「夫に養ってほしい」が7割、日本女性たちの不都合な真実:日経ビジネス電子版

ツイッターのコメント(71)

論点ズレズレ。そもそも大半の人間は労働に苦しみを感じているので、夫だろうが妻だろうが養ってほしいと思うのは当然。女性の社会進出促進のための環境整備は、苦しくても労働しなければならない人のために必要であるというだけ。それが専業主婦になりたい割合とは関係ない。
これは事実だね。

『現代の日本では男性も女性も大半が「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ」という古臭い考え方に反対している。しかし行動が伴っていない。』
女性の社会進出っていうけど,人々の意識も制度もそれができる状況ではない>
さて、「夫も仕事が終わったら帰って家事」を、大人である教員が学生さんに行動で見せられるでしょうか。
ほんまコレやねんなあ
これは卵が先か鶏が先かだけど、とりあえず国民年金の3号級と配偶者控除&特別控除がある限り変わらないと思う。

養ってほしい、じゃなくて家庭内で育児介護を完結させる為の制度なんだから。
「夫に養ってほしい」が7割、日本女性たちの不都合な真実
“日本の極端な性別役割分担は核家族化が進んだ高度成長期に確立した。妻が家事・育児を一手に引き受けることで、夫は家庭を顧みることなく、外で長時間働くことができた。”
不都合な真実にも向き合わなきゃ。/
これってどっから手を着けたらいいかわからんくらいグチャグチャだよね。

女性の養って欲しいってのと、男性の家事・育児に費やす時間ってのはバランス取れてる感じはするけどね。

「夫に養ってほしい」が7割、日本女性たちの不都合な真実
なぜ「養われると不都合」なのか。
家事や育児は金銭を授受しないためGDPに反映されないからです。女性の幸福には関心なく、貨幣経済に組み込まれないことを不幸だと決めつける連中です。
"夫に養ってもらいたいが7割"
ちょっと前に話題になったが、
未だにこの価値観が多数派な事に恐怖しかない
家庭に入る事で直面する最大の恐怖は
経済的支配だと思っている
養ってもらえる幻想に甘えれば
この結婚が間違いだと気づいた時、選択肢は残されてない。
多くの日本人女性は夫に養ってほしいと思っている…んじゃなくて、妊娠・出産を考えて社会の様子をみると、配偶者の経済力を重視せざるを得ないということなんじゃなかろうか。ちょっと違和感。
 
PR
PR