意気を見せたらどうよ❗(#`皿´)
「蒸し返す」ことは重要。
というか、なぜ蒸し返さないのか。

交通違反のたとえが分かりやすくて。
これは全く同感やなあ
「報道された結果をこっち側から見ている当方のような立場の者からすると、
「あんたたちって、もしかして、追及しやすいネタだけ追いかけ回してないか?」と言いたくなる。」
ぜひマスコミ関係者に読んでほしい。できれば弁明も聞かせてほしい。
どうしちゃったのかな、と。公選法違反は「瑣末なこと」ではない。これをゆるがせにしていると民主主義が内側から腐っていくということだと思う。野党への皮肉もそう。彼らは関電疑惑も追及している。ただ難易度が高く、かつメディアが報道しないだけ。
黒塗りされた極秘文書、これをテキスト分析をかけて、全体の文脈からここにはどんなワードが入ると意味的に最も通るか?みたいなことできないかな。推論結果は正解である保証はないが、手法の予測精度がある程度高い場合、推論結果にもある程度の信ぴょう性が見出されるはず
『吉本興業に追加取材をかけることさえできない記者が、どうして森友事件の続報をまとめるべく財務省なり官邸なりに突っ込むことができるだろうか(いやできない)。』
もう本当にいい加減なんとかならないのか
何をしたらいいんだ
まともな意見だと思う。単なるガス抜きだけがあって「取りあえずこれくらいやっときゃ収まるだろ」感しかないもの。
あれほど明々白々たる証拠が転がっているように見えた甘利明氏の金銭授受疑惑や、本人が「いずれ説明する」と明言していながら、いまだに一言たりとも説明していない下村博文氏の政治資金疑惑について、取材に行っている形跡さえ見えていないのはいったいどういうわけなのか
「「いやできる」と力強く反論してくる記者が現れてくれるとうれしい。」
もともとは不正を追及するのが商売やったのに、もうそれが商売にならんくなってるんやん。これ一回商売の仕組みから解体せなどうにもならん気が。。→
小田嶋さん、相変わらず文章が絶品だなぁ。
「ちなみにこれは反語という語法で、不可能な疑問文を掲げておいてそれを自分で否定してみせる東アジアに特有ないじけたレトリックだ。」
「官房長官は、どういう理由で批判が当たらないとおっしゃるのでしょうか」という、この泥臭い質問や取材もマスコミの重要な仕事なのでは?
メディアと野党政治家のみなさまに是非読んでいただきたい>>>
カスかスガか忘れたけど質問を受け付けなくなった長官。あの舌鋒鋭い望月?さんもテレビ東京の記者さんではなかったですか。
より重大かつ深刻な資金疑惑である後者に関しては、わりとあっさりと尻尾を巻いて追及をあきらめてしまっている

- 小田嶋隆
マスコミのビジネスモデルがほぼ崩壊したから。それに尽きる。
とりあえず、このイラストおもろおす。笑
言葉が強めだけど、問題提起は尤もだと感じた。野党もマスメディアも不甲斐ないんだよなぁ。。。
<吉本興業に追加取材をかけることさえできない記者が、どうして森友事件の続報をまとめるべく財務省なり官邸なりに突っ込むことができるだろうか(いやできない)>
国民はメディア・権力者に馬鹿にされてるよ
◎ 吉本興業と京都市が仕組んだと言われているステマのお話はその後どうなったのだろう〜
吉本興業は政権寄りなので批判されない。とか。
以上

記事本文: セコくなった大臣の首取り:日経ビジネス電子版

関連記事