TOP > 政治・経済 > 年明け早々、山手線のトイレを数えて「SDGs」について考えた:日経ビジネス電子版

年明け早々、山手線のトイレを数えて「SDGs」について考えた:日経ビジネス電子版

トイレに関しては悲しい体験をしたことがある筆者が、山手線の多機能トイレの設置状況を、足を使って調べてみた。結果を可視化してみると……。東京オリンピック・パラリンピックに向けた改装が進められているとはいえ、社会的弱者にとって厳しい現実がみえてきた。弱い立場にある人々に配慮できた環境を私たちは提供できているのか、「トイレ問題」を契機にあらためて考えてみる必要がありそうだ。...

ツイッターのコメント(22)

良記事。前職の最寄りが五反田駅だったから余計にw
トイレ問題はSDGs目標の6、多機能トイレしか使えない人にとって、多機能トイレがないということはトイレがないということになる。/年明け早々、山手線のトイレを数えて「SDGs」について考えた:日経ビジネス電子版
本当に身近なところから課題設定→仮説検証をしている姿勢を大尊敬。そしてめちゃくちゃ面白いです。

あと、SDGsは意外と多くの事柄が結びつくので、僕も常にあらゆることをそこにリンクさせる視点を持ちたいなと。
トイレ🚽問題

よく調べてあるなと思う。

多機能トイレにふくよかな女性も必要だからなんだろうけど
普通の個室ってドアが内側に開くから出られないんだ。着膨れしてると尚。戸が怪我させるっていうのも銀行方式で待つ限り起こりそうもない。そもそも女子足りないからね。
障がいがある無しに関係なく、誰もが我が事として考えて欲しい。
良記事、面白かった。
あかん、生協の注文せんと…

年明け早々、山手線のトイレを数えて「SDGs」について考えた:日経ビジネス電子版
日経ビジネス・オンラインで読まれた記事ランキング第2位!
すごい。問題意識もフィールドワークしにいく姿勢も頭が下がるし、読み物として面白い。
五反田ェ…

年明け早々、山手線のトイレを数えて「SDGs」について考えた:日経ビジネス電子版
山手線を巡ってトイレの数を数える...これは良いフィールドワーク!広告イベントよりこういうレポート拡散の方がSDGs啓発に役立ちそう。>
現場見て回るのが流石です。
おもしろい。
一個一個見て回ったの大変だろうけど、行ってみると気付くことってあるんだろうな。
データサイエンティストが自身の足を使い、また、自身の辛い経験も踏まえたうえでファクトに基づくトイレをめぐる傑作、必読。

帯みたいなコメントにしたけど読むよろし。
ほんと五反田駅には早急にトイレつけてくれ。。。
めちゃくちゃ面白い。

課題設定→データ分析→仮説検証→提案の仕事で必要とされる思考は、この記事を正座して読めば学べます。
“山手線では20年1月末までSDGsの理解促進とJR東日本グループの取り組み紹介のためにSDGsラッピングトレインが走っています。
あの費用を、五反田駅や新大久保駅における多機能トイレの設置に使えないものでしょうか。SDGsの告知は、多機能トイレを造るより重要なのでしょうか”
なんか面白い。メモ
全力で拡散。自分も高田馬場で悲しい思いをしました。。 →
目の付け所は悪くは無いけど、検索でも出来る記事だな。って書くだけ偉いよ。
-------
年明け早々、 のトイレを数えて「SDGs」について考えた - 日経BP(1/15 5:00) …析・検証する。結論として示される数字だけではなく、その数字がどのように算出されたかに目を向…
以上
 

いま話題のニュース

PR