『ドラゴン桜』に学ぶ「頭が悪い人ほど質問しないのはなぜか?」:日経ビジネス電子版

偏差値35から東大合格、ドラマ日曜劇場「ドラゴン桜」を監修した東大生の西岡壱誠さんが、「頭がいい人とそれ以外の人」の違いを考えます。今回のテーマは「人間性」。頭がよくない人ほど、質問しない。それはなぜ...

ツイッターのコメント(21)

数学の先生に質問に行くと「えらいね。質問に来た時点でね、君はもうきっと答えは出せるよ」って言われて

当時は意味わかんなかったですけど

学校とか塾だけじゃなく、会社でも「質問できる人」ってのは有能ですもんね

学生の方是非意識してください

やドラゴン桜神
頭が悪い人ほど質問しないのではなく、頭が悪いから疑問に思わないし質問が思いつかないんだよ。俺がそうだもん。
>自分の弱点に向き合うのがつらいというのが大きいと思います、自分のダメなところを自分で認めて、しっかり向き合うというのは、なかなか大変なことで、素直で謙虚な心がないと、うまくいきません。

まじこれ。そして素直な子だといろんな事教えたくなっちゃうのよ。
分かったフリやめよ🤔
「頭が悪い人ほど質問しない」と言う割に「人間性が大事!」って話。

概ね同意だけど、そのまんまは伝えられないでしょうなぁ。
伝えた途端に人間性を疑われるだろうし。
難しいな…言葉選びって…
素直さ謙虚さは学ぶ上で必須。もし発達になんらかの障害がある場合尚更この態度の大切さをわかり身につけ学んでほしいのだけど、それが難しいわけ…
わからないことを質問したり、調べたりしないのには、いくつかの理由があって、…何より、自分の弱点に向き合うのがつらいというのが大きいと思います。
確かに質問する人ほど物知りなイメージはある。
行動あるのみ。
「頭がいい人」は、素直で謙虚でなければ結果が出せないことをわかっています(記事より)
 
PR
PR