TOP > 政治・経済 > 「お父さん、怖いよ!」業界を震撼させた角川映画:日経ビジネス電子版

「お父さん、怖いよ!」業界を震撼させた角川映画:日経ビジネス電子版

映画業界じゃない、映像業界ですらない、いわゆる異業種から参入して映画を作るなんて、そんなことをやってるのは他になかった。だから当時は誰もうまくいくと思ってなかったんだよね。

ツイッターのコメント(10)

やっぱ薬師丸ひろ子と同い年ということもあってか「俺らの世代の映画だったんだよな」っていう思いはある。まあしかし、確かにハチャメチャだった。
野性の証明の話!って見たらほぼ武器の話だった( Ο▽Ο)
武器は斧の印象しかないな。パッカーン!(๑¯ㅁ¯๑)
押井「『天と地と』あれはもう角川映画の断末魔に近かったよね。完全に底が抜けてたから。『REX 恐竜物語』はその底抜けのおまけみたいなもんだね」
『天と地と』直後に小室哲哉が角川とグラデミーを立ち上げた…数奇な運命。
押井守の「映画で学ぶ現代史」「お父さん、怖いよ!」業界を震撼させた角川映画:日経ビジネス電子版
「お父さん、怖いよ!」業界を震撼させた角川映画(押井守/日経ビジネス) なんだろうこれは。「押井守の映画よもやま話」といった感じのインタビュー記事。晩酌のつまみに如何という
にしても、この頃から薬師丸ひろ子のファンだから、もうお40年以上。
薬師丸ひろ子が乗ってた頃のバラエティは全部買った。どこ行ったかな。
あ、新しいのきた
待ってました!
日経ビジネス・オンラインで読まれた記事ランキング第2位!
ああ、もう昔話になったねぇ。

以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR